Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素饍齋 銀座三越(韓国料理/銀座)
少し前に見つけた銀座の天ぷら屋さんに行こうと意気込んでいたら、何と違うお店に生まれ変わっていた。最近、なんだか、銀座での食事運が妙に悪い。

仕方なく、銀座三越のレストラン街へ。
良さそうなお店が多いのだが、改装直後はかなり混雑していたため、敢えて足を運んでいなかった。時間がお昼前だったせいか、今日は想像していたよりも人が少ない。昨晩のサッカー中継の影響もあるのだろう。

結局、韓国料理のお店「ソソンジェ」へ。

110130_1.jpg

サムパプセット
110130_2.jpg

こちらは豚のプルコギを中心としたセットメニュー。

プルコギには多品種かつ、たっぷりの野菜が付く。
110130_3.jpg

コンセプトはいいのだが、豚肉が少し固くて旨味に欠けた。野菜はシャッキリと固めで、包んで食べたときに少し、野菜の味が立ちすぎる。自家製のサムジャンはゴマの風味が効いてくせになる美味しさ。

110130_4.jpg

パッチャンのお肉とキムチは文句ない美味しさ。
現地に近い味わいが楽しめるところが嬉しい。

110130_7.jpg


続いて、ポッサムセット
110130_5.jpg

このポッサムが秀逸。肉はしっとりとして香りが良い。添えられたニンニクの葉と醤油漬けキムチとの相性は格別で、こちらはかなりおすすめ。
パッチャンのお肉とキムチはサムパプセットと一緒。

違うのはジョンが付いてくるところ。
110130_6.jpg

ジョンは2種類で、韓国のりのジョンと通常のピンデット。どちらも見た目通り、上品なテイスト。つけだれも美味。

テンジャンチゲ
110130_8.jpg

更にテンジャンチゲまで付いてくるところがいい。韓国では当たり前のことでも、日本ではまずない。自家製のテンジャンなのか、円やかさの中にも独特の発酵臭が香る。ポッサムセットの場合、1,890円と決して、安くはない。しかし、これだけの料理が付いてきての値段なら、十分に納得がいく。日本の、しかも銀座で頂く韓国料理としたらコストパフォーマンスは極めて高い。



関連ランキング:韓国料理 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

上海生煎包(小籠包/新大久保)
新大久保から大久保駅にかけては、韓国色がやや影を潜め、中国やタイなど、他のアジアン料理のお店が増えてくる。大久保通り沿いを歩いている時、焼き小籠包のお店に遭遇。

110123_20.jpg

見るとなかなか美味しそうな面構え。
どうやら、鉄鍋で焼いているのが特徴のようだ。

110123_23.jpg

出来立てを店内の立ち食いスペースで試してみることに。

110123_21.jpg

アツアツなので、食べ方に気をつけなければいけない。せっかちに、丸ごと口に放り込むと大変なことになる。まずは上部の柔らかい皮を食い千切り、中のスープをすする。次に餡と皮を一緒に味わい、最後に底部のカリカリした食感を愉しむ。

110123_22.jpg

餡には濃い目に味が付けられているので、何もつけなくても十分食べ応えがあるが、備え付けの黒酢を付けるとサッパリしてまた良い。挽肉の旨味を吸い込んだスープもたっぷり入っている。

蒸し物とは違う、香ばしい皮の風味が悪くないのだが、長時間作り置きされた物にあたると、カリカリを通り越してバリバリになっている。店頭の鍋の様子を確認してから注文したほうが良いかも。



関連ランキング:上海料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

いなかや(韓国料理/新大久保)
前回、正月休みでフラれたハンヤンを目指したが、11:30で既に長蛇の列。これはかなりの持久戦になること必至。お腹が空いていたので、またもや見送りとなった。

さて、困った。今回は他の候補をまったく考慮していなかった。腹の虫をなだめつつ、ブラブラと歩きながら探すことに。それにしても、表通りの人気店は凄い人だかりだ。とても並ぶ気がしない。路地裏をうろうろしていたところ、「いなかや」に遭遇。

