Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピヴォワーヌ(フランス料理/門前仲町)
2年くらい前だろうか。
自転車で通り掛かる道沿いに小ぢんまりとしたフレンチレストランがオープンした。

131215_1.jpg

決して恵まれた立地とは言えないのだが、オープンからしばらく経った頃覗いてみたところ、かなり賑わっている様子だった。以来ずっと気にはなりつつも、そのまま素通りしていた。

131215_2.jpg

お店のキャパは15人前後。
この日も満席。半分以上は女性客が占める。

131215_3.jpg

2,000円のランチを注文


131215_4.jpg

ボトルだけでなく、グラスワインもリストになっていて、白赤それぞれ2種類の中からチョイスできる

131215_5.jpg

パンは2種類

131215_6.jpg


前菜の季節のサラダと野菜のゼリー

131215_7.jpg

清楚な佇まいの皿である。
その見た目を裏切らない味わいで、野菜に生命力が漲っている。
組み合わせも巧みで、山芋や新顔野菜のヤーコンのシャッキリとした甘さが面白い一皿だった。ホウレン草のジュレが鮮烈で、野菜に絡めていただくとドレッシングの酸味がいい具合に円やかになる。


メインの鹿児島産黒豚の肩ロースのロティ グリーンペッパー風味

131215_8.jpg

適度な火の通しで肉はしっとりとジューシーな仕上り。
シンプルな味の構成で素材の持ち味を引き立たせている。
付け合せの野菜が実に美味しい。


チョコレートケーキと紅茶のアイスクリーム

131215_9.jpg

アイスクリームは滑らかで、2,000円のランチのデザートとしては上々の出来映え。


野菜がこちらのお店のウリのひとつと言えそうだ。全体的にコストパフォーマンスが高いが、量的にはかなり軽めの印象を受けた。今後も楽しみなお店。



関連ランキング:フレンチ | 門前仲町駅越中島駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1142-49daebb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。