Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Le Boulanger Dominique SAIBRON (パン / 赤坂)
パリ5区で「Le Boulanger de Monge」を手がけるドミニク・サブロン氏のブランジェリーが赤坂サカスに日本初上陸を果たした。本場パリでも行列が絶えないとの噂。

先日、通りかかった際は時間も遅かったので既に売り切れ終いとなっていた。パンフレットを見る限り、とてもパンの顔がいい。20日の祭日はあいにくの雨模様。これは案外狙い目か?と思い、勇んで出掛けてみた。

お昼前に到着するも、既にこれだけの人が並んでいる。ちっ。甘かったか。

080320_1.jpg

そういえばパンを買うために行列するのは初めてかも。いそいそと列に加わる。じっとしているとビルの隙間風になぶられてとても寒い。ときおり起こる突風で、イヤな感じに体が湿ってくる。後ろに並んでいたおばちゃん達の会話によるとこの日の最高気温は10度とのこと。より一層寒さが増した気になる。しばらくすると後ろのおばちゃん達は敢えなく脱落。同じ頃、前方に並んでいた女性が噴水に脱落!(突風にあおられて噴水に落ちた模様。寒いのに、お気の毒でした。)

そもそも店舗が極めて小さいため、せいぜい3組しか店内に入れない。流れは決して良くないことがわかった。結局30分ほど経って、ようやく店内に。

080320_2.jpg

1組の客に対して店員さんが付いてパンを用意してくれるシステム。だからトレイを持って動き回ることはない。

店構えが小さい割に、かなり多種のパンが並んでいる。どれもこれも面構えがいいので迷いに迷う。端から順番に食べていきたいくらいだが、そうもいかない。衝動を抑えつつも気がつくとそれなりの数を購入してしまった。

今回の戦利品
080320_3.jpg

080320_4.jpg

バケット・ル・ブーランジェ
080320_13.jpg

店の力量をはかる基準になるパンはやっぱりバケット。ここはバケットだけでも3種類ほどあったが、初めてなのでまずはオーソドックスなタイプを購入。シャープな成形の容姿がなかなか良い。最初はそのまま食べてみたが、温めた方が断然いい。香ばしい食感としっかり効いた塩気が印象的。皮目が良く焼けていても生地がスカスカで旨みに欠けるものが多いのだが、ここのバケットはふわっと仕上がっていながら肌理が細かい。

ビオ・オ・ルヴァン
080320_10.jpg

クープがしっかりと入っている。田舎パンで、ここまで窯伸び良く焼けているのは生地がよい証拠。皮はバリっと香ばしく、生地はもっちりと弾力がある。粉の旨みが凝縮している感じ。ライ麦独特の酸味も強過ぎずバランスが良い。

バケット・ル・ブーランジェとビオ・オ・ルヴァン
080320_14.jpg

クロワッサン
080320_9.jpg

購入直後に、我慢しきれずアウトドアで1個食してみた。サクサクは当たり前。濃厚なバターの風味も正しく作れば至極当然なのだが、一噛みした時、口中に広がる何ともいえないミルキーな風味に驚愕する。コンデンスミルクのような優しい甘みにウットリ。これは発酵バターなのか?エシレの香りとは少し違うような気がする。

フーガス・イタリエンヌ
080320_8.jpg

この赤みがかった生地はトマトを練り込んでいるからだ。濃厚な風味のドライトマトとオレガノの香りがベストマッチ。トマト果汁も使用しているのかもしれない。ワインの合いの手に最適な一品である。

プティ・チャバタ・オ・オリーブ
080320_5.jpg

オリーブを練り込んだパンで、そのままでも美味しいのだが、エクストラバージンオイルに浸して食べると尚、美味しい。白ワインのお伴にGood!

プティ・ビオ・ノア
080320_7.jpg

クルミパン。フランスのクルミはアクが強くなくて香りがよいのでパンにもお菓子にも良く合う。フロマージュと一緒に食べるのに最適だ。

プティ・セレアル・フィグ
080320_6.jpg

乾燥いちじくを練り込んだパン。イチジクの甘さは品が良くて色気がある。こちらもフロマージュに合わせるといい。

エスカルゴ(ショコラ)
080320_11.jpg

ビターなチョコチップを使用しているので大人の味に仕上がっている。

エスカルゴ(レザン)
080320_12.jpg

ショコラよりもこちらの方がより、バター香が際立っている。パイ生地の純度が高い。

いろいろと試してみたが、どれもかなりレベルが高い。行列になる状況はしばらく変わらないと思う。むしろ、どんどん加速する一方かも知れない。クリスピークリームの行列よりは納得がいく。

Le Boulanger Dominique SAIBRON (ル ブーランジェ ドミニク・サブロン) (パン / 赤坂、赤坂見附、溜池山王)

東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー1F
TEL:03-5545-4515
平日:8:00~21:00 土日祝:11:00~22:00
無休

  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/182-6e7d38db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。