Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月
月間MVPはレストラン部門はピンとくるお店がなく、該当なしに。
食品部門は味百選に初登場した「塩いくら」

131109_8.jpg

販売していたおばちゃん曰く、普通ではなかなか出回らない代物なんだとか。
お値段もそこそこだが、高級寿司店レベルの食材と言える。
その濃厚な味わいはちょっと忘れがたい。

131109_9.jpg

これにスプレー式ひしほで醤油を拡散させた藤子ばあちゃんのまごころ米があれば鬼に金棒!

131109_7.jpg

来年はトッププライオリティにしたい商品。
一部冷凍すれば、お正月にも十分美味しく頂ける。


2013年11月

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト
韓国料理教室(上野)
上野の第一物産が企画する料理教室に参加した。
生徒は4名上限なので先生の目が行き届き、手厚い指導が受けられる。

残念ながら受講中の写真は禁じられているため、出来上がりの料理のみのご紹介。

こちらがこの日の献立。

131123_1.jpg

まず最初に調理したのはカクテキ。

131123_2.jpg

スーパーで扱っているような市販のキムチや韓国系の惣菜類というと、舌が痺れるほど化学調味料が使用されていると感じるのだが、ヘラン先生の料理は、余計な混ざりものを加えない事を信条としているところがいい。


干しタラのスープ

131123_3.jpg

健康志向が強いせいか、塩気は控えめ。その分、スープに滲みでたタラの旨味を持って補うという考え方なのだろう。


カルビチム

131123_5.jpg

ホクホクに煮込まれていて、全体に丸味を帯びた味わい。

131123_6.jpg

そして、先生が即席で作ったヤンニョムを和えたサラダと共に試食。

131123_4.jpg


お土産に自分で作ったカクテキと第一物産の調味料やごぼうのキムチ、スッカラなどが頂ける。

131123_7.jpg

131123_8.jpg


あっという間の2時間で、得るものが実に多い。
持ち帰ったカクテキの熟成が進んできた。そろそろ鍋にして頂こうか。


韓国料理教室(上野)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
キッチンまつむら(洋食/門前仲町)
門前仲町と木場の間くらいに位置し、永代通りと並行して走る道から少し入った路地に店を構える。

131110_1.jpg

あまりオーラを感じさせない外観なのだが、よく出かける喫茶店から眺めていると、時には列が出来るほど賑わっているので前々から気になっていた。

この日は開店と同時に入ったのですんなりとテーブルに。お店は決して広くはなく、10人も入ればいっぱいになってしまうほど。それだけにこの日もものの10分ほどの間に席は全て埋め尽くされた。

全てをご主人ひとりだけで切り盛りしているので、どうしても時間は掛かる。


この日は日替わりのランチから注文。

131110_2.jpg


ハンバーグとカキフライ

131110_3.jpg

ハンバーグはリキュールを効かせたソースが特徴で、少し甘めの仕上がりなので好みが分かれそうだ。決して、嫌味な味ではないが、食べ進めるにつれ飽きてくるのも確か。カキフライはまずまずの出来映え。


エビフライとササミチーズカツ

131110_4.jpg

海老は大振りで、ササミチーズカツもどっしりと重量感がある。
こちらにも同様のソースが添えられるので基本的な味のベクトルは同じ。


全般的に値段の割にボリュームがある。それだけにお客は若い男性客を中心に支持されているようだ。



関連ランキング:ハンバーグ | 門前仲町駅越中島駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

味百選(催事/日本橋)
今年はイタリア展やフランス展などの催事にも積極的に参加したが、秋に開催される味百選は我が家では欠かせないイベントとなっている。

お正月の食材購入はこの時から始まると言っても過言ではない。
一方、ほとんどがリピートなので新しい発見が年々少なくなっているのは淋しい。

今回は新しい発見を中心にレポートしたい。


木村家

131109_1.jpg

これまでは販売時間が遅めだったため、朝いちばんで出掛ける身にとっては時間が折り合わず、過去1度しか購入したことがなかったのだが、今年は販売開始時間が変わったため購入することが出来た。(40分の行列に耐えた末だが)

ご主人の気前が良く、パンを1つおまけしてくれる。いかにも大阪らしいサービスで嬉しい。パンそのものも大阪らしいB級テイストなのだが、絶妙なバランス感が多少の欠点をも消してくれる。不思議と求心力がある。


