Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レストランコバヤシ(平井/フランス料理)
3月に入ると、そろそろジビエは終わりの季節を迎える。ジビエといえばやはりこのお店しかあるまい。という訳でレストランコバヤシへ。

休日の昼はほぼ満席。
立地はあまり良くないが、食道楽には周知のお店。こういう良店が繁盛していることは喜ばしい限りである。

この日はべギャスをメインにおまかせで。

140302_1.jpg


まずはこちらで喉を潤す

140302_2.jpg


アミューズひと皿目は「カニのブイヨンエストラゴン風味」

140302_3.jpg

サラリとしたブイヨンは優しい味わいで、エストラゴンの爽やかな香りに包まれている。まだ寒い時期なので温まる。


続いては「愛知県産のメヒカリのベニエ」

140302_4.jpg

湯河原で小ぶりなメヒカリを食べたばかりだったせいか、随分大きく見える。一匹まるのままなので、これは大味なのではと思ったが、香りは上品だし、ホックリとした身は旨味充分。


「高知県産 地ガキの冷製 ジンライムのゼリーと」

140302_5.jpg

あさりほどの小粒のカキだが、味が凝縮されていて、磯の滋味に溢れたひと品。ある意味、本日いちばん衝撃的な皿と言っても過言ではない。


「エゾジカのカルパチオ 赤ワイン風味」

140302_6.jpg

ジビエはメインのみと思っていたので嬉しい誤算。
たくさんのトリュフもこれまた嬉しい。


「ウサギとフォアグラのゼリー寄せ ソーテルヌ風味」

140302_8.jpg

ウサギの筋肉質な食感とフォアグラのネットリ感のコントラストが見事。鹿肉から一転、スッキリと清涼な味わいに仕上がっている。こちらにもトリュフを大盤振る舞い。


「マカジキのくんせい ピペラードと共に」

140302_9.jpg

中央部がレアでネットリとしている。…と書くと、語感が悪いせいか美味しさが伝わりづらいかもしれないが、このネットリがとてもいい具合。燻製の魅力に取り憑かれてしまう。


「フランス産ホワイトアスパラガスの冷製 半熟玉子と子持ち小ヤリイカとマッシュルームのピュレ」

140302_10.jpg

小ヤリイカは、ほどよい火入れで持ち味が生きている。マッシュルームのピュレが秀逸。


「北海道産マダラの蒸しもの レタス・クレソンのバター和え、エシャロットのソース」

140302_11.jpg

しっとりとしたマダラとエシャロットバターの程よい酸味が心地いい。


「スコットランド産 山しぎのロースト アルマニャック風味」

140302_12.jpg

いよいよメインの登場である。
勿論、各部位とも余すことなく供される。

140302_13.jpg

絶妙な火加減。流石は小林シェフ。
アルマニャックが効いた濃厚なソースはトリュフとの相性もいい。
食せば血となり肉となるといった感じで、身のうちにパワーが漲るような気がする。


デザート

140302_14.jpg


コーヒー

140302_15.jpg


そして最後に小菓子が供される。

140302_16.jpg


コース全体を通して、かなりクオリティが高い。
それをこの地で実現しているのだから脱帽する。





関連ランキング:フレンチ | 平井駅東あずま駅亀戸水神駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1168-bd5c4375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。