Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚久(京粕漬 /銀座)
銀座松屋から築地方面に向かった裏通りにある。
1階は粕漬け等の販売を行っている店舗、2階が食事処となっている。

110825_1.jpg

メニューは840円からと良心的。期間限定で、通常メニューにはない品も。

110825_4.jpg

平日しか営業しておらず、お昼時ともなると行列が絶えない。
この日も11時を少し回ったくらいに入店したが、11時半過ぎにはもう並び始めていた。

平日にお休みをした特権を生かして・・・

110825_2.jpg

これには塩辛がついてくる。味はいいのだが、ビールとの相性は微妙。


今回は折角なので、あじみせ定食を注文。

110825_3.jpg

サイドメニューが色々とついてくるのがいい。どれも丁寧な仕事ぶりが伺える。


玉子焼き
110825_9.jpg

固めの仕上がりだが、丁寧に作られていて割と好みのタイプ。

サラダ
110825_5.jpg

お漬物
110825_6.jpg

佃煮
110825_8.jpg

メインは銀だら、さけ、かれいの三点盛り。
各々、少量ずつ頂けるので満足度が高い。

110825_10.jpg

それにしても魚類は、どれもビールとの相性は最悪と言ってよく、これなら最初から冷酒を頼んでいればよかった。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

石巻 白謙蒲鉾店(笹かまぼこ/石巻)
以前おみやげで頂いた笹かまぼこが、あまりにも美味しくて忘れられず、お取り寄せをしようと思い調べていたら、東京にも取扱店が数軒あるようだ。

近場では日本橋三越なのだが、入荷の曜日が限定されていてなかなかハードルが高い。
しかし東北応援企画で、数日間、特設コーナーが出店するとのこと。早速、出かけてみた。

笹かまぼこは勿論、それ以外には普段、置かれていないという製品を数種購入。

110822_1.jpg

こちらの笹かまぼこは、驚くほど瑞々しい食感で、プリプリというよりはフワフワ。肌目細かい生地はとても滑らかな舌触りだ。

もう一つの看板メニューは白謙あげ。こちらは生で頂いても十分美味しいのだが、軽く炙るとなお甘みが増す。

この白謙あげの変わり種を二種類購入してみた。

110822_2.jpg

これが大正解。真いかはブツブツと歯ごたえの良いイカがたっぷり練りこまれていて、味に深みを増している。

紅しょうがのサッパリとした辛みと酸味が生地にベストマッチ。生でパクッといくのがシンプルで一番美味しいかも知れないが、これはおでんに入れても最高だろう。

震災の影響で、まだ生産ラインが完全ではないという。ご苦労が多いことと推察するが、この味は失いたくないとしみじみ思う。大きなことは出来ないが、少しでも復興のお役に立つよう、我が家の笹かまはこちらで頂くことにしよう。


石巻 白謙蒲鉾店(笹かまぼこ/石巻)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

手打ちそば じゆうさん(そば/江古田)
この日は午後の仕事が殆ど無いに等しい状態だったため、厄払いというか景気付けというか、まあそんな感じで、急遽、夏ソバを手繰りにいこうということになった。
そば粉の状態は決して良い時期ではないのだが、昼酒といえばやっぱり蕎麦屋。

以前から気になっていた職場ちかくの手打ちそばじゆうさんへ。

110821_1.jpg

程良い空間に民芸調の調度品がさりげなく置かれている。店内は少し暗めで落ち着いた雰囲気。

110821_14.jpg

まずはビールで喉を潤し、お通しの揚げそばをつまみながら料理を待つ。

110821_2.jpg

110821_3.jpg

だし巻き卵
110821_4.jpg

しっとりふんわりで出汁の旨みも乗っている。

喜久酔の特純
110821_5.jpg


焼き味噌
110821_7.jpg


少し甘目の仕上がり。そばの実の粒感が心地よい。


天ぷらだね
110821_8.jpg

おそば屋さんの天ぷらとしては上々。サクフワタイプの揚げ方で、衣のバランスが良い。


喜久酔の特本
110821_6.jpg

お蕎麦は冷かけにしん(単品)と十割コースを注文


冷かけにしん
110821_9.jpg

このところ、冷かけを出すお店がずいぶん増えてきたが、これはかなりオススメ。

110821_10.jpg

甘塩っぱいにしんのエキスがキリリと冷えたツユに溶け出してめっぽう旨い。
添えられた七味は自家製とのことで、写真ではあまり発色が良くないが、みかんの香りが爽やかな逸品。


