Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりひろ(沖縄料理/京橋)
東京スクエアガーデンに出来た沖縄料理店。
情報が少ないだけになかなか訪れる機会がなかったのだが、ある日、お昼に訪問して良かったので裏を返すことに。

130713_1.jpg

店頭にはPOP替わりに大型ディスプレイを配し、映像を流している。サイネージは最先端と言えるのだろうが、飲食店ではあまりプラス材料になるとは思えない。この時点で期待度はそこそこ。

カウンターに通されると目の前には野菜が所狭しと並んでいる。見ると物は良さそうだ。

130713_4.jpg

まずはオリオンビールで!

130713_2.jpg

お通しの豚肉のごぼう巻き

130713_3.jpg

的確な味加減でサイネージの不安は払拭された。
こちらのお店の名物はあぐー豚と久米鶏。どちらも現地から鮮度を保ち空輸されるのだとか。この日は鶏肉をメインで注文。

最初はお刺身の盛り合わせ

130713_5.jpg

久米鶏はとにかく大きい。餌と気候のせいか、普通の鶏肉の倍近くはある印象だ。お刺身でいただくとその良さがわかる。身はしっとりとして弾力性がある。特に腿肉の美味しさが際立っている。


続いて、泡盛にスイッチ

130713_6.jpg

料理は串物へと。

130713_7.jpg

130713_8.jpg

130713_9.jpg

どれも鶏肉のクオリティの高さを感じる。えんがわ、せせり、ヒップ、ソリレスなど希少部位も愉しめる。この時期だからということもあるのだろうが、火入れが慎重になりすぎている感があり、全体的に火が通り過ぎの印象を受けた。その分、のりしろは十分あると思うので今後に期待したい。


沖縄料理らしいところでゴーヤチャンプルを

130713_11.jpg

薄く切られたゴーヤの食感がよく、バランスのいい上品な味わいに仕上がっている。基本的な料理の水準は高いのだろう。この時使用していた島豆腐についてお店の方と話していると、是非、そのまま食べてみて欲しいということで冷奴にして頂いた。

130713_10.jpg

東京ではあまり馴染みはないが、水分が少ないため濃厚な味わいで、豆の美味しさがダイレクトに感じられる。これも現地からわざわざ取り寄せているらしい。


締めくくりはソーキそば。

130713_12.jpg

自家製麺を、ソーキそばとしては珍しい鶏のダシをベースにしたスープで食べさせてくれる。このスープの美味しいこと。雑味がない鶏の持ち味と手間暇が溶け込んでいる。


この日はこれにて終了。
そのきっかけとなったランチもあわせて紹介します。

あぐー豚丼のセット。まずはサラダから。

130713_13.jpg

ビネグレットは手作り感があって美味しい。


サイドメニュー

130713_16.jpg

130713_17.jpg

これにお椀に入ったソーキそばも付いてくる。


あぐー豚丼

130713_15.jpg

炭火で焼かれた効果で芳ばしい香りが鼻をくすぐる。表面はカリっと身はしっとりと柔らかい。噛めば肉の旨みがこみ上げてくる。確かに久米鶏に負けないほどの看板であることが頷ける。




関連ランキング:鳥料理 | 京橋駅銀座一丁目駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1090-a52338a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。