110123_9.jpg

メニューを見ると、ランチはかなりお値打ち。
前から気になっていたお店だったので本日のランチはここに決定。

110123_10.jpg

ランチメニュー
110123_11.jpg


建物はずいぶんと年季が入った感じだが、店内は小ざっぱりしている。
110123_13.jpg

テーブル席の他に、奥には大人数も入れそうな座敷席がある。
たまたま、お客が誰もいなかったので一抹の不安がよぎったものの、何となく大丈夫そうな予感が。


最初に供されたサラダ
110123_12.jpg


お箸が割り箸なのはちょっと珍しい
110123_14.jpg


続いて、パッチャンの登場
110123_15.jpg

盛りは少ないが、東京では珍しくおかわり自由なのが嬉しい。
キムチが美味しい。当初感じた不安が一瞬で消え去った。


カルビチム
110123_16.jpg

一日限定5食の品。
骨付きの塊肉を想像していたので、ボリューム的にはちと寂しい。しかし味の方は申し分ない美味しさで、シットリとしたカルビに甘じょっぱいタレがしっかりと染み込んでいる。


スープ
110123_17.jpg


海鮮おぼろ豆腐チゲ
110123_18.jpg

スンドゥブを名乗っていても、おぼろ豆腐を使用していないお店も多いが、こちらのものはトロリとしてコクのある豆腐がタップリと入り、スープによく絡まっていて旨い。
このスープのバランスがかなり良い。最近食べたスンドゥブチゲではピカ一。
なべ底には半熟の玉子が潜んでいて、これを割るとまた別の味わいがたのしめてGood!

最後にひとくちサイズの水晶果が登場
110123_19.jpg

シナモンの香りが清々しい。うれしいサービス。

どちらも1人前\780と、とてもリーズナブル。
料理のクオリティは高く、お値打ちな一軒である。




関連ランキング:韓国料理 | 西武新宿駅新大久保駅大久保駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

新大久保へ買い出し(韓国料理/新大久保)
お正月休みに購入した韓国食材が底をついてきたので、日曜日に新大久保へ買い出しに出掛けた。それにしてもスゴい人出だ。日韓友好ムードは喜ばしい限りだが、食材を買うのも一苦労になってしまった。

戦利品の数々

110123_1.jpg

キャスター付きのスーツケースは必需品。
写真左側は先日もご紹介した「ソウル市場」の参鶏湯。


キムチ家で購入したキムチ

110123_2.jpg

左上のオイキムチは顔が良かったので思わず購入。結果的には大正解。
ネギ、えごまの葉、白菜のキムチは前回からのリピート。


続いて、韓国食材の聖地「韓国広場」で購入したものを紹介しよう。
まずは、チヂミ。

110123_3.jpg

シンプルながら値段も手頃で良心的なところがいい。


冷麺とビビン冷麺
110123_4.jpg

良かったら詳細は後日レポートしたい。


ホバク(韓国かぼちゃ)と青唐辛子
110123_5.jpg

テンジャンチゲには欠かせない品々だ。


ごま油
110123_6.jpg

日本の上品なごま油だと少し物足りない時がある。こちらは香りが強く、韓国料理でも定番のごま油。


続いて、韓流バザールにて「Market O」のチョコレート菓子を購入。

110123_8.jpg

本当にこのメーカーの商品はいい。特にこのチョコクリスピーは、今まで日本未発売だった商品。


おんどるにて「チャプチェ」を購入

110123_7.jpg

今回は、こんなラインナップ。とにかく最低でも3軒はハシゴしないといけないので、帰宅するとドッと疲れて、その日は購入したお惣菜が中心の夕食になってしまうが、食卓は賑々しく愉しい。
よし!明日からは気合を入れて韓国料理をバリバリ自作するぞー!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

銀座さとう(メンチカツ/銀座)
昨年、吉祥寺のさとうに行った際、あまりにも長い行列に凹んで、買う気になれなかったメンチのリベンジを銀座店で果たそうと、満を持して出掛けた。