十割そば
110821_11.jpg

1年で最も香りが弱い時期のはずだが、なかなか芳醇。上品な細打ちでなめらか。


にしんそば
110821_12.jpg

温かいかけも勿論悪くない。


甘味は小豆寒天
110821_13.jpg

ふりかけられたきな粉も自家製とのこと。この香りが濃厚で驚いた。


新そばの頃、ぜひ再訪したい一軒。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 東長崎駅新江古田駅江古田駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

箱根ベーカリー(パン/銀座三越)
お盆休み中、期間限定で銀座三越に出店していた。

110820_1.jpg

110820_2.jpg

110820_3.jpg

今頃お知らせしても・・・とは思うのだが、かなりオススメの一軒なのでUPすることに。


グリエールチーズ

110820_4.jpg

見た目はセミハードだが、しっとりフワフワの生地で食感がすこぶる良い。チーズの焼き付きの塩梅も上々。


塩バターのパン(ガーリック)

110820_5.jpg

こちらもサックリ軽い生地で、空気をたっぷり含んでいる感じ。


暁パン

110820_6.jpg

箱根暁庵のそば粉を使用。あまり写真がよろしくないが、白いツブツブがそばの実。
生地のそのものの香りもさることながら、実を噛みしめると、更に芳醇な香りと柔らかい甘みが口中に広がる。

我が家では、連休を利用して箱根や湯河原に出掛けた際、こちらのパンをお土産に買ってくるのだが、旅支度や購入した海産物などで荷物がかさばっていると、あれこれ思うように沢山は買ってくることができない。今回のように限定出店でもいいから、たまに東京に出てきてくれると嬉しい。


箱根ベーカリー(パン/銀座三越)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

ZOOT(つけ麺/浜松町)
浜松町周辺で遅めのお昼ごはんを食べようと物色してみるものの、これといったお店がない。
既に秋田屋さんは営業中。しかし、まだ飲むわけにもいかないし、仕方なくチェーンのお店にでも入ろうと思ったのだが、ちょっとだけ路地に入ってみることに。
するとつけ麺の旗が目に飛び込んできた。

110819_1.jpg

半端な時間の割にお客の入りが良いので、迷わず席についた。
店内はラーメン屋としてはお洒落な雰囲気。

110819_2.jpg

メニューや店内を見回すと、どうやらお昼はつけ麺、夜は焼き鳥屋という一風変わった業態をとっているようだ。つけ麺以外に温かいラーメンも。

つけ麺
110819_3.jpg


麺は褐色味を帯びた太めの平打ち。
シコシコした食感で弾力性があり、コシが強い。

つけ汁
110819_4.jpg

コッテリとしたダブルスープで魚介の香りが強い。
チャーシューや味玉も秀逸の出来。




関連ランキング:ダイニングバー | 大門駅浜松町駅御成門駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
浅草メンチ(メンチカツ/浅草)
浅草仲見世の混雑から抜け出し、六区方面へ歩いていると一軒のメンチ屋に目がとまった。その名も「浅草メンチ」

110814_13.jpg

ちょっと覗いてみると、なかなかいい面構えをしているではないか。

110814_15.jpg

肉の甘味が売りらしい。断面図も美味しそう。

110814_16.jpg

ソースを掛けないでもいいらしい。衣が損なわれないので、理想的と言える。

110814_17.jpg

4個購入したところ、小さめだったので、1個おまけして貰った。何と気前のいいことか。
家に持ち帰り頂いたのだが、成程、肉の旨味がしっかりと感じられる。更に味全体のバランスがいい。確かに何もつけなくても十分な味わいだ。その時の写真はついうっかり撮り忘れてしまった。

