Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美食の京都展 (日本橋高島屋)

2007.10.13

京都から帰って息つく間もないというのに、翌週末は日本橋高島屋で京都展が催されていた。チェックしないわけにはいかない。迷わずに出掛けた。ここでGetした戦利品のいくつかをご紹介します。

川上  秋日和弁当
今回の旅行では残念ながら予定に組み込めなかった川上。かつて頂いたぐじの刺身の鮮烈だったこと!未だ記憶に残っております。あの川上のお弁当が食べられるならと、朝一番で出掛けて何とかお弁当をGET。お昼ごろには売り切れになっていたようだ。

071013_01.jpg

どことなく重厚感がある。実に様子がいい。京都のお店同様、手ぬぐいも付いてくる。

071013_02.jpg

おかずは多岐に渡る。

071013_03.jpg

ひとつひとつに丁寧な仕事が施されていて頭が下がる思いだ。とはいえあくまでお弁当なのだから、お店で頂くお料理と比べてはいけないが、それでも手抜きはない。ちと値段は高いがそれなりの手間が掛かっているのだから仕方ない。冷めて尚、旨い。お弁当のキモを押さえている。

加茂みたらし団子

旅行では出町柳ふたばに足を運んだものの、近くの下賀茂みたらし団子は断念。何と京都展に出展しているではないか。これは買わずにはおられまい。

071013_05.jpg

店頭ではやきとりの様に団子を焼き、甘辛いタレにたっぷりと漬け込む。団子の大きさも上品で京都らしい趣があり、柔らかく焼き目が香ばしい。また、タレの塩梅も実にいい。今度は是非、現地で頂きたい。

071013_06.jpg

三木鶏卵

当初、京都旅行で購入する筈だったが、たまたま出会ったタクシーの運転手さんの助言で田中鶏卵のものに鞍替えしてしまった。この京都展に出展していたので、記憶が新しいうちに食べ比べておくことに。

071014_07.jpg

田中鶏卵に比べて、濃い目のしっかりした味という印象を受けた。こちらも出来が良く、正直甲乙つけがたい。

その他

※それから写真に残せず、お店の名前なども失念してしまったが、キャラの立ったおじいさんが売っていた合鴨の燻製は美味だった。また、村上重本店の漬物はやはり一段格上の味。特に計り売りしてくれる白菜の漬物は昆布の旨味と控えめの塩加減が絶妙だ。来年も是非購入したい逸品である。

  にほんブログ村 料理ブログへ

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/119-b180c686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。