Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金みそ商店(ラーメン/水道橋)
味噌ラーメンの専門店。

091219_1.jpg

メニューはバリエーションに富んでいる。
まずはノーマル味噌ラーメンにしようかと思ったが、
一番人気と謳っている「特濃こってり金味噌ラーメン」を注文。
カウンターにはその食し方が記されていた。

091219_2.jpg

かなり大ぶりの鉄鍋で供される。

091219_3.jpg

見た目はいい感じ。期待が持てる。
最近、浅草「開花楼」の麺に変えたとのこと。

091219_4.jpg

と言っても太麺ではなく、比較的細い麺を使用。
こってり系には少し弱い感じがする。

肝心のスープだが、ぬるい!
かなり油が浮いて濃度の高いスープだけに、温度が低いと過剰なほど、こってり度が強く感じられ胃にこたえる。
味付けも甘めなので、その辺も好みが分かれそうだ。
具はチャーシューではなく、薄切りの豚肉を使用。
次はノーマルタイプに挑戦してみようと思う。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:買ってみた - ジャンル:グルメ

美松(定食/池袋)
久しぶりに池袋でランチ。
中本の激辛蒙古タンメンに心は惹かれたが、
発汗量を考えると、午後の仕事に支障が出る。
ま、ヘルシーに行きましょうということで、美松へ。

091218_1.jpg

数年ぶりになるが、相変わらず賑わっている。

寒ブリ照り焼き定食に明太子
091218_2.jpg

箸を入れるとジワッと脂が滲み出し、甘い香りが漂う。
皮の焦げ目が一際旨い。

091218_3.jpg

明太子は小ぶりだが粒がしっかりしたタイプで
後味も悪くない。

091218_4.jpg

ご飯はドンブリでたっぷり供される。
白米を五穀米に代えてもらうことも可能。
おみそ汁は塩分控えめで、野菜そのものの味を感じる。

昼からこんなに食べてはいかんなぁと思いつつも
完食してしまった。

手堅い味付けで、何を食べてもハズレは少ない。
池袋西口エリアの数少ない良店だと思う。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

北斎茶房(甘味処/錦糸町)
両国をぶらつく際には寄らずにいられない甘味処。

091204_4.jpg

特に、季節のあんみつが秀逸。
091204_5.jpg

こぼれ落ちんばかりに盛られたフルーツもさることながら
舌触りの良い寒天と、上品な甘さの黒蜜がとても美味しい。
アイスクリームも適度な堅さ。
これは意外と大きなポイントだと思っている。

きな粉クレープ
091204_7.jpg

フルーツとアイスクリーム、わらび餅を、やや厚めに焼いたきな粉風味のクレープ生地で包んでいる。

091204_6.jpg

このきな粉の香りが力強く濃厚。
更にその上にたっぷりとあんこが乗る。
クレープと言うよりは薄手のワッフルといった感じだ。

良質な素材を惜しみなく使い、丁寧に仕上げられていて
何を食べてもしみじみ美味しい。

但し、コーヒーの煎れ方は頂けない。
内装もそれらしいが、少し安っぽい。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

梅花(韓国食材/木場)
木場ラーメン激戦区の近くにある、韓国食材のお店。
かなり前からたまに足を運んでいたが、日祝ともに
お休みになってしまったため、最近めっきり足が遠のいた。

091215_1.jpg

お目当てはキムチ。以前の印象は、辛味が強いストイックな味わいで
かなり本場韓国の味に近いものだったと思う。


久しぶりに購入したキムチは、以前より複雑味を増していた。
それはそれで美味しいのだが、抜けるような辛さは少し影をひそめ、
随分と食べやすくなった気がする。

写真はそのキムチで作ったキムチチゲ
091215_2.jpg

キムチ以外にも各種お惣菜が所狭しと並んでいる
091215_3.jpg

チヂミ
091215_4.jpg

なかなかの出来栄え。ひとつあると食卓が豊かになる。

ナムル
091215_5.jpg

こちらも味の塩梅がいい

ケジャン
091215_6.jpg

ここのケジャンは辛さの中に、しっかりと甘さもあるタイプ。
渡り蟹の品質は高く、瑞々しい。
一緒に漬け込まれている生タマネギが美味しくてビックリ。
余った漬けダレにタマネギを投入して一晩寝かせたら、翌日、立派なおかずになった。

近所では本当に得難い存在と言えるのだが、やはり日祝休みというのが我が家的には痛い。

梅花(韓国食材/木場)
東京都江東区東陽3-20-9鈴木ビル1F
TEL:03-5633-8128

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:買ってみた - ジャンル:グルメ

麺屋33(ラーメン/神保町)
ラーメン王・石神氏推薦のラーメン屋に行ってみた。
場所は白山通り沿いなのでわかりやすい。

091214_1.jpg

丸鶏旨味そばを注文
091214_2.jpg

スープは鶏よりも野菜の甘味がやや強い感じ。
化学調味料不使用というだけあって、後味はすっきりとしている。
しかし、この野菜の甘味が賛否を分けそう。
具を含めて、全体のバランスは悪くないが、求心力に欠けるか。

