Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セマウル食堂(韓国料理/小岩)
韓国で人気のチェーン店が日本に初上陸したとの噂を聞きつけ訪問した。

130120_113.jpg

ソウルのお店には4,5回訪れていて、当ブログで紹介したこともある。
事前に現地のWebサイトを確認してみたが、間違いなく支店として掲載されていた。

それにしても一号店が小岩とは、これいかに?
お店の方に伺ってみたところ、理由はこうだ。
もともと、千葉方面には韓国系の方が多く住んでいるらしい。その方達が韓国料理を食べたくても新大久保は遠すぎる。更に、新大久保の味は、観光地化したせいか、韓国のそれとは差異を感じるとのこと。本場ソウルの味を、千葉から近いところで楽しんで欲しいという思いから、この地を選んだのだという。

店名のセマウルとは、次期大統領の父、朴正煕大統領が提唱したセマウル運動に由来する。日本で言う高度成長時代に相当する古き良き時代のソウルという、イメージがあるらしい。その頃の雰囲気を具現化した、ノスタルジックな外観が、ソウルのどの店舗でも特徴的なのだが、こちらのお店は幾分簡素化されている印象を受けた。

それにしても、店頭といい、店内といいやたら雑誌等の宣伝が目に付く。初出店だから仕方ないとは言え、せめて、外観だけに留めておいて欲しかった。

メニューは必要最低限の構成で、白菜キムチすらメニューにない。

130120_14.jpg

韓国料理を供する店では非常に珍しい。でも、その潔さが逆にいい。

まずは名物のヨンドンプルコギを注文。
熟成させた肉を注文に応じて、出す直前にスライサーでカットしている。

130120_18.jpg

最初に供されたのがこちら。

130120_15.jpg

辛いつけダレと、ニンニク、サムジャン、わかめスープ。

いよいよ登場。
肉の上には辛いヤンニョムがたっぷりと。

130120_16.jpg

2人分一気に焼くのも韓国と同じスタイル。
日本では、このような薄い肉を使用した焼肉には中々お目に掛かれない。

サンチュ、エゴマ等の野菜と(写真を撮り損なったが)ネギキムチがたっぷり用意される。

130120_19.jpg

いよいよ焼き上がり。

130120_17.jpg

まずは、そのままで。続いて、辛いつけダレをつけて頂く。このつけダレは、チョコチュジャンのような味わいでかなり辛いのだが、嫌味がなく、肉の脂を中和しつつ、さらに深みが増すから不思議。

野菜で包んで。意外といいのが、ネギキムチのみでくるんで頂くやり方。思い思いの食べ方で、あっという間に完食してしまった。

途中から、ジョーウンデーを頂く。

130120_21.jpg

ビールはほどほどに。やはり、こちらの方がいい。


続いて、薄牛肉の焼肉チャドルバギを。

130120_23.jpg

130120_24.jpg

こちらはカンジャンベースの甘めのタレで頂く。

130120_22.jpg

このタレも悪くないのだが、個人的には、牛肉もヨンドンプルコギのタレにつけたほうが好みではある。


続いて、チャミスルを。

130120_25.jpg

これに合わせてコプテギを注文。

130120_26.jpg

豚の皮なのだが、日本では扱っているところは少ない。
皮と言っても焼鳥とは異なり、あまりカリカリに焼かない。

130120_27.jpg

なので、食感はもっちりプルプル。
これがチャミスルと実によくあう。

最後は、こちらも名物のチルプンテジキムチで締める。

130120_28.jpg

発酵が進み、程良く酸味が乗ったキムチの塩梅は、自慢通り現地のものに近く、再現性が高い。
ご飯に掛けて、海苔をパラリ。そして一気に掻き込んだ。

130120_29.jpg

もう少し、近場に欲しいものだ。二号店、三号店に期待したい。




関連ランキング:韓国料理 | 小岩駅京成小岩駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1022-dc74d855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。