実はお正月休み中、下見は済ませていた。というか、開店していたら当然、購入しようと思って通りかかったのだが、ビックリするほど長い正月休み中だったのだ。

110122_4.jpg

店内はカウンターがあるのみで想像以上に狭い。肉類の販売は行っておらず、揚げ物が3種類とビーフカレーとメンチカツバーガーのみと、商品はかなり絞りこまれている。

110122_5.jpg


元祖 丸メンチカツ
110122_6.jpg

この日はたまたまだったのかも知れないが、並ばずに買えるのは嬉しい。勿論、味は折り紙つき。


牛串カツ
110122_7.jpg

ラードの香りが芳しい衣はカリカリでサクサク。具の牛肉も大ぶりで美味しい。

110122_8.jpg


元祖 丸メンチカツバーガー
110122_11.jpg

いままで食べたことがないメニューなので、ある意味、今回一番楽しみだったひと品。甘口と辛口の2タイプがあるが、こちらは辛口の方。

110122_9.jpg

丸メンチにたっぷりのソースが掛かっただけで、他の具材はない。このシンプルさがいい。


中はこんな感じ
110122_10.jpg

紛れもなく、さとうのメンチカツだ。出来立てを買って、その場で頬張るのが良さそうだ。




関連ランキング:串揚げ | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

いし井(つけ麺/銀座)
久しぶりに共楽のラーメンを食べようと勇んで出掛けたのに、何とお休み。
すっかりショボくれて、どうしたものかと辺りを見渡すと、かつてまぐろ人があったあたりに
つけ麺の看板が。

110122_1.jpg

気持ちはすっかりラーメンモードだったので、お店の前に行ってみると、お客の入りもまずまず。他にノーアイデアだったため、入ってみることに。

メニューは大きく、中華せいろという名称のつけ麺系と、中華そばと謳っているラーメン系の2種類だ。ここは看板を信じて中華せいろを注文。

カウンターに座り、貼り出されたお店の但し書きを眺めていると、すだちや黒七味の説明が書かれている。
むむ?これはめん徳つじ田出身の人か、つじ田の別名支店だろう。麺箱を見ると、つじ田と同じ製麺所の名前が。間違いない。

110122_2.jpg

正しく、つじ田の麺を彷彿とさせる喉越し。つるつるとした歯ごたえで、味わいも同様。

110122_3.jpg

つけ汁はつじ田よりも少し軽めで、すっきりとした印象を受けた。ただ、ベクトルは一緒。少し魚粉の粉っぽいところが気になった。

好印象な点は調理場が清潔なことと、注文ごとにチャーシューを切り分けること。こういう丁寧な仕事は好感が持てる。次回は、普通の中華そばをたべてみようか。



関連ランキング:つけ麺 | 銀座一丁目駅東銀座駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

SAKURA(ケーキ/豊洲)
昨年12月にオープンしたパティスリー。

110119_0.jpg

ケバいピンク色の外観にちょっと気後れをして敬遠していたのだが、意を決して入ってみることに。店内にはパティシエの経歴が飾られていて、よく見るとパリで修行し、いくつかのコンクールで賞も受賞した方らしい。これは期待が持てそうだ。

焼き菓子やショーケースに飾られたケーキ類も見た目がいいので、より一層、期待が膨らむ。

110119_5.jpg

パリ!シュー
110119_1.jpg

その名の通り、シュー生地のパリパリ感を楽しませてくれそうな一品。シューというよりはパイの様な食感で、それ自体は悪くない。しかし、カスタードはコーンスターチの量が多いせいか、もったりと重く、バランス的にはちょっと?


スフレロール
110119_4.jpg

看板商品のようなので購入してみた。スフレと名乗っているから、もう少し軽い生地で、口溶けの良いロールケーキを想像していたのだが、スポンジはごく普通、クリームはカスタード同様に重い感じが否めない。


ミルフィーユ
110119_2.jpg

濃い目に焼き色がつけられたパイは香ばしく美味しいのだが、こちらのクリームもシュークリームと同様でもったりと重い。


ミステール
110119_3.jpg

こちらがそのコンクールで優勝した作品らしい。確かに創意工夫が見られて面白い。チョコムースの中にレモンクリームが潜んでいたり、細かく刻まれたピスタチオがコクを添えたり、賑やかなケーキだ。特に、下に敷かれているパフ入りのチョコレートがサクサクとしてかなり良いが、ここでもムース類が固すぎで、スポンジは重い。味の方向は悪くないのに、全体としてのまとまりに欠ける気がした。