とはいえ、豚骨と魚介のダブルスープを使ったこってり系のらーめんや
エビを使った塩味タイプ、つけ麺などなど、メニューはバラエティに富んでいる。
機会があればまたレポートしたい。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

四川豆花飯荘(中国料理/丸の内)
シンガポールに本店がある四川料理のお店でランチ。
独特のパフォーマンスで煎れる薬膳茶が名物。
091213_5.jpg

八宝茶
091213_6.jpg

器に入っているのは、ジャスミン茶・紅ナツメ・クコの実・氷砂糖・菊花・クルミ・百合根・龍眼の8種類。
茶芸師が、首のものすごく長い如雨露のような茶器を担いで、勢いよくお湯を注いでくれる。

091213_7.jpg

これを食事の終了まで、味や香りの変化を愉しみながら飲む。
氷砂糖が溶け出す2煎目ぐらいが一番美味しい。

前菜6種
091213_8.jpg

正しい料理名は失念してしまったので、ちょっと間違っているかもしれないが、左上から時計回りに、蒸し鶏・エビとイカの冷製・豚バラのネギ巻き・ホタテの黒ごまソースがけ・クラゲの冷製・野菜の酢漬け。

特に、老酒で蒸した鶏は香りが良く、ピリ辛のタレも旨い。
魚介類の瑞々しさも光る。

フカヒレ入り山海スープ
091213_9.jpg

フカヒレがたっぷりとは言い難いが、ベーススープが芳醇で
塩梅が良く、しみじみとした美味しさ。胃の下拵えとして最適。

点心2種
肉シュウマイとエビ餃子
091213_10.jpg

何も付けずに、とのことだったが、どちらも優しい味付けなので、日本人としてはお醤油が欲しいところ。

目鯛のチリソース
091213_11.jpg

熟した生唐辛子がたっぷりと入っている。
当然、辛味は強いのだが、この唐辛子の果肉が厚く、とてもフレッシュな味わい。

白菜のスープ煮
091213_12.jpg

白菜に干し貝柱の出汁が染みこんでいて、シンプルながら
滋味深い一皿。
・・・ま、これはうちでも作れるなと思って、後日試してみたがやっぱり、かなり美味しく作ることが出来た。

汁なし坦々麺
091213_13.jpg

辛さは思ったより控えめ。肉みそはもう少し汁気があった方が麺によく絡む気がする。味は悪くない。

麻婆豆腐
091213_14.jpg

看板メニューのひとつ。花椒が刺激的に香るが、激辛というほどではない。上品な仕上がりだ。

デザート3種
091213_15.jpg

左から杏仁豆腐・ココナッツの焼き菓子・マンゴープリン
どれも隙のない美味しさ。

おみくじクッキーもサービスされる。
091213_16.jpg

〆の烏龍茶
091213_17.jpg

総じて、スタッフのサービスが行き届いている良店だと思う。
茶芸師のパフォーマンスも嫌みではなく、素直に楽しい。
繊細さを兼ね備えた四川料理という、視野の広いスタンス
は好感が持てる。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

FURUSATO(ハンバーガー/月島)
月島の老舗喫茶店「ふるさと」が今年五月にリニューアル。
「FURUSATO」として生まれ変わった。

091216_1.jpg

店主は五反田の名店・フランクリンアベニューで長いこと
ハンバーガーを担当していた方だという。
気になっていながら、延び延びになってしまったが、ようやく
出掛ける機会を得た。

事前に情報を得ていなければ、なかなか入りがたい店構え。
店内は、昭和サイズというか実にコンパクト。
10人入ったら窮屈な感じだが、不思議に和む空気感がある。

バーガーにはやっぱりこれ!
091216_2.jpg

瓶のコーラって旨さが2割り増しぐらいだと思う。

ランチセットのハンバーガー
091216_3.jpg

粗挽きのパテは、しっかりと存在感のある歯応えでプリプリ。牛脂が甘い芳香を放っている。
野菜は瑞々しく、肉との比率が良いから、最後の一口まで
バランスを崩さずに食べることが出来る。

追加でお願いしたオニオンリング
091216_4.jpg

薄衣がサクサクでかなり美味しい。量も適量。

日替わりのデザート
091216_5.jpg

チーズが仄かに香るヨーグルト。
シンプルだが、こういう物が一口あると嬉しい。

バーガー類は勿論、一部サイドメニューもテイクアウト可能でパーティ用にトレーでの対応もしてくれるとのこと。

足繁く通うことになりそうな一軒!大好き!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

宝龍(中国料理/神楽坂)
久しぶりに神楽坂へ出掛けたので宝龍へ。

091209_01.jpg

ランチセットはかなりボリュームがあり、お得だ。
中でも、人気なのが上海やきそばのセット。
半チャーハン、シュウマイ2個、スープにザーサイが付いて
1,000円でおつりが来る。

