Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
串かつでんがな(串かつ/亀戸)
亀戸餃子を後にして、買い物を済ませると、丁度喉も乾いてきた。

本来のお目当てだったこちらのお店の前に戻ってくると、すでに暖簾が掛けられていた。

120715_6.jpg

入口にデンと構える大きな海老のオブジェがお出迎え

120715_7.jpg

お昼の特典として、ドリンク1杯+3串で500円台。餃子3皿やっちゃったけど、串3本なら食べられそうだ。ドリンクも付いてくるならちょっとしたお茶代わり。やっぱり、入ることに。

ドリンクのサワー

120715_8.jpg

お約束のメッセージ

120715_9.jpg

お通しでキャベツが付いてくる

120715_10.jpg

串3本

120715_11.jpg

ナス、牛肉、うずらの卵の3種類。
可もなく不可もない感じか。いずれにしても、500円台なら文句はない。



関連ランキング:串焼き | 亀戸駅亀戸水神駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト
亀戸餃子(餃子/亀戸)
この2ヶ月、亀戸に行く回数が飛躍的に増えたにも関わらず、そしてお店の前を幾度も通っているのに、何故か暖簾をくぐることはなかった亀戸餃子本店。

とはいえ西大島店や錦糸町店には足を運んでいるので、気分的にはしょっちゅう亀戸餃子を食べている感じで、どれだけ好きなんだというほどブログへの登場回数が多い。
もちろん好きなんですけど、餃子部門No.1ってわけではない。

この日もお目当てのお店は別にあった。しかし早く到着しすぎて、30分以上時間を潰す場所が必要だったのだ。気温は30℃超。照りつける日差しと空腹に負けた。亀戸餃子は開店直後で、並ばずとも入店出来たことも要因として挙られるか。

120715_1.jpg

餃子と言えば、これがなくっちゃ

120715_2.jpg

まずは2皿。

120715_4.jpg

醬油皿には自家製のラー油と共に練辛子が添えられる。

120715_3.jpg

さすが本店。餃子そのものは系列店と比較しても一番いい。皮がパリっと香ばしく、ジューシーな仕上がり。

まずはお酢だけを掛けて頂く。餡に旨みがあるせいか、これがさっぱりとしてなかなか良い。続いてお酢プラス醬油。更に辛子醬油、ラー油と醬油等、変化をつけながら頂くと、いくらでも食べられるような気がしてくる。

もやし

120715_5.jpg

これにはラー油をひとたらし。3皿以上注文するとサービスで供される。

久々の本店。満足した。


亀戸餃子 本店餃子 / 亀戸駅亀戸水神駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ホルモン青木(ホルモン焼き/亀戸)
この日は裏を返そうと思い、ホルモン青木へ出掛けた。

