Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルハウス(韓国料理/新大久保)
韓国食材の買い出しに出掛けたついでに、ソウルハウスでお昼御飯。

100509_1.jpg

ここは昔からお気に入りの一軒だが、このところご無沙汰してしまい、4,5年振りくらいになる。

100509_2.jpg

パッチャン
100509_3.jpg

どれも安定した美味しさ。
特に、豆腐を玉子でコーティングして焼いたお惣菜が、シンプルながら秀逸。

キムチチゲ
100509_4.jpg

梅コチュジャンを使用しているのか、梅シロップが隠し味なのか、独特の酸味が効いたスープが特徴的。ちょっと好みがわかれるかも。

テンジャンチゲ
100509_5.jpg

普通に美味しい。最近、日本の味噌汁より飲む頻度が高い。
一度テンジャンチゲに嵌ると、病み付きになる。
しばらく食べないと無性に恋しくなるから不思議だ。

チャプチェ
100509_6.jpg

下味のバランスが良いので全ての具材が満遍なく美味しい。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

砂町銀座商店街(食品./砂町)
連休ネタもようやくラスト。
特にこれと言った目的は無かったのだが、天気もいいので、自転車で砂町銀座商店街へ。

商店街入口すぐの場所に、種子島の安納芋を使用した大学芋&スイートポテトのお店が新登場。

100504_1.jpg

スイートポテト
100504_2.jpg

見た目は無骨だが、なかなか上品な味わい。安納芋は甘みが強く、旨みも濃厚。

大学芋
100504_3.jpg

白蜜と黒蜜、どちらかを選択できるが、白蜜の方を頂く。さっぱりと優しい甘みは、素材の味わいを損なわず軽やか。芋はもう少しカリッと揚げて欲しい感じはする。

豆腐を中心とした北海道の加工食品を販売しているお店
100504_4.jpg

とにかく値段が安い
100504_5.jpg

砂町銀座の端にあるお店
100504_6.jpg

扱っているトマトの品種が尋常でなく豊富で、クオリティも高い。
今回の戦利品は、特に稀少価値が高いという幻のトマトと、葉ぢからにんにくという、にんにくの香りがするネギ。

100504_7.jpg

前回訪れたときに無くなっていた伊勢屋さんが復活!

100504_8.jpg

ここのおむすびは空気がたっぷりと含まれていて美味しい。

100504_9.jpg

やはり砂町に来たらここのおでん種は外せない
100504_10.jpg

ずっと変わらず昭和の薫りを湛えた街、というイメージがある砂町銀座だが、久しぶりに来ると、予想以上にお店のラインナップが変わっていてびっくり。

100504_11.jpg

砂町銀座商店街(食品./砂町)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
鈴木川魚店(うなぎ/清澄白河)
この日はまず「こうかいぼう」で振られ、続く「黒船」「七福」でも撃沈。お目当てのお店が相次いでお休みだった。
空きっ腹を抱えて途方に暮れていると、鼻腔をくすぐる芳香が!
見るとテイクアウトの鰻重が800円~とあり、意外と手頃。

100505_1.jpg

天気は上々!
これはお弁当にしてもらって、木場公園で頂いたらかなり楽しいかも。
ということで、鰻重と焼き鳥を購入して木場公園に向かった。

園内に入ると、東京のお酒と陶器市が開催されていた。

100505_4.jpg

公園内でベンチを確保し、昼酒とともに。

100505_2.jpg

うなぎの質に関しては、正直あまり期待していなかったのだが、国産のものを使用しているとのことで、案外悪くない。
値段を考えれば十分と言える。タレの塩梅も辛めで割と好み。
焼き鳥は、つくねよりもねぎまの方がおすすめ。

100505_3.jpg

こういう環境で食べるとより一層美味しく感じるのも確かだが。

鈴木川魚店(うなぎ/清澄白河)
東京都江東区三好3-11-5
TEL:03-3641-7597
月、第2第3火休
10:00~19:00

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
二毛作(おでん/立石)
毘利軒の次は、これまた以前から気になっていたおでんの二毛作に入った。