どれも容姿はいいし、潜在能力の高さは窺い知れるので、ひとつ、ステージが上がると、かなり化ける可能性を感じさせてくれた。今後に期待したい一軒。



関連ランキング:ケーキ | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

蕎楽亭(そば/神楽坂)
神楽坂のメインストリートから奥まった場所にさりげなくお店を構えている。お昼時ともなると少し待たなくては入れないこともしばしばだ。

110118_1.jpg

天ぷらは修行先の松翁同様、揚げたてを供してくれるスタイル。車海老はいけすの素材を使用している。

110118_2.jpg

薬味は、ねぎと本わさびに大根おろし。

110118_3.jpg


二色そば
110118_4.jpg

二色はもりそばと十割そばの2色盛り。もりそばは見た目でもそばの粒子が感じられて、いかにも美味しそうな顔をしている。

のどごしが良く、旨味も十分。但し、高いレベルで期待していただけに、そばの香りや甘みが若干物足りない気がした。

ツユはやや薄口ながら、キリリと締まっている。
十割そばはしっかりとそばの旨味が強い。喉越しも滑らかで秀逸の出来。

そば湯はポタージュ状になっていているが、口当たりはサラリとして美味しい。

110118_5.jpg

平日の昼休みだと、当然、酒抜きなので少し淋しい。やはり、天ぷら等をつまみに、一杯やりたくなるお店だ。

画像を整理していたら、昨年末に訪れたもののアップするのを忘れていたのに気づいての更新なので、残念ながら月間MVP候補からは対象外。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

自宅で、もつ鍋「がんこ」 2011
こう寒い日が続くとどうしても鍋物が多くなる。

我が家では水炊きやフグなど、和食らしい鍋から、チゲやプルコギなどの韓国料理に至るまで、色々な鍋を自作して食べるが、この季節になると欠かせないのが、新橋のもつ鍋「がんこ」のテイクアウト。お店で材料を購入して、自宅でゆっくり愉しむのがすっかり定着してしまった。この冬2回目となる。

もつ鍋にいく前の前菜として、2品購入。
まずは酢モツ。

110116_7.jpg

ポン酢ベースの味付けですっきりとしている。ビールのお供にもGood!


牛すじ煮込み

110116_6.jpg

コラーゲンたっぷり。濃厚な味がしっかりと染みていて旨い。焼酎や日本酒に最適。


さあ、もつ鍋である。
まずはスープを造り、ニンニクともつを投入。

110116_0.jpg


たっぷりのキャベツとニラを乗せ、唐辛子を振りかけて火にかけるだけ。野菜の量の多さと手軽な調理方法がいい。

110116_1.jpg


最後は全体を混ぜあわせれば完成。

110116_2.jpg

もつが美味しいのは勿論のこと、キャベツがすこぶる旨い。特にクタクタになった芯は甘みがあり格別だ。締め用に人数分のちゃんぽん麺も付属している。

しかし、ここで使用するスープは2/3ほど。残ったスープをキレイに漉し、未使用のスープを合わせて、もう一度楽しめる。前回は豚肉で試したので、今回は鶏肉を使った鍋を作ってみた。

スープに生の腿肉を投入。かぶせるようにキャベツを入れて煮込む。
くったりとしてきたら、鶏肉のタタキ団子と椎茸を加えて完成。

110116_5.jpg

ここでの秘密兵器は餃子の皮。生のまま、広げて入れて、具材として頂くのだ。これがスープの旨味を吸ってトロリと旨い。ほうとうの様な味わいとでも言おうか。あまり厚めのものではなく薄いもののほうがオススメ。掴みにくくはなるがワンタンの皮でも美味しい。

博多もつ鍋 がんこ もつ鍋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

エコール・クリオロ(千川/ケーキ)
エコール・クリオロで新しく発売されたショコラを購入した。

110115_1.jpg

レストラン評論家の来栖けい氏との共同開発で生まれた商品。
氏が選んだのは「グランクリュカフェ」というコーヒーで、それにサントスシェフのキャラメルを合わせている。

110115_2.jpg

口当たりがとてもなめらかで、キャラメルの存在がショコラに複雑味を与えている。全体に程良い酸味が感じられる一方、トリュフのような香りも感じられる。お値段はそれなりにお高いが、流石に美味しい。


