Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菜時記(スープカレー/銀座)
銀座の裏通りにあるスープカレー専門店。

110220_1.jpg

看板を見ると食べ放題や飲み放題の文字が。

110220_2.jpg

店内は小ぢんまりとした造りだが清潔感がある。

カレーは最初に具材を選択する。今回は初めてなので、オーソドックスな路線で攻めることに決めた。「チキンカレー」。

次にスープのベースをオリジナル、トマト、とんこつ、豆乳の中から選択。勿論、オリジナルで。

最後に辛さを選択。かなり細かく設定されているが、勝手がわからないのでとりあえず辛口に。


サラダ
110220_3.jpg

待つこと約10分。ようやくカレーが運ばれてきた。

110220_4.jpg

野菜カレーではないのに、デフォルトで野菜がたっぷりと入っているのは嬉しい。スープは角のないまろやかな味わい。コクもあって美味しい。辛さは辛口だと少し物足りなかった。これなら、もう1ランク、2ランク上の辛さで丁度いいかも知れない。


ライス
110220_5.jpg

サフランライス。大盛りでも追加料金はいらないとのこと。
実際に頂いてみると、普通のサフランライスよりもバターライスに近い風味。そのまま食べても美味しいくらい香りと旨味がある。このライスがスープと合わさることで、より円やかさを生んでいるのだと思う。




関連ランキング:スープカレー | 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

京金(そば/森下)
ちょっと遅めの昼食を森下の京金で。

110216_1.jpg

平日のランチとしては少々お値段が張るが、奮発して限定10食の「そば御膳」を注文。

そば豆腐とマグロの山かけ、てんぷらの盛り合わせにもりそば又はかけそばとわらびもちが付いて2100円也。魅力的なラインナップだ。

そば豆腐
110216_2.jpg

そば粉のほんのりとした甘みが活きている。ごま豆腐より脂気も甘味もあっさりしているので酒肴に最適。しかし今日は昼から飲み呆けていられない。我慢!


マグロの山かけ
110216_3.jpg

とろろ芋はあらかじめ出汁醤油で味付けされていて、マグロはヅケの仕事が施されている。またもや昼酒気分がグッと盛り上がる一品だが、午後の予定を考えて何とか耐える。


天ぷらの盛り合わせ
110216_4.jpg

欲を言えば、もう少しカリッと揚げてほしいところなのだが、そば店の天ぷらとしては十分満足といえる。海老のほかにたっぷりの野菜。特筆すべきは干し柿の天ぷらだ。肉厚の果肉は上品な甘さで、衣の油と塩気が旨味を増幅させている。

110216_5.jpg


もりそば
110216_6.jpg

香りはもうひとつだったが喉越しは良く、ツユもキリリと引き締まっていて美味い。


そば湯
110216_7.jpg


わらびもち
110216_8.jpg

本わらびを使用しているとのことで、見た目も麗しいがお味のほうも本職顔負け。もっちりツルツルの舌触りで、添えられた黄粉と黒蜜の薫りも濃厚。

ご主人をはじめ、店員さんのサービスは気配りが行き届いていて、いかなる時も悪い気分になったことのない良店。生そばの持ち帰りにも快く応じてくれる。

京金 そば(蕎麦) / 森下駅清澄白河駅菊川駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

オジャンドン(冷麺/新大久保)
看板に掲げられた「韓国式手打ち冷麺専門店」の文字が気になっていたお店。

110219_1.jpg

このところの韓国ブームで、新大久保には新規開店の韓国料理店が数多く見られるが、こちらは古くからお店を構えているのだろう。
ディープな雰囲気を醸し出している。

メニューを見ると、冷麺専門ということではなく、サムギョプサルやプルコギ等の焼肉、鍋ものだけでなく、一品料理の品数も揃っているようだ。

それでも、お目当てはあくまでも冷麺。

110219_2.jpg

まずはこれから。

110219_3.jpg

パッチャンは全部で4種類。

110219_4.jpg

メインの冷麺が先に登場したので、麺物にはパッチャンがついて来ないのかと思ったが、さすが新大久保。現地に近いサービスが受けられる。


冷麺
110219_5.jpg

こちらのお店では刺身を入れた冷麺もあるようなので、どうやら咸興式の冷麺と思われる。

極細の白っぽい麺が特徴的。聞くと、サツマイモを使った麺らしい。
細いながらモッチリとして旨い。スープは牛骨ベースで、すっきりと優しい味わい。


ピビン冷麺
110219_6.jpg

咸興式と言えば、通常はこちらのピビン冷麺だ。
タレはサラリとしているのだが、極細麺の一本一本に良く絡まる。辛味と甘味と酸味のバランスが素晴らしい。
ここ最近頂いたピビン麺のなかでは出色の一皿。




