Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神茂(おでん種 / 日本橋)
おでん種を買いに神茂へ。創業は元禄元年という日本橋の誇る老舗だ。

これが今回のラインナップ
090128_1.jpg

神茂を語る上ではんぺんは外せない。まずはそのままわさび醤油で。

090128_2.jpg

ふんわりとした食感と混ざりもののない素材の味が愉しめる。

つぎはオーブントースターで炙ってみた。

090128_3.jpg

よりふんわり度が高まり、甘味が増した印象だ。

これがおでんになると。。
090128_4.jpg

もうトロトロ。というか、メレンゲのムースを食べているかのよう。更に柔らかみが増して、舌の上で泡雪の様にトロけていく。キメの細かさは他の追随を許さない。

一般的なはんぺんから言えばかなり高価と言えるが、それでも、素材へのこだわり、手作りという手法へのプライドを考えると納得がいく。

その他のおでん種だが、基本的にどれも上品で丁寧な仕事ぶりが感じられる仕上がり。ただ、はんぺんと異なり、しっかりと固め食感のものが多い。味付けが上品な分、やや塩気は弱い。関東炊きにするならもう少し濃い味でもいいのではなかろうか。中でも、好印象だったのは、つみれとちくわぶか。全般では砂町銀座商店街のお店のおでん種の方が好みかも。

今回セットに入っていたダシに加えて、メインで使用したのが、今井のうどんのつゆ。

090128_5.jpg

これは破壊力抜群で、一気に京風の上品なおでんへと仕上がる。

おでん種は日本橋高島屋でも購入することができる。

神茂 本店 (カンモ) (レストラン(その他) / 三越前、新日本橋、日本橋)

東京都中央区日本橋室町1-11-8
TEL:03-3241-3988
10:00~18:00 土~17:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

陳健一 麻婆豆腐店(中国料理 / 木場)
久しぶりにギャザリア木場にある陳健一麻婆豆腐店を訪れた。休日だったが、比較的早い時間帯だったため、空いていた。

090125_1.jpg

麻婆豆腐
090125_2.jpg

しっかりと味が濃く、豆板醤や豆鼓など、発酵調味料の風味が食欲をそそる。

090125_3.jpg

中辛の場合、花山椒は控えめ。これなら大辛でもよかったくらいだ。テーブルに花山椒が設置されているが、風味も辛味も落ちている気がした。
味としては普通に美味しいのだから、全体にもう少し化学調味料を控えるといいのだが。。

セットメニューのデザート
090125_4.jpg

杏仁豆腐を選択。少し固めだが、まずまず美味しい。

陳建一麻婆豆腐店 木場店 (チンケンイチマーボードーフテン) (中華料理 / 木場)

東京都江東区木場1-5-10 深川ギャザリア ロータスパーク 1F
TEL:03-5857-2164
11:00~22:30
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

ポンデュガール(フランス料理 / 新富町)
先日紹介したガールドリヨンの姉妹店。こちらの方がよりカジュアルで、気取らずにワインをがぶがぶ頂く感じ。ワインの値段は良心的で、ちょっと珍しいものも置いてある。今回はお店の名前に因んだ地域のワインを3種類頂いた。

一本目は白
090124_1.jpg

濃い黄金色のワインで、青りんごの様な香りにほのかな甘みが乗ったバランスの良いワイン。

前菜5種の盛り合わせ
090124_2.jpg

前菜の盛り合わせは黒板に書かれた6種類の野菜料理からのチョイスする。
中央部のデンとしたトマトは、バルサミコ?ベースのソースに漬けられたマリネ。
柔らかい酸味が素材の甘味を際立たせている。

田舎風パテ
090124_3.jpg

しっかりとボリュームがある。ガールドリヨンもそうだったが、野菜の質がよい。普通に美味しい。

冬きゃべつとムール貝の白ワイン蒸し
090124_4.jpg

Staubの小鍋にたっぷりと供してくれる。スープの塩気は弱めだが、ほんのりとカレー風味が付けられているのでワインのアテになる。

このあたりから2本目のワインへ。
090124_9.jpg

メルローを主体にシラーが少し入っているらしい。ガブガブやってしまったが、短時間でも味の変化がたのしめ、複雑味も感じられた。この日のワインではこれが一番か。

ピッツァマリナーラ
090124_5.jpg

ガールドリヨンと違い、こちらにはパスタやピッツァなどのメニューがある。アンチョビとガーリックが利いた薄い生地のタイプ。

仔羊とポテトの重ね焼き
090124_6.jpg

グラタン仕立てで運ばれてきた。

中身はこんな感じ。
090124_7.jpg

仔羊の脂とポテトはこんなにも相性がよかったのかと驚かされる。赤ワインとの相性もGood!

