Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥茶屋別亭(親子丼/神楽坂)
久しぶりに鳥茶屋別館へ。お目当ては親子丼。

110309_1.jpg

鳥茶屋の本館と別館ではランチメニューが異なる。
本館の「鳥すき丼」に対してこちら別館では「親子丼」を売り物にしている。

別館は路地裏に店を構えているので、こちらの方が風情がある。

110309_2.jpg

今回は2階のお座敷で。靴を脱いで席につくと、現実から隔離された感があり、時間を忘れて寛げる。


親子丼
110309_3.jpg

生玉子の滑らかさと半熟玉子の旨味の塩梅が絶妙で、ダシの風味がしっかりと生きている。全体の味のバランスもGOOD!

親子丼の場合、普通盛りだと少し物足りない感じさえする。これなら大盛りでもいいかも。


お味噌汁
110309_4.jpg

しっかりと鰹出汁が効いていて、美味しい。


お漬物
110309_5.jpg


きな粉のゼリー
110309_6.jpg

きな粉の香りが高く、優しい味わい



関連ランキング:うどんすき | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

阿ら井(松花堂弁当/神楽坂)
この度の地震の被害に遇われた皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

ネット環境が復旧したので、アップできなかったネタをコツコツとアップしていきます。今回ご紹介するのは、神楽坂の「阿ら井」。

110307_1.jpg

神楽坂の裏通りにひっそりと佇むお店。この通りには懐かしい風情の銭湯があったりして生活感が漂い、表通りの喧騒とは異なった趣きがある。

お昼のメニューは松花堂弁当。

110307_2.jpg

靴を脱ぎ、お座敷で頂く。


数々の料理が彩りよく並ぶ。
110307_3.jpg

魚、肉、野菜のバランス構成もいい。 全体的に少し甘めの味付けだが、お昼の定食としては申し分ない。 ついついご飯をおかわりしてしまう。

味噌汁
110307_4.jpg

きちんとダシが取られていて美味しい。


茶碗蒸し
110307_5.jpg

さらに茶碗蒸しまで付いてくる。これは嬉しい。
最後はデザートのオレンジで締めくくる。
神楽坂界隈のランチではおすすめの一軒。




関連ランキング:懐石・会席料理 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

美味しいテンジャンチゲを自宅で!(韓国料理)
このところ我が家では、日本の味噌汁よりも作る頻度が高い韓国版味噌汁「テンジャンチゲ」。韓国かぼちゃのホバクは必須アイテムだが、ほかの具材は冷蔵庫のありもので大丈夫。韓国味噌のコクと風味はクセになること請け合い。

【材料】たっぷり2人分

110308_1.jpg

あさり10粒
じゃがいも 中1ケ
たまねぎ 1/2
ホバク 1/2本
きのこ類 適量
にんにく 1かけ
韓国唐辛子 青または赤 1本
木綿豆腐 1/2丁

韓国味噌テンジャン 40g
貝ダシダ または 煮干ダシダ 小さじ1
水 500ml

①具材は食べやすい大きさに切る。お好みで乱切りでもさいの目でも。
 にんにくはすりおろしておく。

②鍋に砂を吐かせたアサリと水を入れ火にかける。アサリの口が開いたら取り出す。

③②の鍋に貝ダシダまたは煮干ダシダを加え、具材とにんにくを投入し、沸いたら味噌を 溶き入れる。

④韓国味噌はグツグツ煮立てても風味が損なわれないのでしっかり火を通す。(7~8分) ①のアサリを鍋に戻し、韓国唐辛子も投入。一煮立ちしたら出来上がり。

110308_2.jpg

野菜がクッタリする程度、ちょっと煮過ぎくらいが美味しい。根菜類は変更可能。イモ類は止めて、大根をたっぷり目に入れても良い。留意すべきは韓国味噌の分量。メーカーによって塩分が違うので加減が必要。