ここは一度訪問すると、次回割引のサービス券を貰えるので、更にリーズナブル。

120624_19.jpg

今回はホッピーから。

120708_1.jpg

前回と同じメニューはホルモン盛り合わせのみ。これ以外はすべて違う品を注文した。

ホルモンの盛り合わせは一人一皿で。少しずつ色々な部位を頂けるのはいいのだが、二人で分けられないものがあったため前回の心残りだったのだ。

120708_3.jpg

やはり、色々な部位を少量ずつ満喫できて実にいい。


この日のサイドメニューはキャベツ

120708_2.jpg

そのままでも微妙な塩味が付いている。前回のもやしも良かったが、こちらもいい合いの手になる。


特Aしま腸

120708_4.jpg

前回の塩ホルモンと違って、こちらにはポン酢タレは付かない。
塩ホルモンに負けず劣らず旨いが、ポン酢がある分、塩ホルモンに軍配か。

120708_6.jpg

ハラミ

120708_5.jpg

十分に美味しいのだが、前回のヒレのほうが個人的には好み。

この日は一人約2,000円と非常にリーズナブル。それでいて、満足度は高い。

次回はこれまでの経験を更に踏まえて、単品のみで挑戦したい。そうであるなら4人くらいで出掛けたほうが、攻め手が増えて良いのだが。。。




関連ランキング:ホルモン | 亀戸駅亀戸水神駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

越後屋八十吉(焼魚/東銀座)
晴海通り沿いにあるお店。
店先には常に薫煙が漂っている。運良く空いていたので入ってみることに。

120714_1.jpg

まず、入ってすぐに会計を済ませることになる。メニューはアジの開きやホッケなど、スタンダードながら目移り必須のラインナップ。入口で見かけたホッケが特に美味しそうだったのだが、迷い悩んだ挙句、あこう鯛の定食を。

120714_2.jpg

番号札がわりに香車のコマを渡される。

120714_3.jpg

出てくるまでに10分から15分。お待ちかねのお膳が供された。

120714_4.jpg

あこう鯛の表面はカリッと香ばしい焼き上がり。それでも、炭火効果で身はしっとりのホクホク。

120714_5.jpg

ご飯や味噌汁まで手抜きがない。これなら最初から大盛りにしておくべきだったかと少し後悔した。周囲を見渡しても、お代りを依頼する人続出。

120714_6.jpg

一番安いアジの開きは680円から。あこう鯛でも880円だ。この場所で、この質で、この値段。良質廉価な佳店である。



関連ランキング:居酒屋 | 東銀座駅築地駅築地市場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
きつねや(ホルモン/築地)
週末の築地は相変わらずの混雑ぶり。ろくに前に進めないほどで辟易とする。しかし、目当てのお店に辿り着くために、ここを通らない訳にはいかない。

ようやくお店の前に到着するものの、7人ほどの列が。

120707_1.jpg

覚悟はしていたので素直に列へ加わる。10分ほど待ったところで、カウンター席にありつけた。

ホルモンとお新香とビール。まだ、11時台だからモーニングセットと言ったところか。

120707_2.jpg

赤味噌ベースの濃厚な煮汁がホルモンに染み込んでいて旨い。ビールがくいくいと進む。

120707_3.jpg

また、きゅうりのお新香が予想外にいい出来で、ホルモンの合いの手として外せない感じ。ご飯無しで1,200円越えだから、値段的には少し割高感を感じる。



関連ランキング:ホルモン | 築地市場駅築地駅東銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
小古食堂(ハンバーグ/東陽町)
路地裏にひっそりと佇む小体なお店。表には小さい看板があるのみ。

120705_01.jpg

いかにも美味しいものを食べさせてくれそうなオーラが濃厚に漂う。

120705_02.jpg

一軒家を改造したレストランなので、玄関で靴を脱いで入る。素足になると、不思議にほっとした安堵感が感じられる。お店はオープンキッチンのカウンターで、ご主人が作っている姿を目の前で見ながら食事を愉しめる。

120705_04.jpg

メニューはハンバーグのみという潔さ。
煮込みハンバーグなので、供されるまでの待ち時間は短い。

120705_08.jpg

見事な焼き加減の目玉焼きが印象的。黄身をいつ崩して食べるかが思案のしどころ。

120705_09.jpg

パテはとても柔らかく滑らかな食感。煮込みハンバーグのためか、ジューシーさはもうひとつだが、ドミグラソースが秀逸。優しい味わいで、ご主人の人柄が偲ばれる。

お味噌汁とお新香
120705_03.jpg

こちらはまずまずの出来。

120705_07.jpg

ご飯がもっと美味しいということなしなのだが。。。
界隈の洋食屋としては出色の出来栄え。



関連ランキング:ハンバーグ | 東陽町駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
佃喜知(酒亭/銀座)
以前から気になっていたお店なのだが、土日祝がお休みなのでこれまで縁がなかった。

120703_1.jpg

泰明小学校近くの雑居ビルの3Fに店を構えている。
かなりの盛況ぶりなので、出掛ける際は予約が必要。

120703_2.jpg

店主から勧められた刺盛りから。あいにく撮影をし損ねてしまった。
小肌は身がふっくらと肉厚で、お寿司とは違った塩梅で閉めてある。他にも、福子の昆布じめ、金目鯛、かつお、あわび、まぐろなど、バリエーションが豊富で満足度が高い。