まずは上海やきそば
091209_02.jpg

以前はもっと太い麺を使っていたような気がする。
今回は作りが幾分、雑な印象を受けたが、味付はしっかりと濃い目で悪くない。

シューマイ
091209_03.jpg

この店の名物のひとつ。肉気たっぷりなので、小食の方ならこれとチャーハンのみでも十分ではないだろうか。

チャーハン
091209_04.jpg

こちらもやきそば同様、濃口だ。半チャーハンくらいが適量と言えるが、個人的には割と好きなタイプのチャーハン。

スープとザーサイ
091209_05.jpg

完食すると、かなりお腹がいっぱいになる。
午後、眠くなってつらい・・・。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

二代目けいすけ(つけ麺/東京駅)
東京駅の二代目けいすけに出掛けた。

091202_1.jpg

今回はつけ麺に挑戦。思い切って大盛りにしてみた。

091202_2.jpg

大盛りは麺の量が450g。家の近くにあるつけ麺屋は450gを標榜しているものの、案外大したことがない。
ちょろいだろうと思ったが、これが大間違い。

平打ちの太麺は茶色味を帯びていぶし銀の光を放つ。
味わいにも独特の風味を感じる。

つけ汁はこの店ならではのエビ風味。
ドロリとしてかなりのコッテリタイプだ。

091202_3.jpg

まずはひと口。つけ汁の濃厚なエビの香りに新鮮味を感じる。
なかなか面白い。コクがあり、平打ち麺によく絡む。
最初はかなり好感を持って食べ進める。

しかしこの麺、つけ汁をとてもよく吸い込むのだ。
箸で持ち上げるとズッシリ重量を感じるほどで、
後半は手がつるかと思った。
また、食べ進むうちにつけ汁が冷め、エビの臭みが気になり始める。
出会い頭にインパクトがある分、飽きが来るのも早い。
エビ香を偏愛する方には良いかもしれないが、万人受けするか否かは、ちょっと微妙かも。。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

エシレ・メゾン デュ ブール((ケーキ/丸の内)
丸の内ブリックスクエアに高級バターで有名なエシレの専門店がオープンした。世界初だという。
発酵バターを愛する我が家としては見逃せない。

091213_1.jpg

お目当ては3種のクロワッサンと、バターケーキ「ガトー・エシレ ナチュール」だ。

しかし呑気に夕方出掛けたら、どちらも完売!
リベンジを誓いつつ、マドレーヌとフィナンシェ、ミゼラブルを
購入してみた。

091213_2.jpg

ミゼラブル
091213_3.jpg

ダックワーズ生地とバタークリームがミルフィーユのように
層を構成しているケーキで、見た目はとてもシンプル。
冷蔵庫から出したてではなく、室温に戻してから食べた方がより美味しいとのこと。

口に入れた瞬間、脳裏に回転する赤色灯がよぎり、サイレンのような警告音が鳴り響いた気がする。

これは、いかん!
1ピースで成人男性一日分の消費カロリーを優に上回るのではないだろうか?
・・・しかし、旨い。旨すぎる。
バタークリームはエシレの発酵バターそのもので、濃厚かつ滑らか。実に贅沢で豊かな香りが漂う。

マドレーヌ
091213_4.jpg

かなりしっかりと強めに焼き込まれている。
勿論、たっぷりと使用されたバターの風味が濃い。
縁側部分の焦げ目が旨い。

フィナンシェ
アーモンドプードルの香りを上回るほど、バターの香りが強いので、マドレーヌとの差別化が出来ていない感じ。
でも、美味しくないわけではない。

但し書きによれば、マドレーヌやフィナンシェは2~3日おくと
バターが馴染み、しっとりとした食感が楽しめるらしい。
フィナンシェの味わいにも変化があるかも知れない。

いやー、それにしても!
これはしょっちゅう食べてはいけないだろう。
お目当ての品は未購入だが、飽食が予想される年末年始を控えているので、しばらく近寄らないようにしなくては。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

すし和(すし/銀座)
今日の昼ご飯はどうしようかなと、銀座をぶらついている時、
今月号の「散歩の達人」に紹介されていた寿司屋を発見。
リーズナブルなお値段に惹かれて入店してみた。

