Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かねます(居酒屋 / 勝どき)
仮店舗に移ってずいぶん経つが、今回、ようやく行く機会に恵まれた。相変わらずの賑わいで嬉しくなる。真新しい店内に違和感を感じたのもつかの間、1杯飲み終わる頃には懐かしいかねますの空気感にしっかり馴染んでいた。

牛にこみ
080331_2.jpg

味噌仕立てで煮込まれているから、もちろん和の味なのだが、なんというか、まるでシチューの様な味わい。牛肉は軟らかく、脂身にまで味が染みこんでいる。にんじんの美味しさにびっくり!これは別鍋で下ごしらえしているのではないかと思う。とろとろに柔らかく、隅々まで味が行き渡っている。

中おち
080331_3.jpg

店内が暗くて、なかなか良い写真が撮れない。実際の色合いが伝えられなくてとても残念。このマグロ、実にいい色をしていた。とても中おちとは思えない。まぐろらしい力強い香りを湛えていてとても美味しい。

竹の子万寿
080331_4.jpg

万寿はかねますの得意料理の一つで、季節ごとに様々な具材を駆使して私たちを愉しませてくれる。春は竹の子。添えられた桜の塩漬けが華やか。粗みじんの竹の子や海老、小柱、ウニ、銀杏、百合根を鶏の挽肉がふんわりと包み、たっぷりの出汁餡がかかる。これだけ贅を尽くした材料が、各々の持ち味を損なわず、ひとつの料理として纏まっていることに驚くことしきり。

莫久来
080331_5.jpg

高級珍味といえる莫久来。「ばくらい」と読む。ホヤとコノワタの塩辛だ。実はそれほどホヤは得意でない。むしろ敬遠気味。しかし、かねますの塩辛は鮮度の高さが感じられ嫌みがない。きゅうりと一緒に頂くとホヤ独特の香りが中和されて、食感も楽しい。

竹の子さしみ
080331_6.jpg

メニューの中では地味な一品なので他の皿に目移りしてしまいがちだが、そこはかねます、何か一工夫があるに違いない。そんな期待感を抱きつつ注文した。刺身というだけあって、竹の子には特に味付けはなされてない。しかし、さっくりと歯ごたえ良く煮えていて、えぐみはまったく感じられない。

これを海苔とわかめを使った自家製佃煮?につけて頂く。
080331_7.jpg

これが実にいい。初めて体験する食べ方だ。姫皮の部分は梅肉和えにして供される。これまたびっくりするほど旨い。かねますならではのオリジナリティに溢れた逸品。

かねます (居酒屋 / 勝どき)

東京都中央区勝どき1-8-3
TEL:03-3531-8611
16:00~20:00
日・祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
はじめまして
趣味のみで福島県一の焼酎屋を営んでいます。
宜しくお願いします。
お互い頑張りましょうヾ(=^▽^=)ノ
http://noutenki.ebb.jp/
2009/03/18(水) 00:20:05 | URL | のう天気 #7HdDMa.A [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/187-f1cb2149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。