Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
串カツ田中(串カツ/木場)
先日紹介した亀戸の田中。
調べてみたら、木場店があることを知り、出掛けてみた。

間口よりも奥が広い造りになっており、それなりのキャパがある。
席につくと、キャベツが供される。

130210_12.jpg

まずは早めに出来るつまみを注文。


大人のポテトサラダ

130210_14.jpg

胡椒の辛みが効いて、ちょっとジャンキーな味わい。


肉すい

130210_15.jpg

亀戸店に比べて汁が少しぬるめ。
まあ、この寒さだから仕方のないところか。
とろろ昆布がいいアクセントになっている。


串揚げ

130210_16.jpg

牛、豚、紅しょうが等、ほぼ前回と同じようなラインナップ。
串揚げに関しては、亀戸店と大きな違いは感じられなかった。
油切れもほどよく、特にハムカツが秀逸。


チェーン店だが、これはこれで悪くない。
困ったときに重宝しそうだ。



関連ランキング:串揚げ | 木場駅東陽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ポジャギ(韓国料理/豊洲)
薬膳冷麺と肉めしセットを。合いの手は勿論、フローズン金麦。

130210_9.jpg

冷麺は麺が細めで、好みのタイプなれど、そのままだと淡白で、まるで素麺のよう。決して悪い味ではないのだが、ややパンチに欠ける気はする。

130210_7.jpg

スープは鶏ベースに、深川あさりの佃煮を使用しているらしい。
鶏肉を使ったチャーシューはしっとりとした仕上がり。


水キムチ

130210_10.jpg

これに水キムチやお酢を少し足すと全体的に落ち着きを取り戻す。

130210_11.jpg

肉めし

130210_8.jpg

こちらは一転して濃厚な味わいで、牛肉の旨味が全体に行き渡っている。カロリーが高そうなだけにこれくらいの量がちょうどいい。冷麺とセットで頂くと全体的にメリハリがあってバランスはいい。


ポジャギ韓国料理 / 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

博多華味鳥(親子丼/豊洲)
九州の銘柄鶏「華味鳥」を使った鳥丼の専門店。

130210_1.jpg

数種類の鳥丼があるが、初回ということで基本の親子丼に挑戦。

130210_2.jpg

鳥スープうどんが付いたセットも気になったのだが、それ以上に
単品の唐揚げに食指が動き、結局、親子丼と唐揚げを注文!

