Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いわもと(そば/東陽町)
久しぶりにいわもとへ。

130113_1.jpg

店頭のメニュー

130113_2.jpg

おつまみのメニュー

130113_3.jpg

お酒のメニュー

130113_4.jpg

まずはこちらの中から、貴を頂く。
しっかりとボディがあるお酒。塩豆がいい合いの手になる。

130113_5.jpg

鶏三点盛り

130113_6.jpg

左から砂肝、皮、白レバーのラインナップ。
予想外だったのは、冷菜だということ。
また、各部位ごとに調理が異なること。

砂肝は塩味に近いシンプルな味付け。皮には酸味を効かせ、エスカベッシュ風に仕上げている。白レバーは醤油でストイックに。生姜が良いアクセントになっている。どの料理も、三者三様に愉しませてくれる。いずれも日本酒にはいい相性を見せる。


山東菜

130113_7.jpg


江戸野菜の一種。見た目は大きめの白菜だが歴史は古いらしい。 お漬物として頂いたが、芯の部分まで甘味がのっていて、野菜そのものの力強さが感じられる。


そばみそ

130113_8.jpg

そばの実がたっぷり入っているのが嬉しい。炒ってあるので食感がよく、とても香ばしい。


天せいろ

130113_9.jpg

うっすらと緑がかったそばは、噛むほどに甘みが増し、香り高い。エッジが効いていて、包丁の冴えを感じる。前回も同様に、近隣のおそば屋さんではいちばんの好印象を感じるお店だ。

130113_11.jpg

つゆは軽やかなタイプで、好みは分かれるところだが、ダシはしっかりと効かせているので、質そのものは悪くない。

天ぷらはいかにもおそば屋さんタイプのもので、意外にブロッコリーがほっくりとして美味しかったのが印象的。

130113_10.jpg

江東区のおそば屋さんとしてはかなり上位に入る。

石挽 手打ち いわもとそば(蕎麦) / 東陽町駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/1019-60535252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。