関連ランキング:韓国料理 | 新大久保駅西武新宿駅東新宿駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

浪花串かつ専門 莫莫(串かつ/大久保)
職安通りから行くと、少々わかりにくい場所にある。
むしろ、JR大久保駅の新宿寄り改札口からの方がわかりやすい。

110213_6.jpg

店内はカウンターと小上がりがあるだけの小体な造り。
串かつはお任せコーススタイルで、ストップを掛けるまでは20種類のネタが順番に供される。

メニューを見るとお酒の値段は割と良心的。まずはビールから。

110213_8.jpg


ソースときゃべつ
110213_7.jpg

勿論、二度漬けは禁止。どうしても、ソースを足したいときは、キャベツですくって掛けるべし。

お通しのたまねぎ。
110213_9.jpg

酸味の穏やかなポン酢で品良く味がついている。辛味がなく、スルリと入っていく。


一番手は車海老
110213_10.jpg

これはソースにつけず、そのままでとのこと。

頭からかぶりつく。カリカリで香ばしい。衣の塩梅が実にいい。身は甘みがあって、油切れも上々。塩気は十分で、ほんのりとレモンが香る。てんぷら屋の車海老に勝とも劣らない。


背黒鰯
110213_11.jpg

小ぶりだが、ほんのりとした苦味が心地よい。こちらはソースを付けて。このソースが軽快な味わい。てんぷらのめごちを頂いているかのようだ。


豚玉
110213_12.jpg

豚肉とたまねぎ。こちらもソースを付けて。どのネタにも共通しているが、火の通しがいい。


スルメイカ
110213_13.jpg

かなりお上品な一口サイズだが、旨味が濃い。ソースとの相性もいい。


九条ねぎのおつまみが供された。
110213_15.jpg

天かすならぬ、フライかすが少量振りかけられている。シンプルながら実に染みる。このアイデアはいいかも。


なす
110213_14.jpg

ジューシーだが、思ったよりもスカっとした食感が残っている感じ。


ひな鳥
110213_16.jpg

こちらはソースにつけず、そのままで。
山椒の香りが効いていて美味しい。流石は関西風。鳥も山椒で頂くと違った趣で良い。


かき
110213_17.jpg

こちらもそのままで。身がふっくらとして美味。


レンコン
110213_18.jpg

当然、ソースで頂く。ここまで食べ進んでもまったく胃にもたれない。


太刀魚
110213_19.jpg

こちらにはゆずの皮を使っているのだが、これがいい。ひとつひとつのネタに気配りが行き届いている感じだ。


春菊のサラダ
110213_21.jpg

春菊の生はあまり食べた記憶がない。少し抵抗はあったのだが、食べてびっくり。臭みやアクがなく食べやすい。ジャコの香ばしさとサッパリとしたドレッシングが絶妙な相性。


牛串
110213_20.jpg

美味しいが、まあ普通。魚介類の仕掛けが鮮やかだっただけに、こちら側の期待度がやや高過ぎた。


トマトチーズ
110213_23.jpg

使っているプチトマトは湯剥きされたもの。この気配りが、この店を象徴していると言っても過言ではない。


うずらの玉子
110213_24.jpg

これをしょう油味のタレで供してくれた。これにはちょっと目が覚めた。


シシトウ
110213_25.jpg

今回はここで打ち止めにしてもらった。

相対的にどれもレベルが高く、丁寧な仕事ぶりが光る。



関連ランキング:串揚げ | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

KUA ’AINA(ハンバーガー/越谷レイクタウン)
初めて越谷にある巨大ショッピングモール「レイクタウン」を訪れた。

110213_1.jpg

噂には聞いていたが、まあ、広いこと、広いこと。
後の予定が押していたこともあり、結局、端まで辿りつかなかった。

折角なので、昼食を。ハワイに本店があるハンバーガーとサンドウィッチのお店「KUA' AINA」へ。

110213_2.jpg

メニューはバリエーションが豊富。

110213_3.jpg

サンドウイッチにも心惹かれたが、オーソドックスなチーズバーガーのセットを注文。チーズは4種類から選択が可能。今回はスイスチーズで。

110213_4.jpg

歯ごたえのあるバンズが特徴的。とにかく顎力がいる。
値段が1,000円前後のハンバーガーとしては、突出したものはないが、普通に旨い。

110213_5.jpg

むしろ、添えられたポテトは秀逸の出来で、油切れが良く、香ばしい。大抵、この手のポテトは油っぽくて閉口してしまうことが多いのだが、ここのものはサクサクと歯ごたえ良く、最後まで美味しく頂いた。




関連ランキング:ハンバーガー | 越谷レイクタウン駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ついに買っちゃった!イワタニ家庭用たこ焼き器「炎たこ」
たこ焼きが大好きだ。街を歩いてる時、焦げたソースの芳香が漂ってくると、ついフラフラと吸い寄せられてしまう。しかし、東京のたこ焼きレベルは総じてあまり高くはない。

高確率でガッカリするので、いっそのこと家で自作しようと、ついに買っちゃいました!イワタニの「炎たこ」!



