Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
串カツ田中(串カツ/亀戸)
亀戸に新たに誕生した大阪串カツのお店。
大通りに面し、白地に大きな文字の看板はひときわ目を引く。

121209_1.jpg

まだオープンから日が浅いというのに、大勢のお客で賑わっている。
メニューを見ると、もちろん串揚げが中心なのだが、サイドメニューの品揃えが充実していて楽しみ。

テーブルにつくとキャベツが供される。

121209_2.jpg

こちらはおかわり自由だ。


そしてホッピー!

121209_3.jpg


肉吸い

121209_4.jpg

串物は少々時間が掛かるというので、
早めに出来るメニューの中から肉吸いを注文。

肉吸いとは、肉うどんのうどん抜きだ。関西では一般的なのか?なんでも二日酔いの芸人さんが、酔い醒ましにお願いしたものが広まったらしい。

この日はとても寒かったので、迷わず注文。薄味のダシはアツアツで、青ネギとトロロ昆布が良いアクセントになっている。薄切り肉にはしっかりと濃いめの味が染み込んでいて、脂は程良く抜けている。冬場には最適な一品。


なす焼き

121209_5.jpg

普通に美味しい。串カツの合いの手としてもGood!


串カツ

121209_6.jpg

121209_7.jpg

カラッと油切れが良く、何を食べても水準以上で、安定した出来映えだ。豚や牛肉は勿論のこと、玉ねぎやレンコンと言った野菜類から大阪らしい雰囲気を湛えた紅しょうがまで、枚挙にいとまがないほど。




関連ランキング:串揚げ | 亀戸駅西大島駅錦糸町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

九段一茶庵(そば/九段下)
かつて東京にあった一茶庵の流れを汲む。
この界隈はあまり店もなく、さりげなく暖簾を掲げていて、趣きがある。

121221_1.jpg

この日は少し遅めの昼食だったため、店内の客はまばらだった。
色々な味を楽しめる三色そばを。


上品に盛られた薬味とつゆがひと足先に供された。

121221_2.jpg

全体的にボリュームは少なめだ。
左からせいろ、ゆず切り、田舎そば。

121221_3.jpg


せいろはやや緑がかった色を帯びていて、新そばならではの香りの高さが満喫できる。
一方、ゆず切りは包丁の冴えが感じられ、パキパキとした食感が心地いい。
この手の噛みごたえがある田舎そばは実に久しぶり。
旧友に出会ったような懐かしさを感じる。

つゆはそばの旨味を引き立たせてくれてバランスがいい。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 九段下駅神保町駅水道橋駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

エスキス(フランス料理/銀座)
話題のエスキスへ。

121215_1.jpg

北欧調の誂えで、席間はゆったりと取られ、温かみが感じられる雰囲気。肩肘張らずに食事が愉しめる。照明は少し暗めだ。落ち着きがあって良いのだが、料理にはもう少し光があっても良いように思う。

121215_3.jpg

グラスシャンパン

121215_2.jpg

2003年だけにコクがあり、しっかりとした味わい。快調な滑り出し。


アミューズ

121215_8.jpg


桜エビのすり身をコーティングしたフライ。表面はサクッと、中はトロリとして、噛むごと桜エビの香ばしい風味が増してゆく。


パン

121215_9.jpg

最初に運ばれてきたのはロブションを思わせる小ぶりなバケット。聞けば、元々ロブションで働いていた方が手がけているらしい。これが、びっくりするくらい美味しい。表面のクラストはしっかりと立っているのにロブションほど硬くなく、中はきめ細かくふんわりと柔らかい。粉の配合が素晴らしい。軽やかでありながら小麦の旨味が感じられる。これほどのパンは比類ない。