110308_3.jpg

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

韓国土産
今回の韓国土産!
まずはMarket O のお菓子たち。

110303_1.jpg

日本では見かけないアイテムを中心に。今回はMarket O と同じメーカーOrionのチョコパイも購入。チョコレート系は基本的に強い。


Rotiboyの様なパン

110303_2.jpg

今回は機会がなく、ロティボーイには行けなかったが、たまたま宿泊先のルネッサンスホテルでロティボーイの様なパンを売っていた。味も似ているのだが、ホテル仕立てといった感じで上品な仕上がり。ロティボーイのほうがバター度が濃厚。


テンジャン味噌

110303_4.jpg

今回は脈ブランドではなく、上村というブランドのものをチョイス。我が家ではテンジャン、コチュジャン、サムジャンなどの調味料系では絶大な信頼度を誇る脈ブランド。さて、比較してどうだろうか。因みに値段は同レベル。


南大門市場で購入したスッカラとチョッカラ

110303_3.jpg

これが今回の目玉!!真鍮製の物に以前から憧れていたので、ついつい購入。使い込むと味が出てきそう。


にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

ハニルクァン 한일관 (冷麺/ソウル)
2009年9月にオープンしたソウル永登浦にあるタイムズスクエアに出掛けた。こちらは、E-MARTという巨大スーパーと新世界百貨店と専門店街の3棟からなる巨大ショッピングモールだ。

110302_1.jpg

今回は下調べをする時間がなかったため、当てずっぽう。昼ごはんを求めてレストラン街を歩きまわることに。意外にも韓国料理のお店が少ない。韓国の街中では考えられない光景だ。4Fまで来て、ようやく韓国料理を食べられそうなお店を発見。

110302_2.jpg

このお店にだけ人だかりがある。これは期待できるかも!と思い列に加わることにした。

メニューの先頭を飾っているのはセットもの。本来は宮廷料理のお店のようだ。

110302_3.jpg

5分くらい待って店内へ。中はかなり広いが、勿論、満席。
この日は軽目のランチを、という気持ちが強かったので冷麺を注文。

食器はどれも真鍮の器を使用している。これだけで食欲がそそられる。
まずはパッチャンから。

110302_4.jpg

110302_5.jpg

110302_6.jpg

キムチが中心で、どれも上品な味わいだ。中でもホバクのナムルが旨い。


冷麺
110302_7.jpg

メニューにはソウル式?と書かれていた。サラリと軽妙なスープは凛とした気品がある。麺はそば粉がやや少なめか。前日の焼肉で疲れた胃袋にじんわりと染み入る。

帰国してから調べたところ、李明博大統領も訪れたことがあるという、韓定食では有名なお店だった。宮廷料理というよりは懐石料理に近い感じか。いずれ機会があれば、じっくりとコースで頂きたい。


ハニルクァン 한일관 (冷麺/ソウル)
ソウル市永登浦区永登浦洞4街442 4F
서울시 영등포구 영등포동 4가 442 4F

にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

ワンコドゥンカルビ 왕코등갈비(ドゥンカルビ/ソウル)
東京ではまず食べられないソウルフードは数々あるが、中でも特に気になっていたのがドゥンカルビ。こちらはそのドゥンカルビの専門店。

110301_1.jpg

夜の9時過ぎということもあって、空席がちらほらとあった。想像よりも小ぢんまりとした造りで、このキャパでは、混雑時に入るのはなかなか難しそうな雰囲気だ。

まずは、パッチャン。
ソウルの飲食店は本当に盛りだくさんでいい。

110301_2.jpg

110301_3.jpg

生酢の様な味で、脂っこいお肉の合いの手にいい。

110301_4.jpg

韓国の焼肉店ではマッシュルームを供されることが多い。
キムチはシンプルなソウル風。

110301_5.jpg

110301_7.jpg

驚くことにスンドゥブチゲまで付いてくる。これがまた何とも言えずバランスのいい味わいで美味しいのだ。これだけで商売になるレベル。勿論、すべておかわり自由。


さあ、ドゥンカルビの登場。

110301_8.jpg
さて、このドゥンカルビとは、豚の背骨肉のこと。骨に沿って食べやすい大きさにカットしてくれる。
あらかじめ、お肉はある程度火を通した状態で運ばれてくるので、テーブルでは仕上げのみ。骨まで熱々なので、軍手にビニール袋をして手でかぶりつく。