浅草に行ったら定番コースにしたい一軒。

110814_18.jpg




関連ランキング:コロッケ・フライ | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
たいめいけん デリカテッセン・ヒロ(洋食/三越前)
銀座三越が改装してからというもの、日本橋三越にはあまり足が向かなくなっていたのだが、この日はお目当ての買い物があったので久しぶりに遠征。

買い物を済ませたところで小腹が空いた。
青柳の親子丼や鯛茶漬けにも心惹かれたが、夕食が和物の予定だったため、たいめいけんでランチ。

本店とは異なり、メニューの数は少ない。
グラタンが無いならやっぱりオムライスか・・・と思ったのだが、となりの方が食べているナポリタンがヤケに美味しそうに見える。最近、ナポリタンといえばジャポネばかりだったこともあり、便乗してナポリタンを注文。

セットのコールスローサラダ

110818_1.jpg

一口目は塩が薄いように感じるのだが、食べ進むとこれが丁度良い塩梅だとしみじみ思う。キャベツのほんのりとした甘味に柔らかな酸味がベストマッチ。

ナポリタン

110818_2.jpg

まず容姿端麗だ。
具材はウインナーにマッシュルーム、玉ねぎ、ピーマンと、ごくありふれたものなのにこの可憐さはどういうことか。ジャポネばかり引き合いに出して申し訳ないが、あちらが村娘だとすると、貴族の令嬢のような趣きだ。
(念のため申し添えますが、ジャポネは大好きなお店です。)

トマトソースは甘過ぎず、酸っぱ過ぎずで、華やか且つ爽やか。
大満足の一皿だった。
これにコーヒーくらい付くとコスパも高評価なのだが・・・。

たいめいけん デリカテッセン・ヒロ 洋食 / 三越前駅日本橋駅新日本橋駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

ぴょんぴょん舎(冷麺/銀座)
お盆休みだけに、個人経営のお店はお休みのところが多い。
この日は 意中のお店2軒に振られ、途方にくれていると、ぴょんぴょん舎の看板が目に入った。

110817_1.jpg

そういえば、イートインではまだ食べたことが無い。 これはちょうど良いという事で、迷わず入ってみた。

路地裏にある小体なお店で、10人も入ればいっぱいになってしまう。
冷麺が基本だが、それ以外にもじゃーじゃー麺やチヂミ等のメニューも。盛岡の地ビールもあったが、今回は見送ることに。

ビビンバセットを注文

110817_2.jpg

まずはビビンバ。
雑穀米を使ったもので、具材のバランスがよく、ヘルシーな一皿。軽めの味付けだったので、卓上のコチュジャンを2杯投入してみたら、味にメリハリがついてGOOD!
このコチュジャンだが、島唐辛子風の味わいで、一風変わっている。

盛岡冷麺

110817_3.jpg

やはり自宅で作るものより見栄えがいい。味そのものは、いつもの美味しさだ。パック品に付属のキムチはあまり好みではないため、家で食べる時は他のキムチを用意するのだが、こちらの中に入っていたキムチは格別に美味しいという事ではないものの、スープとの相性が良い。化学調味料の後味もそれ程気にならなかった。



関連ランキング:冷麺 | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

カドクラ(居酒屋/上野)
上野のこの界隈はいつしか、立ち飲み屋が軒を連ね、昼間からお酒が頂けるありがたいエリアのひとつになった。

110816_1.jpg

連日の猛暑。やっぱり昼酒でしょ!という日には持って来い!
まずは生ビールと煮込み

110816_2.jpg

ビールは350円と値段も良心的。
煮込みは150円という安さが嬉しい。単に安いだけでなく、焼き肉屋さんが母体だけにモツの質もまずまず。


つくね

110816_3.jpg

こちらは牛肉を使ったつみれ。骨ごとミンチにしてあるのだろう。コリコリとした食感が心地よく、このお店では外せない一品。


なすの揚げびたし

110816_4.jpg

悪くはない。ま、ごく普通。



宝焼酎ハイボール

110816_5.jpg

ちょっとした酸味が暑気払いにはもってこい。


マカロニサラダ

110816_6.jpg

こういう合いの手が殊の外、染みる。


バラ肉焼き

110816_7.jpg

大昌苑秘伝のタレを使ったものらしい。肉は勿論だが、一緒に炒められた玉ねぎがほの甘く、ハイボールともよくあう。

立飲み カドクラ 立ち飲み居酒屋・バー / 京成上野駅上野御徒町駅御徒町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