この後、フォカッチャ、ブールと3種類のパンを頂いたが、どれも美味しく、結局5個も食べてしまった。


バター

121215_4.jpg

自家製の発酵バターで、ムースのようにふんわりとしている。既存のバターとは全くの別物だ。乳酸菌がイキイキとしている感じの爽やかな味わい。

121215_5.jpg

これは無塩なので、塩を軽く振って頂くのだが、この塩が塩化ナトリウムが程よく抑えられていて、絶妙な相性。


一皿目の前菜

121215_6.jpg

シェフは昨年まで新宿のミッシェル・トロワグロで腕を振るっていた。当時もレベルの高さに感心したものだが、今回はそれ以上のものを感じた。トロワグロでは抑えていたシェフの個性が随所に垣間見られた。

そのひとつが和のエッセンスだ。和の食材、技法を巧みに使っている。ここでは昆布締め。添えられた素材それぞれが主張することなく、一体感を感じる。


二皿目はフォアグラ

121215_7.jpg

ここで特筆すべきはソース。この後の皿でもそうなのだが、柑橘類の使い方が巧みだ。この皿はフランボワーズのソースで供しているのだが、これが嫌味ではない。
フランボワーズというと、独特の香りと強い酸味でインパクトが強いソースになりがちなところ、上品にさらりと仕上げている。また、赤カブが彩りだけでなく、絶妙なアクセントになっている。


三皿目アワビのソテートリュフ添え

121215_10.jpg

バターでしっかりと味付けされたアワビの凝縮された旨味。陰影のくっきりしたテイストで、トリュフの香りは勿論、ジロールの濃厚な旨味たっぷり。


甘鯛のポアレ

121215_11.jpg

的確な火加減で、皮はパリっと中はミディアム・レアの仕上がり。ここでも柑橘系のソースが嫌味なく、効果的に使われていた。


主菜の前に牡蠣の一皿

121215_12.jpg

魚介類の扱いは得意とするところのようだ。敢えて、魚料理を前に持ってきて、牡蠣をメインに持ってくる演出が心憎い。


牡蠣が食べられない場合、このような料理に


ラングスティーヌを使った一皿。

121215_13.jpg


容姿の美しさで、まず心を捕まれる。プリプリ、しっとりの身に味噌を絡めるとたまらない。


メインは鴨のロースト

121215_14.jpg

胸肉、もも肉、レバーと3箇所の部位が愉しめる。真空調理で火を通し、その後に炭火で炙っている。ロゼ色の肉身が美しい。個々の部位の持ち味が生きている。胸肉の軽やかさ、レバーのコク、もも肉の脂の旨味が各々感じられる。


デザート一皿目

121215_15.jpg

評判に恥じない味わいで、各々の出来もさることながら、全体に調和がとれた一品。


デザート二皿目

121215_16.jpg

この皿もそうなのだが、複数のデザートが盛られているというより、皿全体でひとつの料理を表現しているところが凄い。特にチョコレートのサブレが素晴らしい。


デザート三皿目

121215_18.jpg

マカロン・トリュフ・マドレーヌ・カヌレ


コーヒー

121215_17.jpg

香り高く、レストランとしては上々のレベル。




関連ランキング:フレンチ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:レストラン - ジャンル:グルメ

玉丁本店(味噌煮込みうどん/八重洲)
八重洲地下街で見つけた味噌煮込みうどん専門店へ。

121202_1.jpg

名古屋で著名な2軒へは出掛けたことがあるし、お土産のうどんを購入したこともある。どちらの店も、力強い八丁味噌のつゆは美味しいと思うのだが、芯が残るあのうどんがどうにも性に合わない。

まあ、うどんの製法そのものが独特なのだから、それが名古屋のうどんの個性だと思う。当然、こちらのお店も似たようなタイプだという先入観を持って入った。

121202_2.jpg


味噌煮込みうどんの、お新香・ご飯セットを注文。
そのお新香をアテにビールで喉を潤す。

121202_3.jpg

お新香は八丁味噌漬けの山牛蒡。嫌みのない味わいで盛りが良い。


15分ほど待って、うどんが供された。

121202_4.jpg

なかなか様子がいい。

121202_5.jpg

うどんも、あのパキパキした感じが少なく、好感が持てる。つゆは見た目ほど塩辛くなく、出汁の風味がしっかり乗っていてコクもあり美味しい。具材はシンプルだが、歯応えのよい鶏肉は旨味が強く、要所を抑えた構成。