110301_9.jpg

ほの甘いタレにしっかりと胡椒が効かせたスパイシーなテイスト。齧りつくと口中にはたっぷりの肉汁で、とてもジューシー。それにしても韓国料理で胡椒とは珍しい。

110301_6.jpg

こちらの甘酸っぱいタレにつけて頂く。


コプテギ
110301_10.jpg

豚の皮の焼肉。ゼラチン質が多く、コラーゲンたっぷり。

110301_11.jpg

カリカリになるくらいまで焼いて食するのがいい。コプテギそのものはあまり味がない。(臭みもない)
これをごま油+塩ときな粉を付けて頂く。

110301_12.jpg

塩気が足りないのが残念だが、酒の肴としては実に乙なものであった。


ワンコドゥンカルビ 왕코등갈비(ドゥンカルビ/ソウル)
ソウル特別市鐘路区廟洞164
서울특별시 종로구 묘동 164
TEL:02-766-4492

にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

2011年2月
今月は、串揚げ「莫莫」にほぼ決まり!と思っていたが、月末に出掛けた「ふた川」に。

110226_2.jpg

本格的な和食をコースで頂くこと自体が久しぶりだったが、本当に堪能した。


本日の献立
110226_1.jpg


前菜 青柳 うるい コンニャク 紫芽の鉄砲和え
110226_3.jpg

酢味噌の按配が絶妙だ。しっかりと強い味付けなのに、青柳の持つ潮の香りを損なっていない。サクサクとした食感のうるいは春の訪れを感じさせてくれる。


玉子豆腐 旨出し
110226_4.jpg

弱火でゆっくり蒸しあげるという玉子豆腐は、舌触り良くとにかく滑らか。たっぷり張られたお出汁がまた素晴らしい。


吸物 ふぐあらちり吸い
110226_5.jpg

カツオ出汁を合わせていることで、より一層ふぐの旨味を感じるのだから不思議だ。


ふぐにはひれ酒を。器も美しい。
110226_6.jpg


刺身 天然虎ふぐとしめ鯖
110226_7.jpg

ふた川では、今季のフグは今日でおしまいとのこと。ギリギリセーフで間に合った。さすが天然。プリプリの歯応えでほのかに甘い。しめ鯖を和辛子で頂いたのは初めてかもしれない。これが予想以上の好相性で驚いた。


焼物 柳鰈の若狭焼き
110226_8.jpg

12月から1月の短期間しか獲れない貴重な柳鰈の中でも、抱卵している最上級の物だった。淡白なのに旨味は濃い。


煮物 茄子の姿煮
110226_9.jpg

ふた川の真骨頂と言っても過言でない迫力の一皿。
まるごと煮含められた茄子は文字通り蕩ける美味しさ。出汁の奥に潜む唐辛子、ふわりと香る木の芽。吸物ではないのに飲み干したくなる。


食事 蟹御飯 赤出し
110226_11.jpg

110226_10.jpg

締めくくりの御飯にも隙は無い。かなり満腹だったのについついお代わりをお願いしてしまった。


グレープフルーツのシロップ漬け
110226_13.jpg


焼きカステラとアイスクリーム
110226_12.jpg

いつ伺っても新鮮な驚きと喜びを与えてくれる佳店。
今回は、いままで頂いた中でも、最高のコースだった。


関西割烹 ふた川 割烹・小料理 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。