Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久兵衛(すし/銀座)
とんとご無沙汰していたが、久しぶりに行ってみると、以前より随分と様変わりしているようだ。近くに別館も出来、こちらの本店も5階までのフロアを擁する。

130413_1.jpg

暖簾をくぐると、大勢の仲居さんが大車輪で立ち振る舞う姿に圧倒される。この日は魯山人ギャラリーのあるフロアーへ。

130413_7.jpg

130413_8.jpg

目の保養をしつつ、席についた。
10,000円の握りコースを。

まず最初の一皿目はわかめとミョウガの和え物。

130413_2.jpg

肴としてもお寿司の合いの手としても邪魔にならない優れもの。


10貫のにぎり

130413_3.jpg

素材の良さもさることながら、酢飯の塩梅がよく、軽やかな握りを愉しませてくれる。小ぶりで上品なサイズは、若干物足りなさを感じるが、これはこれでバランスよくまとまっている。

続いて、穴子と巻き物が供される。

130413_5.jpg

穴子は塩と煮きりの両方で。
巻き物は、かっぱ巻きすら流石の美味しさなのだが、丁寧に仕込まれたかんぴょうが秀逸。適度に空気が含まれているのも好感が持てる。


握りで登場した海老の頭と玉子。

130413_6.jpg

海老の頭は揚げてあり、これはこれで楽しい。
玉子はおぼろが挟んであるが、上品で淡白な味わい。

がりも丁寧に仕込まれていて美味。

130413_4.jpg


お土産で購入した穴子棒寿司

130413_9.jpg

関西の押し寿司とは異なり、空気を含んだ押し寿司になっているところが見事。その効果で軽やかな仕上がりに。


仲居さんのサービスも至れり尽くせり。




関連ランキング:寿司 | 新橋駅銀座駅内幸町駅


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1052-1bfed22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。