こだわっているというだけあって、艶良く炊き上げられたご飯が美味しい。

121202_6.jpg

うどんに入った玉子が、いい塩梅で半熟状態になった頃合いに乗せて頂くと堪らない。
これからの寒い季節、何かと重宝しそうだ。



関連ランキング:郷土料理 | 東京駅京橋駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

2012年11月
11月の月刊MVPは湯津上屋。
かつては、女将さんがいたのだが、最近では一人で切り盛りしている。(週末だけなのかも知れないが)

ピーンと張りつめた空気は、背筋が伸びるような心持ちになるのだが、これが決して嫌な感じではなく、供される料理と真摯に対峙しようという姿勢にさせてくれる。

肴は、品数こそ多くないが、酒呑みの勘所を抑えた構成で好感が持てる。

121104_12.jpg

もちろんそばの香りは高く、つゆの出来もバランスが良く、好みのタイプ。

121104_4.jpg

東東京ではかなり好きなそば屋の一軒。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

バビーズ(ハンバーガー/八重洲)
八重洲地下街を歩いている時、行列に目が止まり気になったお店がこちら。後日、あらためて訪問してみた。

121123_1.jpg

本場アメリカのハンバーガーやパイが売りものらしい。
という訳で、まずはハンバーガーを注文。

121123_2.jpg

思ったよりも小ぢんまりとしたサイズ。
バンズの出来がとても良い。
パテは、やや大味だが旨味があり、トータルのバランスがいい。


121123_3.jpg

付け合せのオニオンフライは薬味にもなるように細切りで、香ばしい仕上がり。すこし油っぽいが、最後まで飽きずに頂ける。


パンケーキ

121123_4.jpg

ベーコンとチーズのパンケーキなので、食事用の一皿。
ふんわりと柔らかく焼き上げられていて普通に美味しいのだが、ランチとしては物足りない。味もメイプルシロップをかけないと締まらない感じなので、どうしてもデザート感覚になってしまう。

お土産で購入したアップルパイとチェリーパイ

121123_5.jpg

アメリカらしいB級テイストの味わいだが、それが魅力でもある。

121123_7.jpg

特にチェリーパイは、ツインピークスを思い出させる一品。

121123_6.jpg

ドラマ内で、クーパー捜査官が美味しそうに食べていたシーンは印象的だった。甘酸っぱいサワーチェリーたっぷりで、もちろんザックリ大味なのだがクセになる。




関連ランキング:カフェ | 東京駅京橋駅日本橋駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
晩杯屋(居酒屋/大井町)
大井町の駅にほど近い立ち飲み屋。
行列ができるほどの賑わいぶりだ。

121130_1.jpg

そのひとつはコストパフォーマンスの高さである。
特にツマミ類の安いこと。これで本当に原価割れしていないのか?と心配になるほど。ほとんどの品が100円台なのだ。

11/22のメニュー

121130_2.jpg


11/30のメニュー

121130_1b.jpg


料理が安いのでお酒は割高に感じてしまうが、冷静に考えると十分安い

121130_11.jpg

ホッピーはもとより、ホイスやバイス、天羽の梅ハイボールを押さえているところがニクい。下町仕様フル装備だ。

121130_12.jpg


もつ煮

121130_3.jpg

普通に美味しい。玉子入りだと150円。


熟成イカ明太

121130_4.jpg

こちらも普通に美味しい。これまた150円。


かに味噌

121130_5.jpg

味噌だけかと思ったらこれだけ身が付いてくる。またまた150円。あり得ない。身は少ないものの、それなりに食べごたえがあるところが凄い。


チーズカリカリ

121130_6.jpg

チーズを餃子もしくはワンタンの皮で包んで揚げたもの。ビールのお供に最適。


なすしょうが

121130_7.jpg

半量でも十分だと思うのに、これでも130円。


カレイの唐揚げ

121130_8.jpg

こちらは更に安い110円。身は痩せ気味だが、この値段なら何の文句はない。注文を受けてから揚げていると思われる。素晴らしい!