いままで購入に踏み切れなかった訳は、このかさばる図体。
基本、たこ焼きしか出来ないくせに堂々とした体躯だ。
でも、カリ・フワ・トロロンのたこ焼き自作のために、とうとう導入を決意!

110212_1.jpg

バーナー部分
110212_2.jpg


鉄板に満遍なく火が行き渡りそう!
110212_3.jpg

鉄板はフッ素コートされているので使いはじめから焦げ付くことはなさそう。


ポンポンはキッチンペーパーと厚手ホイルで自作!
110212_7.jpg

ピックは鉄板のフッ素コートを痛めないように、同じくフッ素コートのもの。

いざ!
使いやすい!穴によって多少、火通りに差はあるが、入れ替えながら焼くと、外はカリカリ、内はトロロンとしたたこ焼きが上手に焼ける。

110212_6.jpg

コツとしては最初から生地をあふれるほど流さず、具を均等に入れてから継ぎ足したほうが具材が内側にきれいに収まるようだ。

普通のたこ焼きだけではなく、ごま油を利かせてチヂミ風や、ミートソースとチーズで洋風とか、アレンジメニューも楽しそうだ。



ちなみに今回のたこ焼きレシピもご参考までに。


【材料】およそ20個分
小麦粉 70g 浮き粉 30g
卵 1ケ
七福の白だし 20ml
水 350ml

たこ
紅しょうが
万能ねぎ
天かす

110212_4.jpg

①卵をボールに割りいれ、白身を切るように溶き、水と白だしを一気に入れる。
 
②粉を2回に分けて①のボールに入れる。このとき多少ダマがあっても大丈夫。
 ある程度混ぜ合わせたら20~30分ほど冷蔵庫で休ませる。

③具材を準備する。

④鉄板を強火で熱し、十分に温まったら中火に落とし生地を穴の8割くらい注ぐ。

⑤お好みの具材を満遍なく入れたら、鉄板の縁にあふれる様に生地を追加。

110212_5.jpg

⑥あふれた生地が剥がれるようになったらここからは時間との勝負!
 ピックで手早く90度回転させる。

⑦全部返し終わったらさらに90度回転。

⑧形を整えながらキツネ色になるまで焼き上げて出来上がり。
 途中、刷毛などで油をはたきながら焼くと表面がカリッと仕上がる。

☆レシピのポイントは浮き粉。粉の分量の3割程度を浮き粉にするとトロトロ感が断然違う。ちょっと割高でも必須!おススメ!



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

千の花(韓国料理/豊洲)
ららぽーと豊洲にあったスンドゥブチゲのお店が閉店となり、新たな韓国料理のお店にリニューアル。どんなもんかなと気にはなっていたが、なかなか足が向かなかった。今日ようやく行ってみた。

11_0211_1.jpg

お店のデジタルサイネージを見ると、著名な建築家の方がプロデュースしたんだとか。
韓国の白磁をイメージしているのかどうかはわからないが、白を基調にしたシンプルな店内は、スッキリと洗練されていて、韓国家庭料理のお店というよりはカフェのような雰囲気。

メニューを見るとバリエーションが豊富で、期待が高まる。

11_0211_2.jpg


カルビタン御膳
11_0211_3.jpg

一見して、色が薄い。牛骨でダシをとったものとは思えない。首をかしげながらひと口。ウーム。どこのインスタントかと思うほど味気ない。付いてくるパッチャンも申し訳程度の量で、どれもひとつまみ食べきりサイズ。11:30頃に食べたのだが、14:00には空腹を覚えた。

ユッケジャン御膳
11_0211_4.jpg

辛味は強いが、深みがない。そして後から化学的な味が追いかけてくる。何よりも、ユッケの存在が希薄すぎる。

ショッピングセンターの店舗に過剰な期待をしても仕方ないのだが、新大久保や赤坂のレベルとは雲泥の差。空前の韓国ブームとなっている現在、日本のコリアンタウンは勿論、本場韓国で舌を肥やしたオーディエンスが多いというのに。今後が心配。




関連ランキング:韓国料理 | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

オーグードゥジュール メルヴェイユ(フランス料理/日本橋)
日本橋高島屋にほど近い、路地にさりげなく店を構える。
あまり目立たないので、うっかり通り過ぎてしまった。