100503_19.jpg

メニューを見るとおでん以外のメニューが豊富で、お酒も各種取り揃えている。

お通しと晴耕雨讀
100503_20.jpg

おでんは隣のおでん種専門店「丸忠」のものを使用している。
大根、ちくわぶ、生姜焼、厚揚げを注文。

100503_21.jpg

ダシは薄味で上品な味わい。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
毘利軒(串揚げ/立石)
この日は上野の第一物産でキムチを購入した後、バスに乗って立石方面を目指す。業平橋で途中下車。
目的はスカイツリー。

100503_1.jpg

かなりの人で賑わっている。
この日で368m。それでも下から見るとかなりの高さだ。
後300m近くも伸びるとは想像できないほど。

いよいよ立石に到着。
さすがに連休中はめぼしいお店のほとんどがお休みだった。
まだ16時頃だというのに、栄寿司はタッチの差でネタ切れとのこと。
悲しい!

結局、以前から気になっていた「毘利軒」へ。

100503_2.jpg

生ビール&串4本セットとチューハイ&串4本セットを注文。
100503_3.jpg

ご多分に漏れず、ソースの2度付けは禁止!
100503_4.jpg

注文と一緒にキャベツが供される。

100503_13.jpg

こちらはおかわり自由ではないので、うまくペース配分する必要があるのでご注意あれ。

ビールセットの3本。まずはうずら。
100503_5.jpg

玉ねぎ
100503_6.jpg

豚肉
100503_7.jpg

チューハイセットの3本。最初はソーセージから。
100503_8.jpg

エビ
100503_9.jpg

レンコン
100503_10.jpg

最後の1本は両セット共通の骨付き若鶏
100503_11.jpg

どれもいい揚げ加減で、油切れも上々。
特に最後の骨付き若鶏が秀逸。
たっぷりのソースを絡めて。。

100503_12.jpg


ここからは単品で。大阪名物土手焼き

100503_14.jpg

白味噌でじっくりと煮込まれていているので、しっかりと味が染みていて旨い。

牛筋かつ
100503_18.jpg

こちらは土手焼きを揚げたもの。これはこれで趣が変わって美味しい。

ちーちく
100503_15.jpg

ちくわにチーズが入ったもの。

なす
100503_16.jpg

なすと油の相性はいい。

牛カツとキス
100503_17.jpg

魚も意外といい。この他、オススメメニューにはサンマなどもあった。

これらほとんどの串が1本100円から150円で食べられるのが嬉しい。最終的に2人で5杯飲んで、一人1,600円とリーズナブル。
立石は本当に奥が深い。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

喜楽(ラーメン/渋谷)
久しぶりに渋谷の喜楽へ出かけた。

100502_1.jpg

12時前だというのに、早くも10人ほど並んでいる。
開店から10分くらい経過していたので、最初のお客がうまく回転してくれて、それほど待たずに店内へ。

100502_2.jpg

ワンタン麺
100502_3.jpg

以前より、麺が少し細身になった。
スープも醤油は濃いが、以前ほどの深みが感じられない。
ワンタンは相変わらずの美味しさ。

もやし麺
100502_4.jpg

もやしの火通しは抜群。
こちらの方が以前と変わらない印象を受けた。

チャーハン
100502_5.jpg

クッキリと濃い味付けで好みのタイプ。
神保町のさぶちゃんにも共通するチャーハンだ。

全体的に以前の美味しさが損なわれている気がした。麺の変化が一因かも知れない。それに伴ない、スープも深みが無くなったような気がしてならない。思い入れの大きい店だけに、復活を期待したい。

喜楽(ラーメン/渋谷)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Patisserie HATT(ケーキ/月島)
ここからはいよいよゴールデンウィークネタに。

以前から何度もお店の前を通りながらも未訪で、気になっていたお店。

100501_1.jpg

ショーケースを見ると割とオーソドックスなメニューが多い。
今回はシュークリームと月島マダムを購入。
まずはシュークリームから。

100501_2.jpg

クリームを入れた状態で販売しているシュークリームは、生地がシナシナとしている物が多くて興醒めなのだが、こちらの物は驚くほどサクサクとした食感が保たれている。

100501_3.jpg

カスタードクリームも濃厚な風味でとても美味しい。
小ぶりながら満足度は高い。

月島マダム
100501_4.jpg

こちらは思ったよりも生地がもっさりとしていて、味は悪くないのだが、個人的にはちょっと微妙な感じ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おすすめスイーツ♪ - ジャンル:グルメ