091210_1.jpg

今時の小洒落たお寿司屋さんではなく、働くお父さんの味方って感じの庶民的な店内。

海鮮丼大盛(\840)
091210_2.jpg

まあ、お値段を考えれば、粉わさびでもしょうがない。
量も大盛りにしては控えめ。

すし種はなかなか高品質で、特に脂が良く乗った鯵は
とても美味しかった。
しじみ汁も、粒は小ぶりながらしっかりと出汁が出ていて
胃の腑に染みた。

総じて、満足度はソコソコか。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

ほそ川(そば/両国)
未訪のそば屋を目指して出掛けるもお休みだったので、
急遽、ほそ川へ足を延ばした。

091204_1.jpg

新そばの季節だし、時間も既に12時を少し回っていたので、
長時間の行列を覚悟していたのだが、予想に反して、
すんなりと入ることができた。
というより、空いていたので正直驚いた。
考えてみれば、ミシュランで星を採ってからは、混雑をさけてご無沙汰していた。大分、落ち着いてきたということだろう。

メニューを見ると多少変化が見られた。
今までになかった肴もちらほらと目に留まる。
そして、全体的に値段が高くなったようだ。

十四代本丸
091204_2.jpg

磯自慢を注文したところ、品切れのため十四代となった。そば屋ではあまり見かけないお酒なのでかえって嬉しい。

そばみそ
091204_3.jpg

こちらは昔からある定番の肴。
つるりと丸い焼き石に上品な風情の味噌がのせられている。
表面の水分が軽く飛んだ感じの優しい焼き目、箸先でほぐすとしんなりとして甘みを湛えたネギや蕎麦の実が顔を出してくる。味噌の塩梅がまた秀逸。酒が進んでしょうがない!

ここで、撮影禁止令が敷かれる。
以後、文章のみのレポートで。

煮穴子
綺麗な飴色で、1本の穴子が丸々お皿に乗っている。
味付けははんなりとして薄味だが、味はしみていて美味い。

自然薯の天ぷら
自然薯の先端部分を皮ごと揚げている。綺麗な仕上がりで、
衣が薄いのもいい。これを塩のみでいただく。
あえていうなら、もう少しカリッとしている方が好みだが。

せいろ
この日は栃木産の蕎麦粉を使用したもの。
新そばにしては思ったよりも香りが淡い印象を受けた。
今年はあまり出来が良くないのだろうか。
それでも、つゆは絶妙なバランスでそばの甘味が際立つ。

田舎
しっかり太めの、昔からよくあるタイプの田舎そばだが、食感が柔らかくもっちりとしている。噛むほどに、そばの甘味が広がる。

なめこそば
大ぶりの天然なめこをたっぷり使用した温かいお蕎麦は、
せいろに比べて少し細麺。
しかしこの細麺のノド越しが素晴らしかった。
火傷必須だが、大きななめことともにすすり込むと、
きのこの里山を感じさせる香りと、蕎麦の若々しい香りを同時に感じることができる。
温かくしたつゆのおいしさも甲乙付けがたい。
ひそかに持参していた「やまつ辻田」の極上七味(使い切りサイズ)を使用すると更につゆの美味しさが倍増。
底までなめる勢いで飲み干してしまった。

来年はまた、修行させていただこうか・・・

ほそ川(そば/両国)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

岩戸(日本料理/銀座)
銀座 岩戸でランチ。

091203_1.jpg

今日のお目当ては1番人気のまぐろ重。
お重の上にたっぷりと盛られたまぐろは壮観だ。

091203_2.jpg

形こそ不揃いだが、ゴマを混ぜ込んだ醤油でヅケにされた
まぐろは、赤身やトロ、中落ちなど様々な部位が使用され、
そのどれもが上質で旨い。
お漬け物、小鉢、みそ汁が付いて840円!
しかもみそ汁はお代わり自由。驚異のCPだ。

300円加算になるが、このおみそ汁を豚汁に代えてもらうと
幸福度はお値段以上にUPする。

091203_3.jpg

大ぶりのお椀に根菜がゴロゴロと入っている。
大根などはふろふき大根の4つ割りといった感じだ。

091203_4.jpg

上品な味付けで、野菜の自然な甘みが損なわれていない。

ランチ営業というのは、店側から言えば、夜の本営業のための布石であり、オーディエンスにしてみれば、その店が自分の好みに合っているかどうかの試金石といえる。

店がこれだけの心意気を見せているのだから、夜の営業に貢献している方も多いのではないだろうか。
少なくとも、ランチ時の盛況ぶりは凄い。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

2009年11月
11月は何かというと麺類を食べていた一ヶ月だった。
来来軒のタンギョーが復活するという嬉しいニュースも。
それでも月間MVPとなると「吉左右」しかあるまい。

20091201.jpg

清潔感溢れる店内。多くの美点が渾然一体となって
一つの味にまとまったスープ。突出した味がなく、クリアな味わい。
つけ麺、ラーメン共に申し分ない。

091103_2.jpg

091103_4.jpg

写真を見ていたらまた行きたくなった。

吉左右(ラーメン/木場)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。