アジの一夜干し

120703_3.jpg

こちらもお勧めに従っての注文。皮がパリっと香ばしく、頭から頂けた。日本酒が進む。


風呂吹き大根

120703_4.jpg

丁寧に煮含められていて、齧ると口の中に出汁の優しい旨味がじんわりと広がる。


つみれ汁

120703_5.jpg

トロリと口当たり滑らか。臭みなく、上品な味わいで美味。


まぐろ丼

120703_6.jpg

締めはこちらかおにぎりとなる。迷った挙句、まぐろ丼を選択。
まぐろそのものがいい。適度な量で、締めくくりにはもってこい。


総じて満足度の高い料理がいただける良店。
ただし、日本酒の品揃えがいまひとつなのが玉に瑕。



関連ランキング:居酒屋 | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

つきじ幸軒(ラーメン/天王洲アイル)
佇まいから、しばらくの間敬遠していたお店。

120706_1.jpg

ラーメンは醤油ベースの東京ラーメンタイプ。無難な仕上がりで、思ったより悪くない。

120706_4.jpg

特にチャーシュの美味しさが印象的だった。


盛り合わせ定食

120706_2.jpg

これが大当たり。チャーシューが3切れとシューマイが2個。ご飯と中華スープとお新香が付く。

120706_3.jpg

チャーシューが美味しいのはラーメンと変わらない。味が染みているので、ご飯のおかずとしても旨い。更にシューマイが秀逸の出来。具材と皮の一体感が素晴らしく、特に餡はバランスの良さが光る。
本店は築地場外市場にある。



関連ランキング:ラーメン | 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

醍醐(辛つけ麺/有楽町)
れっきとした焼肉屋店のランチで人気の「辛つけ麺」。
チェーン展開しているお店で、かつては神楽坂店などの限られた店舗でしか食べられないメニューだったのだが、ここ有楽町店では頂けるようだ。久しぶりに行ってみたら、更に辛いタイプ等、3種類のバリエーションが愉しめる様になっていた。

120701_1.jpg

麺は特製の太麺で浅草開化楼の麺を使用。

120701_2.jpg

つけ汁はチゲベースの辛みの効いたもので、ゴマが香る濃厚なタイプ。味わいはあくまでも韓国流だ。

120701_3.jpg

そのままではかなり濃いが、麺との相性がいい。いくつかトッピングをつけられるのだが、この日はゲタカルビ(100円)を追加してみた。

120701_4.jpg

これが正解!肉が想像以上に脂っぽくないところがいい。旨味も十分で味が染みていてとても柔らかい。

添えられたカクテキの酸味が、良い合いの手になる。

120701_5.jpg




関連ランキング:焼肉 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

2012年6月
6月は新名所である東京ソラマチを訪問し、自分なりに攻略法が発見でき、それなりの収穫を得た。

食生活がかなり充実した一ヶ月だった。そんな中、MVPを選出するとなると、とある料理がダントツなのだが、ブログ内で紹介していない(今のところ出来ない)ため対象外とした。
となると、月間MVPはホルモン対決である。
奇しくもレバ刺し最後の月。

結果、軍配は「ホルモン青木」。

120624_19.jpg

久しぶりに良い内臓料理が頂けた。特に盛り合わせは、どれももうひと口食べたいと思わせる量で、少しずつ色々な種類が堪能できた。臭みが無いのは勿論のこと、各々の持ち味が愉しめる。

また、サラリとしたタレが秀逸で、塩ホルモンで供されたポン酢のタレの塩梅の良さも光る。


極めつけはガリガリ君サワー

120624_13.jpg

思いっきりジャンキーな飲み物だが、見た目の豪快さといい、味わいといい、かなり衝撃的。最後はデザートにもなる優れもの。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。