130210_3.jpg

この手の唐揚げは変ににんにく臭かったりころもが厚ぼったかったりすることが多いが、バランス良く出来がいい。こちらはテイクアウトも可能。


親子丼

130210_4.jpg

玉子の仕上がり具合はいいのだが、出汁の旨味と言うよりは、甘味が強いタイプの丼汁なので好き嫌いが別れるところ。


味噌汁

130210_5.jpg

高菜

130210_6.jpg

高菜は穏やかで上品な味わいで美味しい。



関連ランキング:親子丼 | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

次回は水炊きやうどんなど鳥スープを使った品を試したい。

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

まつ惣(居酒屋/有楽町)
久しぶりに有楽町のガード下「まつ惣」へ。

まずはビールで喉を潤す。

130203_11.jpg

こちらに来たら定番の2品は外せない。
そのひとつ、肉豆腐。

130203_12.jpg

充分に煮込まれた肉はトロトロと柔らかく、繊維に沿ってホロホロとほつれ、出汁の旨味をたっぷりと含んでいる。また、豆腐そのものが柔らかく旨い。


続いては串かつ

130203_14.jpg

肉はジューシーな仕上がりで勿論美味しいが、それ以上にネギが甘くて旨い。


ほうれん草のピリ辛おひたし

130203_13.jpg

ただ茹でただけのほうれん草とは違い、ちょっとしたひと工夫がいい。
タレは濃すぎず、ピリ辛具合が食を進める。

ここで富久娘樽酒を注文。意外と癖が少なく飲みやすい。

130203_17.jpg


じゃがバター

130203_15.jpg

炭火で焼かれるとやはりひと味ちがう。


まぐろのづけ

130203_16.jpg

ジャンクな味わいだが、にんにくダレが臭みを消すと同時に独特の旨味を加え、これはこれで悪くない。


まつ惣居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

宮武讃岐うどん ららぽーと豊洲店(うどん/豊洲)
ららぽーと豊洲に新しくできたマリーナコートというフードコートにあるお店。

こちらのお店はフードコートの入口に最も近い場所にあり、うどんが280円からとリーズナブルなこともあって、とりわけ人気が高い一軒だ。

130203_6.jpg

よくあるセルフサービスタイプの讃岐うどんのお店で、うどん以外にも各種天ぷらやいなり寿司などを揃えている。


ざるうどん

130203_8.jpg

うどんは少し茹で過ぎなのか表面がビロビロしている。うどんそのものの味わいは至って普通で、見た目ほどには食感も悪いわけではない。

つけ汁は鯖ぶしが濃厚に香る。

130203_10.jpg

一見、関東風だが甘味が強い感じ。日本そばのつゆに近い雰囲気。


天ぷらは鳥天、ちくわ、さつまいも。

130203_9.jpg

表面はカリカリ系の仕上がりで、幾分冷めても衣がベットリしないので、フードコート向きだろう。甘めの汁もこの天ぷらとの相性は良く、ビールが進む。




関連ランキング:うどん | 豊洲駅新豊洲駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ぶたを(石焼トンテキ /豊洲)
ららぽーと豊洲に出来たフードコートのお店。

130203_1.jpg

こちらは四日市のB級グルメ「トンテキ」をベースに、各種メニューを取り揃えている。

今回は石焼きトンテキを注文してみた。

130203_2.jpg

それなりにボリュームのある肉が乗っている。甘じょっぱい濃厚なタレが、石焼鍋で程良く焦げ、香ばしい薫りに仕上がっている。
このタレが染み込んだご飯にお焦げが出来て美味しい。フードコートのご飯としては全体的に出来がいい。

食事だけだと味が濃すぎる感はあるので、ビールがあれば丁度良い感じ。


追加注文の味噌汁

130203_3.jpg

こちらはとん汁になっているが、幾分淡白な味わい。


お新香

130203_4.jpg



関連ランキング:焼肉 | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

韓灯(韓国料理/月島)
近くにあって気になっていた一軒なれど、なんとなく敬遠していたお店。しかし、信頼おける複数の人から絶賛の声を聞き、出掛けてみることに。

130202_1.jpg

清澄通りから一本、豊洲方面に入った路地の半地下にひっそりとお店を構える。店内は想像よりも小ぢんまりとしている。

130202_3.jpg

調度品はモダンで上品。清潔感に溢れ、期待は膨らむ。

130202_2.jpg

まだ、早い時間だったせいか、客は1組のみ。
この日のメインは既に前日から予約。
その他前菜として自家製のキムチとチヂミを注文。


まずはビールから。

130202_4.jpg

東東京はアサヒ率が高くて困る。


最初に供されたのはお通し。

130202_5.jpg

澄んだスープが染み込んだ優しい味わいで、兎に角丸い。


キムチ

130202_6.jpg

漬けてから10日経っているとのことだが、前日くらいに漬けたのではないかと思うくらい葉がしゃっきりとして若々しい。雑味のないシンプルな味わいがいい。
日本だと、この手のキムチは探しても本当になかなか出会えない。

このキムチを口にした瞬間から、何故もっと早く来なかったのかという思いが増す。


山のチヂミ

130202_7.jpg

他店に比べると、注文してから供されるまでかなり時間は掛かる。しかし、待つ価値は充分にある。黄金色に輝く美しい焼き上がりに思わず歓声。一口食べて、この容姿が見掛け倒しでないことを知る。山芋でも入っているのかと思うほど、ふっくらとしていて瑞々しい。


聞けば、山芋は入っていおらず、いたって普通の食材のみなんだとか。具は和牛のひき肉と野菜で、バランス良く秀逸。


マッコリ

130202_8.jpg

チヂミと言えば、合いの手はマッコリだ。
それにしても生マッコリではないのに、この軽やさは何なんだろう。
結局、銘柄は教えて貰えなかったが、頼む価値がある。


タッカンマリ

130202_9.jpg

ソウルでは広蔵市場にほど近い場所にタッカンマリ通りなる路地が有り、10軒近い専門店が軒を連ねる。その中の一軒で頂いたタッカンマリはニンニクが効いた辛いつけダレに特徴があった。


