Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねのひ(やきとり / 有楽町)
久しぶりに有楽町のガード下へ出掛けた。
「ねのひ」は路地を少し入ったところにあり、ちょっとわかりづらい。

090523_1.jpg

黒ホッピーとお通しのキャベツ
090523_2.jpg

キャベツはやきとり屋さんの定番だが、合いの手にいい。ニンニク味噌が染みる。
こちらはおかわり自由だから嬉しい。

串焼きは大きく鶏と豚の2種類。まず、最初はねぎま(鶏)とかしら(豚)。
090523_3.jpg

1つ1つ、肉の粒が大きい。ジャンボやきとりの看板に偽りなし。
ガード下のお店としては十分に納得のいく肉質で、タレも甘さ控えめで嫌味がなく旨い。添えられた豆板醤もいい。

つくね
090523_4.jpg

つくねは一度揚げてから焼いたものと、生の状態から焼いたものの2種類がある。
こちらは生から焼いたタイプ。ハンバーグのようにジューシーでおすすめ。


しいたけ
090523_5.jpg

個人的には最後に醤油をひとたらしの方が好きだが、塩も悪くない。


バラトマト巻き
090523_6.jpg

トマトは加熱すると甘味が増して旨い。

やきとりとやきとん以外のおつまみも充実している。
例えば、牛もつ煮込み。
090523_7.jpg

色々な部位が入っているのだが、ちょっと変わっていると感じたのは、ハチノスがかなりの割合を占めること。これがシットリと柔らかくて、予想以上によかった。
一見、色目が薄いので煮込み不足のようだが、味は中までしっかりと染みこんでいる。

塩辛じゃがバター
090523_8.jpg

じゃがバターと塩辛の組み合わせと聞くと、ちょっと躊躇しがちだが、塩辛の臭味がバターの風味で中和され、濃目の塩気がじゃがいもに絡み、不思議な相乗効果を生んでいる。

ガード下の小さなお店だが、店内の空気感がよく、不思議と居心地がいい。女性客も多い。

ねのひ (焼鳥 / 日比谷、銀座、有楽町)
東京都千代田区有楽町2-3-3
TEL:03-3571-9132
月~土:16:00~1:00 日:16:00~0:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

味彩(中国料理 / 銀座)
銀座と新橋の中間くらいに位置する庶民的な中華料理店。

090520_1.jpg

ボリュームのあるランチメニューがリーズナブルだし、夜は小皿系のつまみを頂きながらちょっと一杯やっつけることも出来る懐の深いお店だ。

半チャーハンとラーメン+餃子三個。

チャーハン
090520_2.jpg

シットリタイプだが、米粒一つ一つに味がのっていてとても美味しい。

ラーメン
090520_3.jpg

昔ながらの東京ラーメンといった風情。
青菜、シナチク、ちょっと硬めのチャーシューなどは眺めるだけでも癒される感じ。
シンプルなスープには雑味が無く、中細ストレート麺との相性も良い。

餃子
090520_4.jpg

特筆に値するのは餃子。割と薄手の皮なのだが、プルンとした瑞々しさがあり、焼き餃子でありながら独特のしっとり感を保っている。中の餡がトロリとしていて、肉の脂分よりも野菜の旨味が効果的だ。いくらでも食べられてしまう魔性タイプの餃子だ。

味彩 (ラーメン / 新橋、銀座、東銀座)
東京都中央区銀座7-6-12 第5ポールスタービル1F
TEL:03-3572-8481
11:00~翌3:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

La Porte Rouge(フランス料理 / 木場)
木場と東陽町の中間くらいに位置する小粋なビストロ。
メニューはプリフィックスで2,980円のコースが基本。
前菜・主菜・デザート・コーヒーが付く。
前菜・主菜共に、定番メニューから約5品、その日のおすすめメニュー5品程の中から選択できるので、バリエーションは豊富。

