Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀杏(そば/西大島)
久しぶりの訪問である。

140321_1.jpg

前回の印象は、江東区のそば屋としてはかなりいい線をいっているのだが、つまみ類に比して、そばそのものに少し物足りなさを感じた。そのため、しばらく足が遠のいていた。

モダンな佇まいはこの界隈で類を見ない。
まずはこちらで喉を潤す

140321_3.jpg

最初に供されたごま豆腐

140321_2.jpg

春めいた彩りが華やかで、軽快なスタート。


メニューを見るとイラスト入りで美しく、見ているだけで楽しい。
仕上がりのイメージも湧いてくるし、これはお見事!

140321_5.jpg

この実物がこちら

140321_4.jpg

お豆腐に揚げ玉という組み合わせ。サクサクの揚げ玉と滑らかな豆腐の食感の陰影が実にいい。相性の良さも特筆モノ。

この辺で日本酒にスイッチ。
写真は撮り忘れたが、はせがわ酒店で販売している日本酒のテイスティンググラスで供される。

そして肴はそば味噌に

140321_6.jpg

見た目そのままの美味しさでお酒が進む。


続いて、初物となる竹の子

140321_7.jpg

ほの甘く、添えられた酢味噌の塩梅もいい。


天ぷらの盛り合わせ

140321_8.jpg

比較的衣が薄く、おそば屋さんの天ぷらとしては上々の出来映え。


いよいよ締めのおそばへ。
まずは、せいろ。

140321_9.jpg

どうだろう。姿が以前より凛々しい。
香り高く、かなりの進化を実感させられた。
つゆのダシにも深みがあり、そばとの相性も申し分ない。

田舎そば

140321_10.jpg

素朴な味わいを保ちながら滑らかな食感で風味が良い。。


さくらの変わりそば

140321_11.jpg

桜餅を思わせる香りが、嫌味にならない塩梅に仕上がっていて秀逸な出来映え。


そば湯

140321_12.jpg

とろ~り系のそば湯で最後まで抜かりはない。
それにしてもそばのレベルアップは驚くほどで、瞠目させられた。
今後も注目の一軒。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 西大島駅住吉駅亀戸駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1172-f506efe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。