2010年4月
【レストラン部門】

ランチはコストパフォーマンスが高く、料理によってワインを変えてくれる、グラスワイン3杯とのコンビがおすすめ。
料理によっては、塩気が弱く、インパクトに欠ける皿があったり、
ここでこの素材を組み合わせる必要があるのか?と感じさせるものもあったが、全体的なポテンシャルは高い。

100425_10.jpg

週末の混雑は凄まじく、2ヶ月待ちも当たり前なのでご注意を。

【この一皿】

これは韓国から選出しようと思うが、なんとも難しい。今回韓国で頂いた料理はどれもハズレがなかったし、初めての経験も多く、新鮮な感動を覚えた。

プゴクスープ、テンジャンピビンパプ、カムジャタンの三つ巴。
特に先の2品については、日常的に食べたい料理といえる。
実際、どちらも帰国後は我が家のメニューに加わった。
シンミシッタンのカムジャタンは、自宅で真似ることはもちろん、専門店でもなかなか出逢えない美味しさだった。
ということで、カムジャタンに決定!

100410_41.jpg

いままで食べていたカムジャタンとは明らかに違う。骨の周りには肉がたっぷりと付いているし、サラリとしたスープは辛旨い。

【食品部門】

こちらも三つ巴の戦い。候補は脈ブランドのサムジャン、ロッテ百貨店のソコギの醤油漬け、ロティボーイ。
迷った末に脈ブランドのサムジャンに。

100429_2.jpg

サムジャンの王様!他の品とは比較にならないほど図抜けている。
もう他のサムジャンと浮気は出来ないほど旨い。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

ア・ニュ(フランス料理/広尾)
私達にはとても想い出深い、代官山「オ・コションローズ」の後を継いだ「ル・ジュー・ドゥ・ラシェット」の下野シェフが独立して開いたお店。
予約をしたのが2月初旬。ようやくこの日を迎えた。

100425_1.jpg

店内はモダンな雰囲気だがカジュアルではなく、しっとりと大人のムードが漂う。天井が高いので窮屈感がない。

100425_2.jpg

今回は料理3,500円のランチコースに前菜を1品追加した。

バターは2種類供される。盛られた器も美しい。
100425_3.jpg

バケット
100425_4.jpg

選んだ料理にあわせてチョイスしてくれるグラスワイン3種類のセット(3,000円)を。まずは最初の一杯目。

100425_6.jpg

ふんわりと香り高く、グラスワインにしてはいい滑り出しだ。

前菜一皿目はア・ニュのテリーヌ
100425_5.jpg

手作り感が溢れる一皿。野菜類の鮮度、下拵えが良い。テリーヌというよりも、肉の旨味がグッと凝縮したパテといった趣。バケットに添えるともうタマらない。


二杯目の白ワイン
100425_7.jpg

全く違った傾向だが、次の料理との相性はよかった。
こういう愉しみがランチでも出来るのがいい。

二皿目は空豆の冷たいスープ
100425_8.jpg

魚介のタルタルの上に、新玉ねぎでつくったアイスが添えられている。このアイスがクリーミーで程のよい塩気なので、タルタルと空豆のスープのいいつなぎ役を果たしている。
緑の葉っぱは見た目は良いが、存在意義がちょっと希薄。

魚料理はほうぼうのポワレ
100425_9.jpg

カリカリに焼かれたほうぼうに、泡立てたオマール海老のソースが絡んだ一皿。このアメリケーヌソースが、甲殻類独特の複雑な旨みに溢れていて芳醇なこと!