合鴨スモーク

121130_9.jpg

臭みなく瑞々しい。しかし、150円って。


白子の天ぷらと舞茸天ぷら

121130_10.jpg

どちらも注文を受けてから揚げてくれる。いささか衣は厚めなれど2つで400円なら文句はない。というか、満足度高し。


計2回訪問したのだが、料金の安さに驚き、またそれに対するクオリティの水準に驚かされる。
もう少し取ってもらってもいいのにと、こちらが心配になるほどだ。
2人で訪問してそれなりに飲んで、@1,500円にも満たない値段で楽しめる。
恐るべし!晩杯屋!!




関連ランキング:居酒屋 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

ど・みそ(ラーメン/豊洲)
先の福包訪問から一週間が経過して、いよいよ、ららぽーと豊洲に味噌ラーメンの銘店「どみそ」がオープンした。ようやく豊洲にも、食べに行きたいと思わせるお店が開店するのは嬉しい限り。

開店時に即入店出来るように、早めに訪問。狙い通り、2組目に入ることが出来た。お店を出る時にはかなりの行列だったので、早めに出掛けた方がよさそう。

121118_1.jpg

基本的に前のお店の造りを受け継いでいるが、よりスタイリッシュな雰囲気に変貌している。

121118_2.jpg


特みそこってりらーめん

121118_3.jpg

驚愕だったのは厨房内の女の子だ。長い爪にネイルアート!!
ラーメンを運ぶだけなら何の文句もないのだが、素手でチャーシューやトッピングの具材を摘まんで盛り付けるからウンザリしてしまった。

我が家は2人とも決して潔癖症ではない。それでも長い爪の間には、普通に洗ったくらいでは拭いきれない不潔な物が付着している気がしてしまう。せめて手袋くらいはめさせた方がいいのではないか。

開店2日目だったので、手際の悪さも感じられた。
ネイルアートのウンザリ感に引きずられただけではないと思うのだが、ラーメンそのものも、本店とは随分違う印象を受けた。

121118_4.jpg

いちばんは温度。ぬるいのだ。味噌で、しかも背脂入りの品を頼んでいるのだから、温度が低いと脂が煩いことこの上ない。やけどするくらいアツアツでいいのに。

特白みそこってりらーめん

121118_5.jpg

基本的にはこちらも同様。白味噌はどうかとも思ったのだが、新作としてのアプローチそのものは悪くはないようだ。


いずれにしても、開店2日目だから正当な評価はできないまでも、せめて本店の8割くらいの出来には持っていって欲しいものだ。



関連ランキング:ラーメン | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

餃子の福包(餃子/豊洲)
ららぽーと豊洲の餃子店。

121111_1.jpg

ラーメンどみそのオープンを期待して出掛けたのだが、1週間早かった。こんな時、途方に暮れてしまう。仕方なく、こちらのお店を訪れることに。随分前に夜一度だけ訪問したことがあるが、それ以来である。


お昼の定食を注文

121111_2.jpg

好きな餃子2品に肉もやし、スープ、ライスが付いて、およそ1,000円。バランスのいいラインナップだ。

餃子そのものも、近隣では上出来と言える。特に水餃子の方が焼き餃子よりもいい印象を受けた。特に、焼き餃子より水餃子にいい印象を受けた。

121111_3.jpg

これにビールでも付ければ、そこそこ楽しめる。とは言え、ららぽーとはまだまだラインナップが弱い。今後の新店に期待したい。




関連ランキング:餃子 | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
BEPPINO OCCELI (発酵バター/ピエモンテ)
たまたまフェルミエのサイトで見つけたイタリアのピエモンテ州の発酵バター。年に1回の入荷しかないとのコメントに心惹かれ購入。

121103_1.jpg

パッケージを開けると、目に飛び込んでくるのが可愛らしい牛の刻印。また、牛乳そのもののような色の白さが印象的。

121103_2.jpg

色々と試したが、火を入れずにそのままの味を愉しむのがいちばんだ。ミルキーでベタベタした感じがなく、すっきりとした上品な味わい。これは、また来年も忘れずにチェックしたい品だ。