みるくの樹(ケーキ/浅草)
浅草六区近くの路地を歩いている時、ふと目に留まったお店。

110815_1.jpg

ショーケースにはいぶし銀の光を放ったお菓子が並ぶ。

110815_2.jpg

どれもがクラシカルな雰囲気を彷彿とさせつつ、オリジナリティが感じられる。


シナモンシュー

110815_4.jpg

購入した時に、その場でカスタードクリームを入れてくれる。
クリームにはバニラビーンズを使わず、添加物も使っていないという。素材のクオリティがダイレクトに伝わってくる。シュー生地の表面がカリっと香ばしい。


はちみつりんごパイ

110815_3.jpg

どうやらこちらのお店のスペシャリティらしい。
焼きたてをそのまま食べても美味しいが、冷蔵庫で冷やすとパイ皮がよりサクサクになって良いと伺ったので翌日のお楽しみとした。

110815_5.jpg

なるほど、生地の食感が軽やかで油っぽさがなく、蜂蜜で煮込まれたリンゴの甘さの塩梅が実にいい。

110815_6.jpg

これはクセになりそうな美味しさだ。お遣い物にも重宝しそう。



関連ランキング:ケーキ | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
駒形どぜう(どぜう/浅草)
お盆の休みは遠出をしない事が常となって久しいのだが、外食しようと思うと休業店も多く、行く場所に困る。もっとも河岸がやっていないのだから仕方ないのだが。

我が家では、この時期にどぜう鍋を食べるのが恒例化している。
都内のどぜう鍋屋さんは、この時期、かきいれ時なので、並ぶことはあっても休みということはない。

今年は「駒形どぜう」に!

110814_1.jpg

17時を少し回ったくらいだったが、既に店内はいっぱいの人。帰る頃には行列ができていたので、17時台の訪問がおすすめ。

メニューには鍋以外にくじらを始め、鯉の洗いなど、季節の肴がいくつか用意されているので左党には嬉しい。


まずはビール。アサヒビールのお膝元だけにビールはアサヒ。
スーパードライだけではないのが嬉しい。

110814_4.jpg


味噌田楽

110814_8.jpg

柚子風味の味噌が暑い季節には殊の外染みる。


どしょうの唐揚げ

110814_9.jpg

ちょっと大雑把な感じで、味も少々大味。


どしょう鍋

110814_5.jpg

いわゆる、丸鍋。
テーブルによっては、炭火が供される。残念ながら、我々のテーブルはガスだった。

110814_2.jpg

たっぷりのネギと追加の笹がきゴボウを入れて食する。

110814_3.jpg

110814_6.jpg

110814_7.jpg

ひと口ごとに沸々と元気が湧いてくるから不思議だ。また、ネギ料理としても最高峰と言える。
タレはやや甘口なので生玉子を注文し、すき焼き風に頂くと、これまた染みる。


ビールの次は日本酒に。
三社祭のお酒(吟醸酒)を注文。

110814_10.jpg


どぜう屋さんではなぜか、「放歌禁止」の貼り紙をよく見かけるが、これまでにどれだけの放歌があったのだろうか?