マダムビュルゴーのシャラン鴨もも肉のソテー白と赤のソース
100425_10.jpg

皮目はパリっと香ばしく揚げ焼きされているのに、身の内はしっとりジューシーだ。濃厚な風味の肉汁が逃げ出していないベストなソテーだと思う。ソースは2種類。ビーツを使用した甘酸っぱい赤ソースと、新たまねぎの食感を残したさっぱり白ソース。それそれ個性が立っていながら、鴨の脇役として皿の均衡を保っている。最後まで飽きることなく愉しめた。

メインの料理にあわせて、赤ワインはそれぞれ違うものが供される。こちらの料理にはかなり古めのコート・デュ・ローヌ。早朝、枯葉を踏みしめたときに立ち上ってくるような、鄙びた香りが濃い味付けの鴨と絶妙な相性を見せる。

100425_11.jpg

リー・ド・ヴォーのソテーバルサミコのキャラメリゼ
100425_12.jpg

ランチだけにリー・ド・ヴォーそのものは少し固め。素材も最上質とは言い難いが、甘みを湛えたソースは濃厚で、メインらしい一皿に仕上がっている。添えられた野菜類は、土の旨みを十分に吸収して育った良質なもの。食感が素晴らしい

こちらに合わせるワインはボルドー(サンテステフ)のワイン。
100425_13.jpg

フロマージュブランのスフレ
100425_14.jpg

注文をうけてから作り始めるため、少々待つ事になる。運ばれてきたならば、後は時間との勝負。萎んでしまわないうちに速攻で食べるべし。甘さひかえめで軽めの仕上がり。

アイスクリームとタルト
100425_15.jpg

焼き菓子もいいが、アイスクリームがなめらかで秀逸。

コーヒーの種類の多さにちょっと感動。
100425_16.jpg

かねてから、フレンチレストランでも豆から選べるようにすればいいのにと思っていただけに、この選択肢は嬉しい限りだ。この中からダルサオを注文。ローストの具合も淹れ方も、下手な喫茶店には負けていない。酷使した胃袋がすっと落ち着くような香り高いコーヒー。

100425_17.jpg

全体的にコストパフォーマンスに優れたお店と言える。人気の程が伺える。まだまだ上を狙える伸びシロがみえるだけに、今後の活躍が楽しみな一軒。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
セビョッチッ(清潭 ソウル/ 韓国料理)
ソウルネタもこれが最後。

先に紹介した「本当は教えたくない おいしいソウル107店」をよく読むと、3軒のお店が取材拒否のため、掲載できなかったらしい。
だから107軒と中途半端な軒数になったのだと納得した。
その取材拒否だったお店がここ。
本文中のわずかなヒントを頼りに何とか辿り着くことができた。

キムチチゲで有名な「チャントッテ 장독대」向かいのプジョーの裏手。

100430_26.jpg

24時間営業のお店。この日は朝食を食べに出かけた。
予想以上の賑わいに驚く。

100430_27.jpg

本来は焼肉屋で値段もそこそこ高い。

100430_29.jpg

前日のお酒が少し残っていたので、さほど食欲もない。
テンジャンチゲにしようかと思ったが、折角、焼肉が美味しいお店だからとユッケピビンバを注文。

パッチャンも盛りだくさん
100430_28.jpg

ユッケピビンパ
100430_31.jpg

何とも面構えがいいではないか。ユッケは肉そのものが美味しい。
ナムル類などのバランスも良く、秀逸の出来栄え。
これなら焼肉も期待出来る。次回は是非、夜来てみよう。

一度は諦めたテンジャンチゲ。何と小鍋でついて来た。
やっぱりこれにして正解!

100430_30.jpg

こちらも文句なしの美味しさで、具材に牛もつ、レバーなどが入っているところがちょっと変わっている。
内臓類は臭みが全く無い。余程、肉の鮮度が高いのだろう。


セビョッチッ(清潭 ソウル/ 韓国料理)
새벽집
TEL:02-546-5739
24時間営業

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

ソウル グルメガイドブックのおすすめ(ソウル/韓国料理)
このところ韓国に出かける機会が多いため、本屋でソウルのグルメガイドを見かけると、ちょくちょく購入していた。
既に5冊のグルメガイドを所有しているが、中でも一番のおすすめが、
「本当は教えたくない おいしいソウル107店」
というガイドブックだ。



韓国では、フリで入ったお店でも、悪い印象の飲食店が少ない。
むしろ日本の方が、行き当たりばったりでは失敗する事が多いだろう。

出版社に広告費を出してガイドブックに掲載されているようなお店でも、それなりにハズレはない感じだ。
しかしその手のガイドはどれも似たり寄ったりで、ディープな韓国食にハマった身には物足りない。