菊姫の樽酒

131109_2.jpg

量り売りをその場で瓶詰めしての販売。
既に荷物が重くて1本買うのがやっとだったが、次回もあればお正月用にも是非、購入したいお酒だ。

キリリとした日本酒らしい飲み口で樽香とのバランスがいい。


麺匠さかいの新そば

131109_3.jpg

今回初出店となる山形のおそば屋さん。なかなかの面構えだったので思わず購入。

131109_4.jpg

プツプツと切れることがなく、扱いやすいところがいい。
家庭で食べられるおそばとしては香り高い。

こちらには桜えびの天ぷらを付けて

131109_5.jpg


スプレー式の醤油

131109_6.jpg

毎年、季節限定の北前船を楽しみにしていたのだが、今年は販売時期が遅いせいか、販売は行われなかった。替わりに見つけたのがひしほのスプレータイプ。

言ってみれば、容器だけあれば中身は変わらないのだが、スプレーにすることで適量醤油を掛けることができ、目からウロコの商品だ。いまだに中身を入れ替えて使用している。

醤油掛けご飯にも最適!

131109_7.jpg

生の塩いくら

131109_8.jpg

こちらはかなりの上物で、これまで食べていたいくらは何だったんだろうか。と思わず唸るほど。口の中で弾けるとしっかりシャケの風味が香り立つ。ああ、イクラってシャケの卵なんだなぁと実感したのは初めてかもしれない。

131109_9.jpg

来年からは要チェックの品だ。


厚木ハム

131109_10.jpg

こちらは昨年に引き続きリピートで購入。パテやソーセージもいいのだが、とりわけ生ベーコンが素晴らしい。豚の生育から行っているところに志の高さが伺える。


味百選(催事/日本橋)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

とんかつ椿(とんかつ/成城学園前)
かつてはお気に入りの一軒だったが、随分と久しぶりになる。かれこれ15年以上は間が空いているのではないだろうか。

駅からの道もおぼろげ。電柱の案内を頼りに曲がる。

131106_1.jpg

周りは高級住宅街。その中にぽつんと佇む一軒の飲食店。

131106_2.jpg

暖簾が少し変わった様な気がする。

131106_3.jpg

お昼時だったが、ランチメニューには目もくれず、夜のメニューからロースカツを注文した。
記憶が正しければオランダ産のラードを使って揚げているはずだ。

注文後、ソースとアンデス産の塩が運ばれてくる。

131106_5.jpg

かつてはソースだけだったが、塩は肉の旨みをダイレクトに感じる事が出来るだけにニーズが高まったのだろう。

しばし待つこと約15分。いよいよとんかつの登場。

131106_6.jpg

肉は薄ピンク色の仕上がりでざっくりとした食感の衣は以前と変わらない。

久しぶりの椿のとんかつは十分に美味しいのだが、自分の中で美化しすぎたせいか、以前ほどの感動は得られなかった。心持ち、衣に油が残るのと肉の甘味が乏しいように感じーた。

131106_7.jpg

131106_9.jpg

131106_8.jpg

ソースは昔通り、甘めの味わい。アンデス産の塩がいい。




関連ランキング:とんかつ | 成城学園前駅喜多見駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
四川豆花飯荘(中国料理/東京駅)
シンガポールに本店がある四川料理のお店。

131104_1.jpg

以前ランチで訪問したが、今回は知人夫婦と共にバイキングに挑戦!
ランチバイキングでは、メニューに有る料理は何を頼んでもOK。ただし、ものによって1回しか注文できない料理もある。

まずは前菜の盛り合わせ

131104_2.jpg

どれも上品な味付けで凛とした趣きがある。
快調な滑り出しだ。


重慶よだれ鶏

131104_3.jpg

盛り合わせの一品とかぶってしまった。
こちらのお店を代表する料理のひとつ。辛さの中にも複雑味があり、香り高いひと品。


フカヒレの醤油煮込み

131104_4.jpg

こちらは一人一回のみ注文可能な商品で、よだれ鶏で痺れた舌に優しく染みる。


アワビの醤油煮込み

131104_5.jpg

少し甘目の味付け。トコブシのように小ぶりなアワビだが、それなりに旨味はある。ただフカヒレと味の傾向が同じなので、メリハリという意味では連続して注文しなほうが得策か。因みにこちらは回数制限がありません。