イチゴのロールケーキ
110115_3.jpg

こちらのロールケーキはちょっと??が付く。

110115_4.jpg

全体的にクリームの量が少ないこともあるが、スポンジがパサパサしていている。もう少し、生地にしっとり感があるといいのだが。。



エコール・クリオロ 本店洋菓子 / 千川駅要町駅東長崎駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

ジャポネ(スパゲティ/銀座)
久しぶりにジャポネへ。
タイミングがよかったので、待ち人数も5,6人程度と運が良かった。

並んでいる間、たまには「インディアン」にしてみるか、などどいう浮気心が頭をもたげるも、やっぱり「ジャリコ」が恋しい。

てなわけで、ジャリコの大

110113_1.jpg

この醤油味テイストが妙に染みるのだ。
それにしても、あれよあれよと余裕の完食。
まだ、レギュラーくらい食べられるのではないかと思うほど。
…ということは横綱か?

イカンイカン、胃が完全に大きくなっているようだ。


ジャポネ パスタ / 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

マイケル・ジャクソンズ ウイスキー・コニッサーズ・グラス
以前、住んでいた場所が目白駅から自転車圏内だったので、「田中屋」さんという酒屋によく通っていた。このお店は、洋酒の品揃えが特に素晴らしく、ボーナス時ともなると、日常では中々手を出せない高めのモルトウイスキーやラム等を買ったり、量販店では見たことのない珍しいリキュールなどを試したりしていたのだ。

しかしある時、お店が急に閉店してしまった。それ以来、行動圏内で琴線に触れるお店に巡り合えず、しばらくモルト熱が沈静化していたのだが、2年ほど前、三鷹から吉祥寺までブラブラ歩いていた時、お酒の安売り店風情の「かめや」というお店に遭遇。

入っていみると、モルトウイスキーを初め、洋酒の品揃えがすこぶる良い。値段も良心的なので、すっかり気に入り、このエリアを訪れた際には必ず覗いている。

先日、三鷹に出掛けた際にも立ち寄ったのだが、とあるグラスに目が留まった。

それが、今回紹介するマイケル・ジャクソンズ ウイスキー・コニッサーズ・グラスである。
いかにもモルトに適していそうなボディラインもさる事ながら、香りを逃さないための蓋も魅力的だった。

110110_1.jpg

しかし、それにしてもマイケル・ジャクソンって?
パッケージにプロデューサーらしき方の写真があるが、勿論、先日急逝したキングオブポップスであるはずもなく、髭を蓄えた年配の白人。
こういうものは出会った時が買い時、何かの縁と思い、モルトウイスキーと一緒に購入した。

足のところにはマイケル・ジャクソン氏のサインも。勿論、写真の氏のものだ。

110110_2.jpg

帰宅後、くだんの田中屋さんで購入していた「モルトウイスキー・コンパニオン」なる本の著書だったことが判明。なるほど、この世界では著名な方らしい。
あとで調べて分かったことだが、数年前に亡くなってしまったらしく、この本も手に入りづらくなっていた。

さて、グラスの話に戻るが、我が家にもチューリップ型をしたグラスがあるのだが、実際に比較してみると、香りの立ち方がまるで違う。そして、舌への着地点もいいから、より甘みを感じる。

以前、リーデルのワイングラステイスティングで聞いた話だが、グラスの形状によって最初に舌にあたる場所を変えているらしい。モルトでもまったく同様のことが言えるようだ。

やはり、道具との出会いは大切で、これを期に、再びモルトウイスキーへの情熱がふつふつと湧いてきている。今年はモルト元年になりそうな予感。


こちらのサイトからも購入できます。



マイケル・ジャクソンズ ウイスキー・コニッサーズ・グラス
(かめや/吉祥寺)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
シカール(インド料理/木場)
少し話が遡るが、今年はいつもより少し出遅れ、3日に初詣へ出掛けた。
我が家は、富岡八幡宮に詣るのが新年の恒例となっている。

110103_1.jpg

帰りに近隣でランチのお店を物色したのだが、いまひとつピンと来ない。結局、木場の方まで足を延したところ、永代通り沿いでインド料理屋に遭遇。こういう時のカレーは染みそうだ!ということで入ってみることに。