自家製のパン
090509_9.jpg

田舎パンにしては、ソフトな仕上がりで食べやすい。クルミとレーズンのバランスが良いので、甘さが悪目立ちせずに、メインの料理と合わせても違和感はない。バケットの塩加減も丁度良い。

前菜の1品目は定番メニューから田舎風テリーヌと鶏レバーのパテ
090509_1.jpg

かなりボリュームがある。テリーヌは肉の旨味がぎゅっと凝縮した感じ。パテは仄かにアルコールの香りを湛え、濃厚な味わい。食感も滑らか。


前菜2品目は、その日のおすすめメニューから新たまねぎのキッシュ
090509_2.jpg

キッシュはふんわりとした焼き上がりで見目麗しい。新タマネギが瑞々しく、優しい甘みが際立っている。サラダに添えられた生ハムが嬉しい。

オプションで追加注文したオニオングラタンスープ+400円
090509_3.jpg

こちらにもたっぷりと新タマネギを使用している。そのため、タマネギは弱めのソテーで軽やかに仕上げている。バターの香りが効果的。

この日はこんなワインをチョイス。
090509_4.jpg

牛バラ肉の赤ワイン煮
090509_5.jpg

いかにもビストロらしい重量感のある料理。下手な赤ワイン煮は酸味が気になるが、しっかりと味がリエゾンしていて好感が持てる。
ホロホロと繊維がほぐれていく程、煮込まれている肉も水気はタップリで、濃厚なソースがよく絡まりとても美味しい。

さわらソテー春キャベツ添え
090509_6.jpg

淡泊なサワラにキャベツの穏やかな甘味はベストマッチ。この組み合わせは和食でもおなじみだが、添えられる夏野菜たちがよい。

タルトタタン
090509_7.jpg

やや甘さ控えめ。締めのデザートとしては、もう一声、甘くても良いような気はする。個人的には、美味しいフレンチを食べた後は、ガッツリ甘い物が食べたい。
スイーツとしての味のバランスは良いと思う。

キャメルのアイス
090509_8.jpg

出来たてでなかったので、固まっていて香りも乏しい。値段を考えると仕方ないとは思うが。

La Porte Rouge (フレンチ / 木場、東陽町)
東京都江東区東陽1-11-3-101
TEL: 03-3647-6367
11:30~14:00 18:00~21:00
日休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

豆狸(いなりずし / 三鷹)
大阪の豆狸が三鷹の駅ビルにオープンした。
JRの改札を出て左手に小さい店舗を構えている。

090506_6.jpg

定番の豆狸いなりとわさびいなりを購入
090506_7.jpg

ひと口サイズの大きさがいい。
お揚げはジューシーで甘みがしっかりとしたタイプ。種類によって煮方に変化をつけている。
わさびいなりといっても、使われているわさびの辛味は控えめで、甘いお揚げといい感じに調和していて、わさび漬けが苦手な方でも食べられそうだ。

090506_8.jpg

酒の肴としてもイケる。

東京都三鷹市下連雀3-46-1JR三鷹駅構内Dila三鷹3F
TEL:0422-50-5200

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
ミートショップ サトウ (コロッケ / 吉祥寺)
吉祥寺のアーケードには行列の出来る店が二軒ある。羊羹と最中が美味しい「小ざさ」と精肉店の「ミートショップ サトウ」だ。

090506_1.jpg

加熱されたラードの良い香りが漂ってきた。
休日は心にも時間にも余裕がある。列に加わることにした。

やはり一番人気はメンチカツ。結局、10分ほど並んだ後、メンチカツとコロッケ、肉団子を購入した。

メンチカツとコロッケ
090506_4.jpg

手前がコロッケ。奥がメンチカツになる。どちらもほぼ真円に近い円球状であることが特徴。
メンチカツは肉気たっぷりで、上質なハンバーグが内包されているような味わい。
余熱を利用して中心まで火を通すため、購入後5分程度待ってから食べるようにと但し書きが付いている。その時間に食べるのがまさしくベストだろう。そうしないと折角のジューシーさが半減してしまう。どこかでパンを購入して、井の頭公園へ走るべし。