110206_1.jpg

初めてだったので、一番手頃な3,400円のコースを頂いた。
前菜+メイン(魚料理もしくは肉料理)+デザート+コーヒーという内訳。

パン
110206_2.jpg

もっちりとした食感で、料理と一緒に食べるのに適している。2つ目からは、クミンを練りこんだパンに変わるが、こちらも同様のタイプで香り高い。


バターには塩が添えられている
110206_3.jpg


前菜の魚介類のマリネ
110206_5.jpg

こちらはシェフのスペシャリテとのこと。
ボタンエビやホタルイカ、水ダコ、ホタテなど6,7種類に及ぶ魚介のマリネの下には、リンゴのピューレとパセリの根で作ったクーリが添えられている。リンゴのピューレの酸味とパセリの根のクーリのほろ苦さが魚介の穏やかな甘味を一層引き立てていた。


ブーダンノワール
110206_4.jpg

ブーダンノワールというと、甘めのピューレと共に食べさせるところが多いのだが、こちらのお店では、ソテーした新たまねぎの甘さがその役割を担っている。変に甘すぎないところがいい。ブーダンノワールそのものも臭みがなく秀逸。


メインはフランス産のホロホロ鳥のグリエ
110206_6.jpg

低温でじっくりと焼かれたホロホロ鳥は、身がしっとりとして柔らかく、皮目はカリッと香ばしい。絶妙な火加減だ。マデラ酒を使った濃厚なソースとの相性もいい。付け合せの野菜も美味。

桜のシフォンケーキ
110206_7.jpg

桜の塩漬けを細かく刻み、生地に練りこんで作られたもの。
下にはフランボワーズやブルーベリー等の果物と共に、ホワイトチョコレートのアイスクリームが華を添える。このホワイトチョコレートのアイスクリームの出来がいい。


オレンジのクレームブリュレ
110206_8.jpg

下に敷かれたピスターシュソースの香ばしい風味と、オレンジの爽やかな酸味、程良くキャラメリゼされたおコゲのビターな味わいがバランスよくまとまっている。


コーヒー
110206_10.jpg


お茶菓子
110206_9.jpg

最後に供されるのがフィナンシェ。中はしっとりとして、表面はカリカリの食感で旨い。

全体的にそつなく良くまとまっていて、欠点が少ない料理という印象を受けた。完成度は高く、隙がない。料理によってはもう少しポーションが欲しい気もするが、日本橋という場所柄、仕方ないか。




関連ランキング:フレンチ | 日本橋駅京橋駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
麺徳(ラーメン/東陽町)
東西線の木場駅と東陽町駅の中間を走る、大門通り沿いにあるお店。

110205_1.jpg

前から気になっていたものの、伺うチャンスがなかった。
メニューを見ると二郎インスパイア系らしさが漂う。
味噌やつけ麺もあるようだ。

110205_2.jpg

お昼前だというのに、4,5人待ちの状態。
これは期待が持てそうだ

入口で食券を購入すると、麺は太めか細めか?野菜は普通か、増しか尋ねられる。5分ほどして席についた。

カウンターには色々な調味料が置かれている。シルバーの器はにんにくのみじん切り。

110205_5.jpg

豚入りの太麺、野菜普通盛り
110205_3.jpg

二郎らしい風貌だ。
野菜は普通でも結構なボリューム。この写真では麺やチャーシューの姿形がわからない。

110205_4.jpg

麺はやや褐色をした平打ち麺。もっちりとした食感。ただ、もう少し柔らかめに茹でても良いかも。二郎系に固めの麺は合わないと思う。

スープはかなりしょう油味が濃い。というか、濃すぎる。コップ一杯のお湯で薄めてちょうどいいのではないかと思うほど。しかし、二郎のエッセンスは感じられて、味も想像よりは悪くない。
チャーシューは味が染みていて美味しい。



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

2011年1月
2011年の外食はちょっと寂しいスタートだった。
レストランで言うと新大久保の「いなかや」や銀座三越の「素饍齋」などがよかったものの、レストラン部門の月間MVPというと少し足りない気がする。

というこで、レストラン部門は該当なし。


【今月の一品】
こちらは素饍齋の「ポッサムセット」。この日頂いた、サムパプセットのプルコギがもうひとつだったので、一品部門での選出ということに。

ポッサムの豚肉そのものに香りがあって瑞々しいところがいい。
添えられたキムチとニンニクの葉の清々しい味わいと共に愉しめる逸品。

110130_10.jpg

そして、パッチャンがいい。2種類のジョンの出来は秀逸だ。
また日本において、テンジャンチゲがデフォルトで付いてくる店はそうそうない。
キムチも現地に近いシンプルな味付けで好感が持てる。


【今月の道具】

マイケルジャクソンズ ウイスキー・コニッサーズ・グラス。
キングオブ月間MVPはこれかも知れない。それくらい重宝している。というか、毎日愛用。
などと書いている今も目の前にあったりする。

110110_1.jpg

モルトの方も少しずつ紹介していこうと思います。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。