エビチリ

131104_6.jpg

飾りの殻の正体は果たしてこの海老の主なのか?
海老問題に揺れるタイミングでの訪問だったのでその話題で持ちきりに。


北京ダック

131104_7.jpg

パリパリ感がもう少し欲しいところだが。。


鶏肉の唐辛子炒め

131104_8.jpg

四川料理のお店だけに、こういう系統の料理は俄然冴える。ピーンと一本筋が通っている感じがする。見た目の通りかなり辛いのだが、ついつい箸が伸びる。


魚の蒸し煮

131104_9.jpg

この日の魚はメバル。少し臭みが気になった。油の温度が少し低めではないだろうか。あまり得意な料理ではない感じだ。


大根もち

131104_10.jpg

お腹にたまるのでランチバイキング向きではないかも知れないが、とろりとした柔らかな食感で旨い。


黒酢酢豚

131104_11.jpg

肉が少し固めの食感で、旨味が足りず、片栗粉が多い感じだ。四川以外の品は慎重にチョイスすべきか。


小籠包

131104_12.jpg

少し皮が厚ぼったい印象を受けたがアツアツで点心系は全体的に悪くない。


白菜のクリーム煮

131104_13.jpg

軽やか且つおとなしい味わいで、クリームというよりはミルク煮に近い。美味しいが、もう少しコクがあってもいいかも。


四川チャーハン

131104_14.jpg

濃い目の味付けと強目の香辛料で中々良い。ご飯もパラリと仕上がっていた。



ごま団子

131104_15.jpg

餅は表面がサクっと香ばしく、もっちりと柔らかな食感。これは量もそれほどないので是非、頼むべし。


杏仁豆腐

131104_16.jpg


少し甘さ控えめのタイプでサラリとした仕上がり。


メニューの料理を頼み放題というのはいい。それだけに4人以上の人数で出掛けるのがベスト。
料理は出来るだけ四川寄りの品で固めた方が良さそうだ。




関連ランキング:四川料理 | 大手町駅東京駅二重橋前駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

2013年10月
やっと10月までこぎつけました。
2ヶ月遅れが3ヶ月遅れに。。。

10月はどんぐりの背比べで突出したお店がなかった印象だったのでレストラン部門は該当なしとさせて頂きます。

食品部門では日本橋三越のフランスフェアに!

131013_1.jpg

規模の大きさでは比較的小ぢんまりとしているのだが、密度が高い催事でした。

特にこの季節ならではのフレッシュなきのこ類。

131013_4.jpg

一部を自宅で乾燥させ、後日リゾットにして頂きましたが
、香りの高さにびっくり。特にジロールとトランペットは貴重品。

他にも、エシャロットの有効性やムール貝の濃密さも印象的。

131013_9.jpg

これは毎年要チェックの催事になりそう。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ブルドック(洋食/大井町)
大井町の直ぐ脇から続く狭い路地裏に沿いに古くから続く洋食屋。
この日はお昼時より少し早めに訪れたのだが、既に店内はお客で溢れていた。

131028_1.jpg

5分ほど待たされて店内へ。
まわりを見渡すとどの品もたっぷりのボリュームだ。これが人気の秘密か?

メニューは日替わりから定番メニューまでバラエティに富んでいる。
1,400円と少々値が張るが、折角なのでハンバーグと魚フライの盛り合わせを注文。

131028_2.jpg

まずはセットのコーンポタージュスープが供される。
久しぶりのポタージュに癒やされる。


いよいよメインの登場

131028_3.jpg

なるほど、そう来たか。
フライがある上にハンバーグが2段重ねで供されるとは少しびっくり。

ハンバーグはキメが細かく肉度が高い。デミグラソースは丸味を帯びた優しい味わいで、いかにも下町の洋食屋さんらしさがにじみ出ている。

フライはサクッとした仕上がりだが、心持ち油切れが気になった。
おかずの量からするとご飯も大盛りにしたいところだが、このおかずの量が量だけに普通盛りにして正解。




関連ランキング:洋食 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
シェ・ノブ(洋食/浜松町)
この辺りにはあまり馴染みの店がないのだが、浜松町から少し田町寄りに歩を進めると、結構飲食店が軒を連ねている。中には興味深い風情のお店もちらほらと見える。

シェ・ノブはふらりと入ってみた一軒。
ビルの2Fにある洋食屋で、店内はカウンターを中心にわずかなテーブル席があるだけの小体なお店。

ランチは日替わりでメニューが決められている。

131025_1.jpg

素材を効率よく使用している姿勢がかえって好感を抱かせる。
この日のメニューはメンチカツのトマトソース

131025_2.jpg

サクッと揚げられた衣は油切れが良く、ジューシーな仕上がり。肉質も良い。酸味を立たせたトマトソースとの相性は悪くはないが、別添えにしてくれた方が折角の衣が損なわれなくていい。