個人的にはメンチカツよりもコロッケがおすすめ。
じゃがいもの甘味と肉の旨味が強力なタッグを組んでいる。丁寧に裏漉しされたじゃがいもの食感が秀逸。

肉団子
090506_3.jpg

少々パサつきが気になるが、肉そのものの味はよい。お弁当のおかずに合いそうだ。

吉祥寺に出向いた際はリピートする価値がある。

ミートショップ サトウ 吉祥寺店 (コロッケ・フライ / 吉祥寺、井の頭公園)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
TEL:0422-22-3130
9:00~20:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

いせや総本店(やきとり/ 吉祥寺)
吉祥寺と言えば、いせやである。早い時間から酒飲みが集う店だ。吸引力がある佇まいと煙。ついつい立ち寄りたくなってしまうオーラーがある。

090505_10.jpg

もうかれこれ20年振りになるだろうか。冷たい雨が降りしきるゴールデンウィークの17時過ぎ。まだ宵の口だから余裕で座れるだろうと高をくくっていたが、甘かった。結局、雨の中、15分ほど待って席についた。

まずはもつ煮
090505_11.jpg

しっかりと濃い味付けなので、お酒との相性はいい。

野菜盛り合わせ
090505_12.jpg

いたって普通のサラダだが、濃い味の料理が多いので、合いの手としては染みる。

塩で注文した串
090505_13.jpg

シロ、タン、ハツ、ひなどり、カシラなど。全体的に塩は弱め。ものによってはタレの方が良かったのではないかと思わせる品も少なくない。この中では、特にカシラがよかった。


タレで注文した串
090505_14.jpg

レバーとつくね。豚レバーは、鶏のものとは一味違う歯ごたえがある。つくねも素朴な味わい。

焼きとうもろこし
090505_15.jpg

炭火効果抜群。まだ走りの野菜だろうが、甘味が強くジューシーでとても美味しい。欲を言えばもう少し焦げ目が欲しかったが、縁日の品とは比較にならないほどの味。

間口を開け放っているにもかかわらず、店内はモクモクと煙が立ちこめている。
たまに通り抜ける風がこの煙を巻き上げるので目がシュパシュパするが、これもまた、肴のひとつ。
一階は立ち飲みコーナーとカウンター席、テーブル席。二階は座敷になっていて各階ごとに並ぶシステム。

いせや総本店 (居酒屋 / 吉祥寺、井の頭公園)
東京都武蔵野市御殿山1-2-1
TEL: 0422-47-1008
12:00~22:00
火休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

きびや(そば / 三鷹)
ゴールデンウィークを利用して、以前から気になっていた三鷹のおそば屋さんに出掛けた。旨いそばが食べられそうなオーラを醸し出す店構え。期待が膨らむ。