今回の旅行では、地元の方が日常的に食べている韓食を頂こうという目的があったので、クチコミ情報を中心に予定を組み立てたが、書籍系のガイドではこちらが一番重宝した。
紹介されている何軒かに行ってみたが、どのお店も魅力的で、かなり満足度の高い食事をすることができた。
筆者のホ・スンホさんは、日本でしばらく暮らした経験もある日韓コーディネーター。
こういう書き手の顔が見えるガイドは信頼度も高い。

↓↓こちらから購入することができます↓↓
本当は教えたくないおいしいソウル107店



ソウル グルメガイドブックのおすすめ(ソウル/韓国料理)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

タンプンナムチッ(梨泰院 ソウル/韓国料理)
梨泰院で焼肉。行き当たりばったりでお店をチョイス。

100430_15.jpg

雰囲気の良さと人の入りを見て選択。

100430_16.jpg

メニューは比較的シンプル

100430_17.jpg

パッチャンもどことなく上品な雰囲気

100430_18.jpg

100430_19.jpg

100430_20.jpg

100430_21.jpg

韓牛のリブロース

100430_22.jpg

写真ではサシがたっぷり入っているように見えるかもしれないが、
和牛に比べると脂肪は少なく赤身の旨味が強い。
韓国では、安い肉と高い肉を同時に注文すると、決まって高い肉から供される。
美味しいものは先に味わって、余裕があれば安い肉を食べればいい、という考え方らしい。

この肉は胡麻油と岩塩のみで頂く

100430_23.jpg

肉そのものの味がいい。いい素材には余分な調味料がいらないのも万国共通だ。

テジカルビ
100430_24.jpg

これはこれで十分美味しいのだが、こちらを先に食べていたら、韓牛の微妙な味わいが損なわれたかもしれない。
しかし、今まで日本の焼肉店では逆の順番で、徐々に肉質をグレードアップして頂いていたのだが。果たしてどちらが正解か?

締めは冷麺
100430_25.jpg

緑色の麺はちょっと異色。ほうれん草、もしくはクロレラを練りこんでいるのだろうか?
食感や香りではよく分からなかった。
つゆは見た目よりもしっかりと濃い味付けで力強い。
焼肉を食べた締めには最適。

タンプンナムチッ(梨泰院 ソウル/韓国料理)
단풍나무집
ソウル市 竜山区梨泰院洞166-1
TEL:02-790-7977
11:30~22:00
旧正月・秋夕休

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
乙密台(孔徳 ソウル/韓国料理)
ここからは番外編。
ちょっと前、韓国へ行った際に訪れたお店を紹介します。
まずは冷麺専門店の乙密台(ウルミルテ)から。

地下鉄の孔徳駅を降りるとその上がLOTTE CITY Hotelになっている。

100430_1.jpg

このビルにはLOTTE Superが入っていているので買い物にも便利。

100430_2.jpg

ここから6号線大興駅(Deeheung)の方へ歩いていく。

100430_3.jpg

しばらく行くと学校が見えてくるので、それを越えてしばらく進む。
右へ曲がるポイントだった、目印のお店がなくなっていたため、結局、大興駅まで行ってしまった。

ようやくお店に到着。
100430_4.jpg

100430_5.jpg

大行列を覚悟していたのだが、時間帯が14:00と少し外れているせいか空いていた。

薬味類は綺麗に整頓されている。
100430_7.jpg

テーブルにつくと、やかんに入ったスープとお漬物が運ばれてくる。
100430_6.jpg

このスープが滋味深くて癒される。料理への期待がグッと膨らむ。

100430_8.jpg

メニューはいたってシンプル
100430_9.jpg

まずはピンデット
100430_11.jpg

こんがりといい焼き色をしている。こうばしい香りが食欲をそそる。

タレ
100430_12.jpg

ピンデットにはひき肉が入っていて、中はふんわりとジューシー。
一人で頂くには結構ボリュームがあるが、必ず注文すべし。

100430_13.jpg

いよいよ水冷麺の登場
100430_14.jpg

シャリシャリと氷状になったスープは先程の温かいものとは印象が変わり、凛とした趣。
麺はそば粉を多く使っているのだろうか。
いいお蕎麦屋さんの田舎そばを彷彿とさせる仕上がりで、旨みがある。

