Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるき (親子丼 / 京都)

2007.10.5

お箸購入後は錦市場でお土産の下見。京都市民の台所とも言うべき錦市場だが、観光客相手の店舗が増えて昔の面影がうすれつつある。少々寂しい。午前も早い時間なので人出は少ない。活気が出てくるのはお昼過ぎなのだろう。築地とはちと違う雰囲気。

071005_09.jpg

中にはこんなお惣菜?を売っているお店も。活きはも一口あぶりを片手に鴨川辺りでお酒を頂くのも楽しそう。

071005_10.jpg

当初、初日のお昼には「ひさご」の親子丼を予定していた。京都に来るたびに足を運んでいるお気に入りの一軒だ。しかし、スケジュールを考えると少し微妙な距離にある上、行列に巻き込まれるとかなり待たされるため時間が読めない。京都に来て親子丼を食べない訳にはいかない。今回は別なお店を探すことに。鳥岩楼などにも興味を惹かれるも、やはり地理的にロスがあり、結局、錦市場にある「まるき」に白羽の矢を立てた。

071005_15.jpg

暖簾でわかるようにごく普通のおそば屋さんである。メニューはおそば、うどんはもちろん、親子丼などのご飯ものも扱う。東京ならばあまり好んで訪れるタイプの業態ではないのだが、口コミ情報によると親子丼はなかなか評価が高かったので、行ってみることに。

まずは親子丼とおそばのセット。
071005_11.jpg

親子丼は事前の調査では玉子が少し固めとの評判が多かったが、思ったよりいい塩梅に仕上がっている。何より面構えがいい。

071005_12.jpg

芳醇な山椒の香りが鼻腔をくすぐる。京都にいることを実感させてくれる。やや甘めの味わいだが、出汁の旨味が感じられ、十分満足がいくものであった。一方、おそばの方はまずまずと言ったところか。東京育ちにとっては少々物足りない感がないではない。


あんかけうどん
071005_13.jpg

今回の旅行におけるテーマの1つはあんかけうどんである。本来なら厳冬の頃、フーフーと白い息を弾ませながら、アツアツのあんかけをすすり込むのが一番だと思う。ましてや今年は10月だというのに真夏の様な暑さだ。でも東京ではあまりお目にかかれないタイプのうどん。初志貫徹ということで注文。

071005_14.jpg

ややしょうがの香りが強い気もするが、こちらも出汁の旨さが光った。予想以上にいい。(びっくりするほど汗が出たけど)

何の変哲もない街のおそば屋さんだが、京都の底力を垣間見た気がする。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/103-a4052533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。