130202_10.jpg

韓灯のタッカンマリは、タレはつけず、スープと共にそのまま頂けるように仕上げている。
潰したての鶏肉にこだわるため、前日までに予約が必要だ。

まずはスープをひと口。
濃厚なダシは、サムゲタンに勝るとも劣らず滋味深い。どれだけ手間をかけているか想像に難くない。

塩気は軽い仕上がり。時には塩を掛けて、時にはキムチを絡めて各部位を頂く。

130202_11.jpg


最後は雑炊かラーメン。
散々迷った挙句、ラーメンが生麺と聞き後者を選択。

130202_14.jpg

雑炊も美味しかっただろうが、これはこれで後悔はない。
これだけの汁だ。残すわけにはいかない。

130202_15.jpg

どの料理もオモニの優しい人柄が滲みでた料理。
まさに最高尚宮だ!
これは近々、他の料理も食べに出掛けたい。



関連ランキング:焼肉 | 月島駅勝どき駅築地駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

2013年1月
1月の月間MVP。本来ならふた川で決まりなのだが、過去にもMVPに輝いているので、今回はセマウル食堂に譲った。

韓国でも有名なチェーンのひとつ。ごくごく庶民的なお店で、チェーン展開していても、料理に創意工夫がなされ、コストパフォーマンスが高い。

130131_1.jpg

そのお店が日本に最初の支店をオープンさせた。
メニューも味も本場のスタイルで勝負しているところがいい。

130131_2.jpg

中でも、ヨンドンプルコギとチルプンキムチチゲは外せない。
モッチリしたコプテギも印象的。

130120_17.jpg

ただし本場の味を知らない日本人客から、やれランチは無いのか、これでは辛すぎる等々の声がチラホラあがるようで、今後もあまり続くようなら、流されて日本流にアレンジしてしまうかも…とちょっと弱気なコメントも聞かれた。その必要はまったくないし、是非とも本場の味を守ってほしいものだ。


調理器具部門:発酵器

130110_1.jpg

何年も購入しなかった事を後悔するほど重宝している。表示パネルと室内温度湿度に齟齬はあるものの、許容範囲内。
2次発酵の上がり時間とオーブンの余熱のタイミングが改善されて、仕上がりが随分良くなった感じがする。


2013年1月 月間MVP


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

ふた川(日本料理/六本木)
毎年、この季節に訪れるのが慣わしになって随分になる。
今年は例年に比べると若干早めなので、厳冬ならではの食材に出会えそうだ。

この日のメニュー

130126_1.jpg


前菜

130126_2.jpg

まだまだ寒い日が続くが、菜の花など、春の訪れが少しずつ感じられる。煮凝りの美味しさは特筆もの。


吸物

130126_3.jpg

すっぽんの繊細かつ濃厚な旨味が和の出汁に襲い掛かる。飲むほどに複雑な滋味が溢れる。


刺身

130126_4.jpg

この日はふぐ!


焼物

130126_5.jpg

この日は鰆が素晴らしい!!表面は揚げたかの様な薄い層がある。これが何とも香ばしい。いわゆる塩焼きなのだが、自身の脂が溶け出し、衣をまとったかのような状態になるのだとか。身はしっとりと柔らかく、青魚特有の臭みは皆無。


葉山牛

130126_6.jpg

湘南で育った牛のステーキ。変に脂っぽくなく、程良い甘味と旨味を湛えたお肉の味に感服した。


煮物

130126_7.jpg

筑前煮。初めて頂いたが、少し甘いか。好みが分かれるところだ。


食事

130126_8.jpg

かにご飯。しっとりとした炊き上がり、優しい甘味。ほんのり香る程度の醤油が嫌みのな塩気。


甘味

130126_9.jpg

カステラとアイスクリーム。定番の味わいだ。いかにもカロリーが高そうだが、すんなりと胃袋に収まってしまう。


コストパフォーマンスに優れ、真っ当な料理が食べられる日本料理店である。


ふた川割烹・小料理 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

アンティアンズ(プレッツェル/豊洲)
ららぽーと豊洲の新しいフードコート第3弾!
こちらはアメリカ初のプレッツェルのお店。

130121_1.jpg

プレッツェルは元々、ドイツの焼き菓子が元祖とも、フランスアルザス地方が起源とも言われているが、アメリカに渡ると、俄然ジャンクな味わいになる。

今回はテイクアウトで3種類のプレッツェルを試してみた。
右上からからシナモンシュガーのプレッツェル、ドッグ、シーズナル。

130121_3.jpg

シナモンシュガーのプレッツェルは、モッチリとした弾力を湛えながら、ふんわりとしたしなやかさがある。
ドーナツパンに近い味わいで、シナモンシュガーとの相性がいい。

ドッグはいわゆる軽食タイプのプレッツェルで、しっかりとした生地にソーセージの肉汁が馴染んでいる。

シーズナルは棒状のプレッツェルで、こちらは生チョコのディップを付けて頂く。

こちらのプレッツェルは、他のものに比べしっとり度は抑えめで、よりスナック感覚といえる。この生チョコがあるお陰で、ウイスキーのお供としても悪くない。



関連ランキング:パン・サンドイッチ(その他) | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。