110814_12.jpg




関連ランキング:どじょう | 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅蔵前駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

香味徳(ラーメン/銀座)
提灯に書かれている「牛骨ラーメン」の文字が以前から気になっていた。もしかして、がんこ系?とも思ったのだが、どこか風情が違う。

110809_1.jpg

メニューをよく見みると、鳥取ラーメンらしい。馴染みがないので、ピンと来ない。面白そうなので入ってみることに。

店内はカウンターのみの小体な造り。11時を少し過ぎた時間帯であったが、既に満席。
最初、入口にほど近い席に座ったのだが、奥に空席が出来るとそちらを勧めてくれる。ラーメン店では珍しい気遣いが嬉しい。

休日の昼下がり、こう暑いとビールは外せない。

110809_3.jpg

生が300円という良心的な価格がいい。
しかも、サービスでメンマが付いてくる。こういうところも心憎い。

110809_2.jpg

これとは別におつまみ用として、皿ワンタン(汁なし)を注文

110809_4.jpg

どちらにも水菜が彩りを添えている。
汁なしなので、乾きやすいが、ビールの合の手としては申し分ない。

香味徳ラーメン

110809_5.jpg

牛骨スープの定番メニュー。スープは澄んでいて透明度が高い。
ひと口すすってみると、確かに牛骨独特のコクと香りが感じられるスープだ。良質なコムタンスープの様な趣き。塩気もぴったりと決まっていて旨い。

110809_6.jpg

細めの麺との相性もよく、チャーシューにはシットリ味が染みていて丁寧な仕事ぶりが伺える。

110809_7.jpg

こちらも水菜がアクセントになっている。


冷やし中華

110809_8.jpg

ごまダレ風味の冷やし中華なのだが、実に塩梅良く、程良くパンチが利いている。この夏頂いた冷やし中華では一番かも。

欲を言えば、冷たいチャーシューの脂が気になるので、トッピングする前に軽く温めてくれると嬉しい。

全体的にはサービスを含めて、銀座でも好感が持てる一軒。



関連ランキング:ラーメン | 銀座一丁目駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かねます(酒亭/勝どき)
新しい店舗に移って初めての訪問。

110806_1.jpg

以前は、16:30開店だったので、その時間を目指して出掛けたら、何と既に満席。ギリギリで入口近くの場所に割り込めた。
どうやら、今は15:00代から営業しているらしい。

かねますと言ったらやっぱりこれ!ハイボール!!

110806_2.jpg

久しぶりに飲んだのだが、自宅で再現したものとかなり近い印象を受けた。だいぶ前に当ブログでも紹介したDancyuのレシピは良くできているということだろう。猛暑厳しき折柄、また自宅でもやってみよう!

はもきゅうり

110806_3.jpg

はも皮の歯ごたえ良く、甘辛いタレにキュウリの酸味がマッチしている。


もろこし豆腐

110806_4.jpg

かねますらしい変化球。
フレッシュコーンを裏ごしして香り高く仕上げた変り豆腐の横には、なんと牛肉の冷しゃぶ!かなり豪勢な一品。濃厚なごまだれが美味。


おこぜの唐揚げ

110806_5.jpg

定番の一品。しっかり骨まで火通しされているので、バリバリと頭までおいしい。

110806_6.jpg

ハイボールが進む。


冷やしトマト

110806_8.jpg

素っ気ない品名に躊躇していたのだが、ここはかねます、きっと想定外のヒネリがある筈!と注文。

110806_9.jpg

これは正解だった。トロリとしたジュレ状のダシに浮かんだトマトは肉詰めとなっていて、シットリふんわり煮込まれている。ショウガの香りが効果的。身構えていたとおり、ただの冷やしトマトではなかった。
流石!


生湯葉

110806_7.jpg

締めに定番の生湯葉を注文。相変わらずクオリティが高い。


かねます 居酒屋 / 勝どき駅月島駅築地市場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
2011年7月
月間MVPも2ヶ月ぶり。
7月は文句なしで萬来園に決定!