131025_3.jpg

個人的にはそのまま頂いたり、塩やソースとを色々と試したいところ。
夜はコースまたはアラカルト。



関連ランキング:洋食 | 浜松町駅大門駅芝公園駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
鳥ふじ(親子丼/茅場町)
新大橋通りと並行して走る通り沿いに店を構えている。
お店は階段を登ったビルの2Fにあり、オーラを感じさせる佇まい。

131012_1.jpg

店内はカウンターを中心にテーブル席も用意されている。
メニューは鶏料理が中心なのだが、何故かかつ丼の姿も。

131012_2.jpg

お目当ての親子丼を注文したが、その後、直ぐにかつ丼が売り切れた。土曜日のランチということもあり、たまたま具材の関係で品切れたのか、人気が高いメニューなのか不明だが、ちょっと気になった。

親子丼には小鉢の鶏団子と漬物、鶏スープが付く。

131012_3.jpg

鶏団子は、きめ細かく優しい味わい。鶏スープの印象も同様で、親子丼への期待が膨らむ。

131012_4.jpg


親子丼

131012_5.jpg

卵は場所によって状態が異なり、白身中心の半熟の部分、黄身中心の半熟の部分、しっかり目に日が通っている部分に分かれていて、ひとつの丼の中で違った世界が愉しめる。
ダシは少し甘めながら、鶏肉の邪魔にはならずバランスがいいひと品。

土曜日のお昼に営業しているのが嬉しい。



関連ランキング:鳥料理 | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
富久晴(もつ焼き/大塚)
かつては家が比較的近かったこともあって、大塚には足繁く通った。
渋い飲み屋がひしめいていて、左党にとって楽しい街のひとつである。

個人的にゴールデンコースと呼んでいるのが、富久晴でビール中心に軽くひっかけて、江戸一にて締めくくるコースだ。今回は久しぶりの大塚だったので迷わずゴールデンコースを歩むことに。

131019_1.jpg


メニューはもつ焼きを中心に、わずか数品があるだけのいたってシンプルな構成。

131019_4.jpg


居心地がいいのは変則のコの字型カウンターのせいか。


勿論、ビールから

131019_2.jpg


ニラ玉

131019_3.jpg

こちらのニラ玉はお浸しに卵黄という組み合わせ。


続いて焼き物。まずはかしら。

131019_5.jpg

塩加減が的確で、炭火に炙られて塩がちょうどいい塩梅で溶けだしている。


シロ

131019_6.jpg


こちらもかしらと並んで外せない一品。


かしら

131019_7.jpg

再びタレで。塩もいいがタレがいい。


ねぎとピーマン

131019_8.jpg

こちらのお店ではねぎをかもと呼ぶ。小粋な洒落が効いている。


突出したものはないのだが、大塚にあって外すことの出来ない貴重なお店だ。
そして江戸一へ。

131019_9.jpg




関連ランキング:居酒屋 | 大塚駅前駅大塚駅向原駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
のぶ庵(そば/月島)
催事の帰り、近くでお昼を食べようと算段していたのだが、時間が半端になってしまい、人気店は満席状態。時間調整のため自宅に向かいつつ、月島に新しく見つけたおそば屋さんに。

131013_11.jpg

もんじゃストリートから銀座方面に入った路地にさりげなく店を構えている。
既に新そばを扱っているようで、今年初の新そばを頂いた。

131013_13.jpg

つまみ類はそこそこの品揃え。

131013_12.jpg

お酒の品揃えをもう少し充実させれば更によくなるだろう。
喉が乾いていたのでサッポロラガーで喉を潤す。

131013_14.jpg


つまみは枝豆と唐揚げ

131013_15.jpg

131013_16.jpg

締めのおそばを

131013_18.jpg


せいろ

131013_17.jpg

新そばだったのでもう少し香りを期待したのだが、小麦粉の配合が多いのかあまり強くは香らなかった。それでも、近所で食べられるそば屋としてはまずまずの出来映え。


鴨南蛮

131013_19.jpg

つゆは比較的軽めの印象で、このあたり好みがわかれそう。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 月島駅勝どき駅築地駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。