110103_2.jpg

店内は思ったよりもゆったりとした雰囲気。
2色のカレーが食べられるランチセット950円を注文。
辛さはお好みにあわせて調整してくれる。今回は4段階目の辛さで。

まずはサラダとスープが供される。

110103_3.jpg

スープが意外といけたので期待が膨らむ。


カレーの登場
110103_4.jpg

おまけで豆のせんべいを付けてくれた。これが香ばしくて旨い。そのままでもいいが、カレーに付けた方が美味しい。


チキンカレー
110103_6.jpg

スパイシーというよりは、かなりトマトが濃厚な味わいで、既訪のインド料理店では食べたことがないタイプ。これはこれで悪くない。辛さは思ったほど強くはなかったので、もう一段階上のベリーホットでもいいかも。


キーマカレー
110103_5.jpg

こちらも基本的にはチキンカレーと同じベクトルの味だったので、ほうれん草等、別系統のものを注文すればよかったと少し後悔。ナンとライスはおかわり可能。結局、両方食べてしまった。ライスはちゃんとサフランライスだし、ナンも注文してから焼いてくれるのでモッチリして旨い。


チャイ
110103_7.jpg

飲み物まで付いているので、全体的なコストパフォーマンスは高い。ご主人らしきインド人の方はとてもフレンドリーで、あれこれと世話を焼いてくれる。




関連ランキング:インドカレー | 木場駅東陽町駅門前仲町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

トナリ(タンメン/丸の内)
東陽町にあるトナリが丸の内に支店を出したというので出掛けてみることに。

110108_1.jpg

11:30前だというのにかなりの行列ができていた。
これにはちょっとビックリ。
期待を膨らませながら列に加わる。

東陽町に比べてお店は広い。その半分の席数ずつの完全入れ替え制を行っている。食べるのが遅い客が一人でもいると、その客が席を立つまで、並んでいる人は立ったまま、店内に入ることが許されない。この方がお店としては捌きやすいのかもしれないが、あくまでも店側の論理。客にとってはなんら関係ないことだ。

向かいの人気店「きじ」には少し椅子が用意されているのだが、こちらにはまったくない。調理の都合もあるだろうから、空いたら即、座らせろとは言わないが、空席を横目に見ながら長時間立たされるのは不快だ。行列も無意味に長くなる。むしろ、それが狙いかとさえ感じる。


タンカラ

110108_2.jpg

一応テーブルについて、その辺の気持ちをリセットして向き合う。確かにトナリの味ではあるが、スープの化学調味料がヤケに気になる。炒め野菜も少し雑な感じで、東陽町の方が美味しいような気がする。


唐揚げ

110108_3.jpg

こちらは油切れも良く、ジューシーな仕上がり。胡椒がいい塩梅に効いていて、むしろ東陽町店よりも出来がいい!


タンつけ

110108_4.jpg

こちらが食べたくて来てみたのだが、これは微妙な感じ。
つけ麺にする分、味が濃いのはわかるが、油までもが多い。
脂ならいいのだが、油はいかん。それも炒め油なので、どうもなぁ、という感じ。

110108_5.jpg

麺はおそらく浅草開化楼のものだろうから、特に文句はないが、いかんせん油には閉口した。
これなら、東陽町店で普通のタンギョー&タンカラ+ビールを頂く方が良さそうだ。




関連ランキング:ラーメン | 二重橋前駅東京駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ごっつい(お好み焼き/新橋)
新橋駅からほど近い場所に店を構えている。入口の間口は狭いが、店内はかなり広く、大勢の客で賑わっている。

110107_1.jpg


まずは生ビールから。

110107_2.jpg


おつまみに焼き枝豆

110107_3.jpg

黒胡椒がピリリと効いていて予想以上に良い。しっかりと皮を焼いているため、豆がホックリして香ばしい。自宅でも試してみよう。


もやし

110107_4.jpg

肉味噌の塩梅が良い。これも期待以上の美味しさ。


ごっつい焼き

110107_5.jpg

この店、1番人気のお好み焼き。生地の頂上にすりおろした山芋の層がある。ふわっとした食感が新鮮な趣で、最初はかなり染みる。しかし、食べ進むうちにちょっと飽きてくる。生地そのものは出来がよいので、次回はシンプルな豚玉あたりを頂きたい。ネギの追加は必須。