110718_0.jpg

普通に通り掛かったら、間違いなくスルーかなと思う佇まい。
そこで夜な夜な驚くような高級中国料理を供し、歴戦の食通共を唸らせているのだから、何とも不思議なお店だ。

席につくと、その日に仕入れた食材を説明してくれる。
相談の上、選択した食材をお好みの調理法で食べさせてくれる。

110718_7.jpg

食材の質の良さ、丁寧な仕事。そしてどの料理も素晴らしく香り高い。
ご主人の人柄がお皿に体現されている。
基本的に優しい、穏やかな味わい。
留学から戻られたご子息との丁々発止のやり取りや、気配りが行き届いた奥様のサービスも店の魅力。

値段は高いが、しばらくするとまた食べたくなる、麻薬的なお店といえよう。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

本家 본가(ウサムギョプ/明洞 ソウル)
仕事でソウルへ。
いきたいお店はまだまだ沢山あるのだが、前回足を運んだ本家に再訪することに。


ウサムギョプ

110706_1.jpg

この薄い牛肉のサムギョプサルが何とも旨い。


サンチュ類が豊富なのもポイントが高いところ

110706_3.jpg


これはソウルに行くたびに食べたくなる逸品

110706_2.jpg


ムルキムチ

110706_4.jpg


勿論、締めはチャドルテンジャンチゲ

110706_5.jpg

結局、前回と食べた物は何もかわりばえしない。
それでも十分に満喫した。


本家 본가
ソウル市中区忠武路2街62-5
서울특별시 중구 충무로2가 62-5
TEL 02-776-9865
営業時間:平日11:30~24:00 L.O22:30 土:14:00~ 日:14:00~22:00 L.O 21:00

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

萬来園(中国料理/大井町)
昼は一般的な価格での営業を行っているが、夜は高級中華料理店へと様変わりするお店。

110718_1.jpg

事前情報で、見た目は一般的な街場の中華料理店と聞いていたから驚きこそしなかったが、ここで本当に高級食材を使った中華料理が食べられるのだろうか?この期に及んでも信じがたいほど、庶民的な佇まいだ。一抹の不安を抱きつつ店内へ。
店内はカウンターのみで、10人も入れば一杯になってしまうほどだが、休日の17:00にして既に満席。年季の入ったお店だが、掃除は行き届いている。


最初は前菜の盛り合わせ

110718_2.jpg

どれもいい仕事をしていて、手抜きがない。個々に香り高く、この先の料理に期待を抱かせてくれる。
枝豆すら、中華の味に仕上がっているところが凄い。


チャーシュ

110718_3.jpg

その場で切り分けてくれるので、しっとりとして旨味も十分。八角がほんのりと香る。


モロッコインゲンのピーナッツ和え

110718_4.jpg

モロッコインゲンがかくも美味しくなるのだろうか。シャキシャキとした食感もさることながら、ピーナッツの芳ばしい香りとの相性がいい。


蒸し鶏

110718_5.jpg

こちらもしっとりとした仕上がりで、香菜がいいアクセントになっている。


大海老の山椒風味

110718_6.jpg

こちらのお店はまず素材ありき。ご主人のプレゼンで入荷している素材の説明を受け、何を食べたいかを選択。さらに、それらをどんな調理で食べるか、相談してから初めて料理にとりかかってくれる。この日は大海老をカラリと揚げて、山椒をたっぷり効かせたピリ辛タレを絡めて頂いた。これは正解!


マコモ茸の牛肉巻き オイスターソース煮

110718_7.jpg

この日の中でも特に秀逸だった一皿。まこも茸の食感とオイスターソースの香りとの塩梅が見事。


酢豚

110718_8.jpg

シンプルながら優しくも力強い味わいだ。


冬瓜の炒め

110718_9.jpg

食感の良さと香りの高さ。見た目以上に味わい深い逸品。


夕顔

110718_10.jpg

中華料理ならではの食材で、その奥深さを感じさせてくれる一皿だ。


蒸しあわびの煮込み

110718_11.jpg

これで美味しくないわけがない。既にお腹いっぱいだが、スルッと入ってしまう。


青海苔ソバ

110718_12.jpg

鶏のスープと青海苔がことのほか、よくあう。


杏仁豆腐

110718_13.jpg

本物の杏仁霜を使った本格派。それだけに香りが違う。


マンゴープリン

110718_14.jpg

濃厚な風味とすっきりした後味が特徴的。


自家製桃の甘露煮

110718_15.jpg

こちらは最後にサービスで供してくれた。お庭で取れた桃を甘露煮にしたもので、こころ安らぐ味わい。




関連ランキング:中華料理 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。