サッパリと素朴な味わいなので、少し肩透かしを食った感がないではない。
終盤戦にはキムチを投入して頂いた。

100430_10.jpg

乙密台 을밀대(孔徳 ソウル/韓国料理)
ソウル市麻浦区塩里洞147-6
서울시 마포구 염리동 147-6
TEL:02-717-1922
11:00~22:00
旧正月、秋夕休

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
パクカネ ピンデトック(広蔵市場 ソウル/韓国料理)
最終日、タッカンマリを食べに行く途中、本当は広蔵市場とは反対側に行かなければいけないところ、道を間違えたため、またもや市場内を突っ切ることに。

その際、出勤途中のサックスおじさんを発見。

100429_18.jpg

市場外のこのショットはかなり貴重かも?
意外と早出なのにびっくり!

折角、広蔵市場を通るのなら、ピンデットを買って帰ろうと思い、先日訪れたスニネピンデットに行ってみるも、準備中だった。仕方なく、市場内を歩き、一番繁盛しているお店に。

100429_19.jpg

朝から結構賑わっている。韓国の外食率が高いことを実感する。

100429_20.jpg

豚肉を使ったコギワンジャを購入。

100429_21.jpg

テイクアウトなので、パリパリ感は損なわれてしまうが、豚肉が入った生地はコクがあり、十分に愉しい。
玉ねぎが漬け込まれた酢醤油がサッパリとしていて癖になる美味しさ。

パクカネ ピンデトック(広蔵市場 ソウル/韓国料理)
박가네 빈대떡
TEL:02-2264-0847

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

その他 韓国土産(ソウル)
南大門近くのお土産屋さんに立ち寄った際、購入した海苔。

100429_16.jpg

細かく刻んであるタイプの海苔で、試食したところ、香りが良く、いい塩梅の塩気だったため、購入することに。
オーソドックスなタイプとキムチ風味のものを各々買ってみた。

お菓子類
100429_17.jpg

左上は先のお土産屋さんで購入したひまわりの種チョコレート。
それ以外はコンビニでも売られているもの。
どれも美味しかったが、中でもMarket Oというブランドの商品はどれも間違いがない。特に、Brownieはちょっとびっくりするほどの美味しさ。

その他 韓国土産(ソウル)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

ロッテ百貨店(明洞 ソウル/韓国料理)
今回の目的は脈ブランドのサムジャン。

100429_2.jpg

普段、コチュジャンとテンジャンは、脈ブランドのものを愛用しているのだが、まだストックが充分だったため、今回はサムジャンを購入してみた。香り高くまろやかで、驚くほど上品な味わい。ちょっと認識が変わるくらい美味しい。もう他のサムジャンは使えない。

100429_3.jpg

同じ脈ブランドのコーナーで見つけたチョングッチャン
100429_6.jpg

発酵臭が控えめなので、初めての人でも食べやすい感じ。
作っている時は、多少、香りが強くなるが、市井のものに比較すると断然穏やかで上品。

100429_7.jpg

お惣菜のコーナーは品数豊富でワクワクする。

100429_4.jpg

100429_5.jpg

日本語が堪能で接客上手な店員さんが、どんどん試食をさせてくれるのだが、どれもこれも旨くて困る。
その中から3品を購入。

牛肉の醤油漬け
100429_8.jpg

肉質の良さもさることながら、程よく味が染み込んでいる。
早速ぴょんぴょん舎の冷麺に乗せて試したが、これはGood!

100429_11.jpg

行者にんにくの醤油漬け
100429_9.jpg

単体でも十分に美味しいが、先の牛肉を巻いて食べると更なるシナジー効果で、旨みが倍増する。

イカの韓国風佃煮
100429_10.jpg

辛味よりは甘味があるタイプ。とは言え、決して甘すぎないのでチャミスルのアテには最適。

調味料売り場
100429_1.jpg

ロッテ百貨店(明洞 ソウル/韓国料理)
ソウル市中区小公洞1番地
서울시 중구 소공동 1번지
TEL:02-771-2500
不定期(月1回)、旧正月・秋夕(チュソク)
月~金:10:30~20:00、土日:10:30~20:30

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。