090505_1.jpg

折角の休日だけに昼酒は欠かせない。生ビールと奈良萬。
090505_2.jpg

最初のつまみはそば焼味噌
090505_3.jpg

そばの身を一度、素揚げしているのか、食感と香ばしさが倍増している感じ。白味噌がベースなので優しい味わい。

揚げ出し豆腐
090505_4.jpg

豆腐はとろけるほど柔らかく、香り高い出汁の旨味が口中に広がる。これならそばつゆも期待が持てそう。

れんこん海老進上揚げ
090505_5.jpg

揚げ物として良い出来映え。油ぎれがよく、衣も適度な量で好感が持てる。つまみとして天ぷらが無いのが惜しいほど。

もりそば
090505_6.jpg

北海道産のそば粉を使用している。エッジの効いた切り口が印象的。弾力があり、香りも力強い。予想通り、つゆは秀逸の出来で、そばの甘味を引き立ててくる。

玉子とじ
090505_7.jpg

空気をタップリと含んでとじられた玉子はフワフワで、見るからに食欲をそそる。温かくしてもそばが負けていない。

粗挽きそば
090505_8.jpg

こちらは茨城産の玄そばを二八で使用している。こちらももりそば同様、エッジが効いてもっちりとした食感が楽しめる。喉越しもよく、香り高い。

そば湯
090505_9.jpg

そば湯用にそば粉を入れたタイプで美味しい。

全体的に総じて高レベル。酒も愉しめるし、そばもいい。近所の人が羨ましい。

きびや (そば / 三鷹)
東京都三鷹市下連雀4-16-48
TEL:0422-42-3520
平日:11:00~14:30 土日祝
11:00~14:30 17:00~20:00
水休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

紫匠乃(つけ麺 / 門前仲町)
富岡八幡宮にほど近い、つけ麺のお店。
090503_3.jpg

メニューは大きく冷もりと温もりの2種類から選択できる。この日は冷もりの全部入り(中盛り)を注文。

太麺を使用しているため、席についてから10分は待つことになる。

麺に具がトッピングされた状態で供される。
090503_1.jpg

麺は太く、手打ちうどんのように噛み応えのあるタイプ。個人的にはもう少しもっちり感がほしいところ。

つけ汁
090503_2.jpg

魚介系の香りが濃厚なタイプだが、強すぎず、軽やかな優しさを感じる。
その一端を担っているのが白菜。つけ汁の具材としては面白い。
時間の経過と共に、白菜の甘味がつけ汁に溶け込んで徐々に丸味を帯びていく気がする。

表面を炙ったチャーシューは香ばしく、秀逸の出来。

つけ麺 紫匠乃 門前仲町店 (つけ麺 / 門前仲町、越中島、木場)
東京都江東区富岡1-24-6
TEL: 03-3641-1616
11:30~24:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中園亭(中国料理 / 有楽町)
飲んだ後、街をプラプラうろついていたら少し小腹が空いてきた。
有楽町界隈のお店を新規開拓したいと思っていろいろ物色したのだが、迷っているうちに駅に着いてしまった。
目に付いたのは年季の入った中華料理店。何度も店前は通っているのだが、この日まで気にとめた事の無かった一軒だ。

090502_5.jpg

壁に貼られたメニューを見ると全体的に少し高めだが、冷や排骨麺や炸醤麺など、興味をそそられる献立がいくつか並んでいた。

餃子
090502_7.jpg

特に突出したものはないが、野菜中心に構成された餡は普通に旨い。

チャーハン
090502_6.jpg

欲を言うと、もう少しパラっとしていると申し分ないのだが味付けなどのバランスはいい。

総評としてはそう悪くない。ただ、強気な値段設定の一品料理を食べたわけではないので、雰囲気もろもろの満足度がどうなのか判断は出来ない。

あくまでも餃子と炒飯。これは濃いめの味付けなので、飲んだ後の胃袋に染みること請け合い。

中園亭 (中華料理 / 有楽町、銀座、日比谷)
東京都千代田区有楽町2-8-4
TEL:03-3201-2032
11:00~4:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

新魚金(居酒屋 / 新橋)
新橋で多店舗展開している人気の居酒屋。どの店舗も連日賑わっている。ゴールデンウィークの土曜日18時過ぎに出掛けるも、3店舗ほど回ってようやく新魚金で何とか席にありつけた。

お通しは4種の中から選択できる。この日は冬瓜の鳥そぼろあんかけと煮玉子&メンマに。

090502_1.jpg

最初は刺し盛り。
090502_2.jpg

一番少量と思われるお手頃3点盛りを注文すると、店のおばちゃんに、2人客にオススメの「いいとこ取り盛り合わせ」という別のセットを強力にPUSHされた。

ちょっと仰天のボリュームだ。これが2人前か?どれだけ食べ盛りに見えたんだ?4人だとしても多い感じだ。また、どの刺身もかなり厚味にカットされているのでその迫力たるや凄まじい。
肝心の味だが、魚はどれも鮮度がよく旨い。この日は特に鯛が秀逸だった。くじらは若干生臭かったが、それでも加熱すれば十分においしく食べられるレベル。