ミックス焼きそば

110107_6.jpg

青ネギと半熟たまごをトッピング。太めの麺はもっちりとして、ソースも適度に染みている。全体的に味のバランスは良いのだが、玉子はなくてもいいかも。

人数が多ければ変わり種も愉しいかと思う。お店の方の感じも良い。





関連ランキング:お好み焼き | 新橋駅汐留駅内幸町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
手作り キムチ広場(キムチ/新大久保)
新大久保でもう一軒のお目当がこちらのお店。
以前、お店の前を通りかかった時から気になっていた。

110106_1.jpg

各種キムチから塩辛に至るまで20種類ほどの商品がところ狭しと並んでいる。

110106_8.jpg

トンチミ
110106_2.jpg

流石に手作りを謳っているだけあって、素直な美味しさ。漬け汁は、そのまま飲むと少し塩分が強いが、大根のいいダシが出ているので、これをちょっと薄めて冷麺に使っても良さそうだ。


白菜キムチ
110106_3.jpg

本場の味に近い感じで、嫌味がなく好感が持てる。


ネギキムチ
110106_4.jpg

これは大正解!白菜キムチに比べると辛味が強いが、シンプルな味付けでかなり旨い。


エゴマの醤油漬け
110106_5.jpg

エゴマの質が良いのか、柔らかくて繊維が気にならない。味のバランスも実に見事で、ご飯に巻いて食べるといくらでも食べられてしまう。今後も外せない一品になりそう。


干しダラの辛味あえ
110106_6.jpg

甘辛いタレの味がタラにしっかりと行き渡っている。チャミスルなどの合いの手にGOOD!


全部を食卓に並べるとこんな感じで愉しい雰囲気になる。

110106_7.jpg

単に手作りだからという訳ではなく、全体的に味付けのセンスがよいので、この界隈でキムチを買うならおすすめの一軒。種類が豊富なので毎回いろいろとチャレンジできる楽しみもあっていい。




関連ランキング:韓国料理 | 新大久保駅西武新宿駅大久保駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

ソウル市場の冷凍参鶏湯(韓国料理/新大久保)
新大久保へ出掛けた目的のひとつは食材の調達。
中でも、今回お目当ての一軒がソウル市場だ。

110105_1.jpg

前々から、こちらの冷凍参鶏湯の評判を聞いて気になっていたのだが、今回、ようやく入手することができた。

110105_2.jpg

ハーフサイズが1個780円也。結果的にはお値打ちと思う。

110105_3.jpg

作り方は至って簡単。冷凍の参鶏湯を解凍し、それを鍋で温めれば完成だ。

110105_4.jpg

驚くほどスープの出来が良い。コクがあり、口当たりはトロリと円やかで、何とも滋味深い味わいだ。疲れた胃袋にジワジワと染みる。

この値段なので、高麗人参は目に見える形では入っていないが、香りはスープに溶け込んでいる。大ぶりのナツメが甘くジューシー。塩気も程良いので追加する必要を感じなかった。

これは冷蔵庫に常備しておきたいくらいの逸品!


ソウル市場の冷凍参鶏湯(韓国料理/新大久保)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

ハレルヤ(韓国料理/新大久保)
新年最初の外食は新大久保のコリアンタウン。
お正月でも通常通り営業しているお店が多いので、今年も出掛けてみたのだが、何と、お目当ての店がお休みだった!とはいえ、いくらでも軌道修正は可能。

折角だからじっくり吟味しようと思い、普段あまり通らない道を歩いていると「ハレルヤ」に遭遇。一昔前は、よく通ったお店だが、最近はとんとご無沙汰している。これも何かの縁と思い「ハレルヤ」に。

110102_1.jpg

パッチャンは2品。まずはカクテキ。

110102_2.jpg

甘さの中にも深みがあり、これはかなりいける!