BEPPINO OCCELI (発酵バター/ピエモンテ)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

やなか珈琲店(コーヒー/東銀座)
昭和通りから少し築地方面へ入った場所にひっそりと暖簾を掛けている。
丁度、コーヒー豆を切らしていたので立ち寄って見ることに。

121104_7.jpg

テイクアウト専門店で店内に入ると左手にカウンターが並び、右手に生豆が所狭しと並んでいる。豆を購入し、20分ほど待つとその場で焙煎してくれる。

121104_8.jpg

この焙煎を待っている際に、その日のコーヒーをサービスしてくれるので何だか得した気分になる。


今回はマンデリンとパプアニューギニアを購入した。

121104_10.jpg

121104_9.jpg

どちらも苦味が強いコクのあるタイプと期待しての購入だったのだが、どちらも酸味が気になり、苦味もそれほど感じられなかった。また、豆を挽いた際の微粉の出方も気になった。残念ながらこちらのお店のコーヒーとは相性が悪いようだ。




関連ランキング:コーヒー専門店 | 東銀座駅新富町駅銀座一丁目駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

湯津上屋(そば/新富町)
新そばの季節である。乾いた空気に冬の気配が感じられ、いよいよ寒さが厳しくなってきた。それ自体は決して嬉しいことではないのだが、新そばの到来は大歓迎だ。

前回訪問時は、残念ながらまだ新そばではなかった。11月、新そばへの切り替わりを待っての再訪となった。

週末、こちらのお店に訪れるお客は、殆ど全員昼酒を楽しんでいるため、出遅れると軽く1時間は待つことになる。この日は、開店前に並んだお陰で何とか席を確保。


まずはビールで軽く喉を潤す。

121104_1.jpg

合いの手は山芋の醤油漬け。醤油の香りがピッと立ち、いい合いの手となった。


続いてはかき揚げ

121104_2.jpg

こちらに来ると定番となっているメニューの一つ。サクサクとした歯ごたえで、丁寧な仕事振りが伺える。
合いの手は日本酒にスイッチ。


玉子焼き

121104_3.jpg

玉子焼きの出来も上々で、このお店のストイックさを体現している一品と言っても過言ではない。


いよいよそばの登場

121104_4.jpg

この時のそば粉は北海道産が出始めたところとか。

121104_5.jpg

香りよく、ほんのりと甘みがある。今年のそばは出来がいいのかもしれない。


玉子とじ

121104_6.jpg

玉子の塩梅よろしく、そのままご飯に掛けたくなる。温かいそばだと香りは感じにくいが、これはこれで秀逸の出来。

木挽町 湯津上屋そば(蕎麦) / 新富町駅宝町駅銀座一丁目駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

2012年10月
もう師走だというのに、なかなか1ヶ月遅れの差は縮まらない。
何とか、年内には追いつけるといいのだが。。

10月の月間MVPは赤羽の「すみた」に。

121006_1.jpg

この頃は10月だというのにまだ半袖で過ごしていた。東京の夏は、年々、長く厳しくなり、秋は駆け足で通り過ぎてしまう。

すみたは十条時代に度々訪れていたが、赤羽に移転してからは今回が初めてだ。
クオリティの高さは相変わらずで、都内でも最高峰の一軒だと思う。

121006_7.jpg

うどんは艶やかな容姿で、その見た目を裏切らない喉越し、歯ごたえ、旨味を感じさせてくれる。
天ぷらやおでんなどのサイドメニューも値段が良心的で、酒呑みに優しい。


食品部門は「藤子ばあちゃんのまごごろ米」。

121028_5.jpg

毎年訪れる度に、何らかの発見がある、味百選の中で、今回の収穫はこのお米。

空腹だったゆえに試食したのがきっかけだったが、あまりの美味しさにビックリ!

炊き上がりのツヤ、モチモチとした食感、ほんのりと上品な甘み。芸術的な味わいだ。

121028_11.jpg


やっぱり、ヤマト醤油の北前船を少量垂らした、醤油かけごはんが最強だった。


2012年10月月間MVP

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。