Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴻星海鮮酒家 (中国料理 / 勝どき)

2008.1.3

晴海トリトンスクエアの鴻星海鮮酒家にお昼を食べに出掛けた。トゥーランドットの後に居を構えた、香港に何店舗もあるお店のようだ。鉄人の陳健一に勝利した実績もあるらしく、トリトンスクエアの飲食店では前々から一番気になっていた。

080103_01.jpg

香港飲茶○得満足セットを注文。まずは海老入りワンタンスープ。
080103_02.jpg

ワンタンは海老のプリプリした歯ごたえが心地よく旨い。スープはまずまずといったところか。悪くはないが本気でつくっていない感じ。

鶏肉の細切り入り春巻、海老とニラの焼き餃子、大根餅
080103_03.jpg

春巻は油切れよくカリッと仕上がっていて、ベトベト感はない。芯までバリバリとした食感が楽しめる。海老とニラの焼き餃子はやや大きめにカットされた海老が瑞々しい。大根餅はねっとりと柔らかく香りも高い。

フカヒレ入り蒸し餃子、蟹の卵掛け肉シューマイ、牛肉シューマイ
080103_04.jpg

どれもなかなか水準が高い。フカヒレ入り蒸し餃子はあまりフカヒレを感じないが、まあ、仕方ないか。蟹の卵掛けシューマイは卵部分の塩気がいい。牛肉シューマイに別皿でウスターソースが付いてくるが、個人的には辛子醤油の方が合うように感じた。

香港チャーハン
080103_05.jpg

米がパラリと仕上がっていて旨い。

香港醤油焼きそば
080103_06.jpg

細めの麺を軽く揚げて(炒めて)いるので、いわゆるかた焼きそばとも違う歯ざわりが楽しい。中国醤油が独特の香りで、ウスターソースが軽くなったような趣がある。

生搾り杏仁プリン
080103_07.jpg

きちんと杏仁粉を使って仕上げている。そのため食感が少しザラっとしているが、濃厚な味わいで好感が持てる。

鴻星海鮮酒家 (中国料理 / 勝どき)
東京都中央区晴海1-8-2 3F-8
TEL:03-5547-6166
11:00~15:00  17:00~23:00(土日祝 17:00~22:00)
不定休(晴海トリトンスクエアーに準ずる)

  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/124-20b0a4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。