続いてもやしのナムル
110102_3.jpg

こちらも普通に旨い。料理にも期待が膨らむ。


プルコギ
110102_4.jpg

基本的にボリュームはそこそこあるお店なので、これで一人前。二人だと、肉が足りないような気もするが、倍ではちょっと多いので、これで正解。

梨をはじめ、野菜の旨味が凝縮したタレはほど良い甘さで、口当たりが柔らかい。果汁で分解された肉の脂が、薬味の野菜に溶け込み、より旨味を増す。

110102_6.jpg

韓国料理は「包」の文化。プルコギもサンチュで包むと、ヘルシー且つ美味しい。

110102_5.jpg

エンジンが掛かるとお酒もこうなる

110102_7.jpg

お酒だけでは物足りず、どうしてもご飯が欲しくなる。

110102_8.jpg

タイミング的には、少し遅くなった感はある。まだタレが十分にあるうちに注文し、ご飯を鍋に投入してスプーンで頂くといい。ご飯のオーダーに躊躇してはいけない。

110102_9.jpg

米との相性は想像以上に良い。


イイダコと野菜の炒め
110102_10.jpg

やはり、プルコギ一人前だけでは微妙に足りなかったので、追加で注文。甘辛いタレが染みる。
トッポギのタレよりは甘みを押さえて、辛味にシフトしている感じだ。
バランスが良いため、ご飯にもチャミスルにも相性がいい。


残ったご飯用にテンジャンチゲを注文

110102_11.jpg

韓国味噌の風味が弱く、合わせられた日本の味噌の味が前面に出ている気がした。かなり日本人向けにアレンジされている感じで、優しい味わいは悪くないが、これなら自宅で作ったほうが旨い。(良いテンジャン、使用してるから!)もっと本格的なテンジャンチゲを想像していただけにちょっと残念。ホバクの質ももうひとつ。




関連ランキング:韓国料理 | 西武新宿駅新大久保駅大久保駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 




我が家の元旦朝ごはん
新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

毎年、特に代わり映えしないのだが、元旦の朝ごはんを紹介します。

110101_1.jpg

黒豆、栗きんとんは築地の佃茂のもの。これを食べたら、もう他のものには変えられないほど気に入っている。きっと一生そうだと思う。


今年のお屠蘇はこれ!

110101_3.jpg

黒龍の純米吟醸「純吟三十八号」。口当たりの柔らかさ、癖の無い感じは黒龍らしさを感じさせる。しかし、かなりドライな印象が強く、もう少し旨味があってもいい気がした。ちょっと料理は選ぶかも知れない。


お雑煮
110101_2.jpg

築地の宮川で購入したもも肉とたたきを使用。これも、毎年変わることはない。年末はかなり混雑するので、昨年から前もって購入し、冷凍しておいた物だが、それでも十分旨い!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:お正月料理 - ジャンル:グルメ

2010 年間MVP
【レストラン部門】

2010年のMVPは 京味 VS カンテサンスの一騎打ち。
どちらのお店も素材にこだわり、その持ち味を最大限に活かした料理を供する。お互いに欠点らしい欠点はない。

西さんの完成されたスタイルと、まだ伸びシロを感じさせるカンテサンス。今回は西さんに敬意を表して、「京味」に決定!

素材はどれも超のつく一級品。そこには一切の妥協がない。
これらを、ツボを押さえたシンプルな調理で食べさせてくれる。

シャキシャキとした食感が愉しい、竹の子のお椀。
シンプルなのに贅沢な一品に仕上げたグリーンピースの煮物。
そして、鮮烈な美味しさの越前ガニ。

100306_6.jpg


最後の鮭ハラスご飯に至るまで、春の訪れを感じさせる料理の数々が印象的だった。


【特別賞】

2010年はより深く韓国にハマった一年だった。
その代表として、ソウルの新沙洞にある「シンミシッタン」に!

ヤンニョムテジカルビなどの肉も美味しいが、それ以上にカムジャタンは忘れられない逸品。

100410_41.jpg


【スイーツ部門】

今年食べたデザートの中で一番美味しかったものは、カンテサンスの「メレンゲのアイスクリーム」。本当の出来立てホヤホヤはこんなにも口当たりが滑らかで美味しいものか。かなり衝撃的な味わいだった。

101218_22.jpg

1年を総括してみると、我々の個人的なブームというか、その時強化したい分野の開拓に力をいれるあまり、大好きなのに少々ご無沙汰しているお店も多くなってしまった。
2011年はもう少し計画的に数々のお店を来訪したい。

今年もお付き合いのほどよろしくお願い致します。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。