Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四川豆花飯荘(中国料理/東京駅)
シンガポールに本店がある四川料理のお店。

131104_1.jpg

以前ランチで訪問したが、今回は知人夫婦と共にバイキングに挑戦!
ランチバイキングでは、メニューに有る料理は何を頼んでもOK。ただし、ものによって1回しか注文できない料理もある。

まずは前菜の盛り合わせ

131104_2.jpg

どれも上品な味付けで凛とした趣きがある。
快調な滑り出しだ。


重慶よだれ鶏

131104_3.jpg

盛り合わせの一品とかぶってしまった。
こちらのお店を代表する料理のひとつ。辛さの中にも複雑味があり、香り高いひと品。


フカヒレの醤油煮込み

131104_4.jpg

こちらは一人一回のみ注文可能な商品で、よだれ鶏で痺れた舌に優しく染みる。


アワビの醤油煮込み

131104_5.jpg

少し甘目の味付け。トコブシのように小ぶりなアワビだが、それなりに旨味はある。ただフカヒレと味の傾向が同じなので、メリハリという意味では連続して注文しなほうが得策か。因みにこちらは回数制限がありません。


エビチリ

131104_6.jpg

飾りの殻の正体は果たしてこの海老の主なのか?
海老問題に揺れるタイミングでの訪問だったのでその話題で持ちきりに。


北京ダック

131104_7.jpg

パリパリ感がもう少し欲しいところだが。。


鶏肉の唐辛子炒め

131104_8.jpg

四川料理のお店だけに、こういう系統の料理は俄然冴える。ピーンと一本筋が通っている感じがする。見た目の通りかなり辛いのだが、ついつい箸が伸びる。


魚の蒸し煮

131104_9.jpg

この日の魚はメバル。少し臭みが気になった。油の温度が少し低めではないだろうか。あまり得意な料理ではない感じだ。


大根もち

131104_10.jpg

お腹にたまるのでランチバイキング向きではないかも知れないが、とろりとした柔らかな食感で旨い。


黒酢酢豚

131104_11.jpg

肉が少し固めの食感で、旨味が足りず、片栗粉が多い感じだ。四川以外の品は慎重にチョイスすべきか。


小籠包

131104_12.jpg

少し皮が厚ぼったい印象を受けたがアツアツで点心系は全体的に悪くない。


白菜のクリーム煮

131104_13.jpg

軽やか且つおとなしい味わいで、クリームというよりはミルク煮に近い。美味しいが、もう少しコクがあってもいいかも。


四川チャーハン

131104_14.jpg

濃い目の味付けと強目の香辛料で中々良い。ご飯もパラリと仕上がっていた。



ごま団子

131104_15.jpg

餅は表面がサクっと香ばしく、もっちりと柔らかな食感。これは量もそれほどないので是非、頼むべし。


杏仁豆腐

131104_16.jpg


少し甘さ控えめのタイプでサラリとした仕上がり。


メニューの料理を頼み放題というのはいい。それだけに4人以上の人数で出掛けるのがベスト。
料理は出来るだけ四川寄りの品で固めた方が良さそうだ。




関連ランキング:四川料理 | 大手町駅東京駅二重橋前駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1129-03ab95c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。