さざえのつぼ焼き
090502_3.jpg

これも想定よりかなりバカでかい。こちらは2人で食べるのに丁度よいサイズといえる。身は食べやすくカットされており、肝も綺麗に取り出してくれている。汁まで美味しく飲み干せる。

ホタテの磯部焼き
090502_4.jpg

やっぱりビッグサイズのホタテが供される。やわらかく、鮮度も上々。ジューシーで旨い。

本当なら1,2品食べたかったのだが、いかんせん刺身が多すぎた。
刺身は許容量を超えると、何故か飲み込めなくなってくる。満腹感とは別問題のようだ。2人とも、食べ残すことに罪悪感を覚えるタチなのでかなり頑張ったが、最後の方は、刺身を見るのも嫌になるほどだった。
焼いたり揚げたりすれば、もうちょっといけたのだが。
おばちゃんの口車に乗ってしまったが、2人なら3点盛りくらいが丁度いいと思う。何でも8分目が丁度良い。

お酒の品揃えはいい。特に焼酎の品揃えはなかなか。百年の孤独が良心的な値段で頂ける。

新魚金 (魚介料理・海鮮料理 / 新橋、汐留、内幸町)
東京都港区新橋3-17-7 筑水ビル1F
TEL:03-3432-1456
月~金:17:00~23:30 土:16:00~23:30 日・祝: 16:30~23:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

2009年4月
4月の月間MVPはちょっと嗜好を変えて、アップせずに温存してあったお店から。

レストラン部門

先月同様、今月も多忙で、あまりゆっくりと外食が出来なかった。なるべく料理中心のお店から選択したいと思っているのだが、行ってないのだからUPしようがない。

ということで、4月の月間MVPは、長年の憩いの場「カフェ・ド・ランブル」に決定!

090501_1.jpg

初めて、らんぶるを訪れてから20年以上の月日が経つ。店内は当時のままで、静謐な空気の中、皆、黙々とコーヒーを愉しむ。年季の入った調度品は、古めかしい雰囲気ながらも清潔感がある。

3番のブレンドをダブルで注文。
090501_2.jpg

ポットからゆっくりと、糸のように細いお湯を一定のリズムで落としていく。
わずか少量のコーヒーに17g(ダブルはその倍)もの豆を使用するが、決して濃いとは感じない。旨味成分だけが抽出されたコンソメのようだ。

続いて、ブランエノワール
090501_3.jpg

普通に抽出したコーヒーをシェーカーに入れ、冷凍庫の氷柱でゆっくりと転がしながら冷やしていく。カクテルグラスに注がれ、上からコンデンスミルクを流し込む。ミルクの甘さとコーヒーのコントラストが実にいい。

カフェ・ド・ランブルは不滅だ。コーヒー好きの方は是非、一度お試しあれ。

カフェ・ド・ランブル(コーヒー / 銀座)
東京都中央区銀座8-10-15
TEL:03-3571-1551
月~土:12:00~22:00 日祝:~19:00
無休

食品部門

味百選ネタで唯一アップしていなかったのが、ここ「DON幸庵」のローストビーフ。

090501_4.jpg

味百選常連でもある静岡のお店。
神戸牛を使ったローストビーフは、綺麗な赤身を帯びている。肉には旨味があり、しっとりと柔らかい。

一緒に購入したハンバーグも秀逸。
090501_5.jpg


ふわふわと柔らかいパテには肉汁がタップリと含まれている。
付属の和風ソースの出来も優しい味わいで、白髪ネギとの相性が抜群。

090501_6.jpg

DON幸庵(ローストビーフ / 静岡)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。