3本目のワイン
090124_10.jpg


こちらの方がタンニンが強くどっしりとした印象。コストパフォーマンスは高い。

カスレ
090124_8.jpg

ガールドリヨンでは鴨肉のコンフィが入っていたが、こちらは鶏肉のコンフィを使用。自家製のソーセージとたっぷりの白インゲン豆が入っているのは同様。

今回はこれらの料理とワインを4名で頂いた。
ポテトやいんげん豆など少し炭水化物が多い選択だったのは失敗か。もう少し肉気たっぷりでもよかったかと少し反省。

値段も良心的なので気心の知れた相手と行くには打ってつけ。

ポンデュガール (Pont du Gard) (欧風料理 / 新富町、宝町、銀座一丁目)

東京都中央区銀座1-27-7銀座里村ビル1F
TEL 03-3564-0081
平日:17:30~25:00 土日祝:16:00~23:00
月休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

韓国の焼肉屋(焼肉 / ソウル)
先日、韓国に出張した際に、焼肉屋を訪れた。しかし、困ったことに店名が読めないので、このようなタイトルに。

外観の写真を参考にして下さい
090116_1.jpg

慌ただしかったので事前の下調べはゼロ。ソウルに着いてから少しネットで調べてみた。そこでわかったのは、韓国ではあまり牛肉は食べないらしく、年5,6回くらいというのが一般的なようだ。焼肉と言えば豚肉が多いとのこと。でも、折角ソウルに来たのだから牛肉の焼肉を食べたい。

韓国のビール
090116_2.jpg

すっきりとして飲みやすいタイプ。

席に着くと次々と料理が運ばれてくる。日本の韓国料理屋さんでも、色々な小皿料理を出してくれるところは多いが、一段と豪華な印象を受けた。

サンチュ
090116_3.jpg

日本で言うレタス系の葉っぱとはひと味もふた味も違う。比較のしようがないが、これが韓国では一般的なのだろうか?左から2番目の白菜が甘くて美味しいことに驚いた。

キムチの盛り合わせ
090116_5.jpg

本場のキムチはコチュジャンより唐辛子そのものが多い感じでシンプルだ。個人的にはかなり好きなタイプ。日本のキムチの方が甘味があり味数は多い。

他にも、すっきりとした酸味が心地よい大根サラダをはじめ、4品がテーブルに並ぶ。簡単に写真のみで。

090116_4.jpg 090116_6.jpg 090116_7.jpg 090116_8.jpg

牛肉のスープは実に優しい味わいで、雑味がなく美味。肉も柔らかい。

090116_9.jpg

メインの焼肉
090116_12.jpg

韓国の肉は日本の牛肉に比べて赤身が多い。個人的にはその方が好みではある。

肉の調味料として、塩とタレが用意されているのだが、意外にも塩が美味しい。(塩と言ってもつけて食べるのだ。)

ハラミ
090116_10.jpg

普通に旨い。焼きマッシュルームにビックリ。目から鱗だ。ジューシーで焼肉にこれほどマッチするとは。

骨付きカルビ
090116_11.jpg

こちらは下味がついている。塩もいいがタレもよい。そのタレが甘くないのがいい。初めて出会う味。

090116_13.jpg

090116_14.jpg

冷麺
090116_15.jpg

そうめんの様な極細麺。冷たいスープもすっきりとストイック。具材もごくごくシンプル。

恐らく、良いお店にあたったのだと思う。どれも美味しく、十分満足できた。しかし、肉そのものは正泰苑の方が上かなぁ。でも、韓国の奥深さを愉しめた。

韓国の焼肉屋(焼肉 / ソウル)
TEL:02-562-1159

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

博多もつ鍋 がんこ(もつ鍋 / 新橋)
新橋駅前ビル1号館は、いかにもタモリ倶楽部で紹介されそうな、おじさんサラリーマン御用達といった感じのお店が軒を並べる。その中でも、ひときわ気を吐いているのが、がんこ。カウンター中心の小さなお店なのだが、常に満席で活気に溢れている。前もって予約した方が賢明だ。

酢もつ
090117_5.jpg

お酒のアテに最適。ポン酢の酸味はほんのりと感じる程度で塩梅がよい。丁寧に下ごしらえされたもつはシャキシャキとした歯ごたえが小気味よい。

ニンニク揚げ
090117_6.jpg

ニンニクをまるのまま揚げた豪快な一品。アツアツのホクホクで、日本酒にも焼酎にもGood!

もつ鍋
090117_7.jpg

ぶつ切りきゃべつの上にたっぷりのニラが乗っている。最初、肝心のもつは全く見えない。基本セットはこの具材のみ。

しょうゆベースのつゆには雑味がなく、そのまま良質なお雑煮が作れそうなイメージだ。にらの上には刻み唐辛子。足りないようなら卓上にもタップリ用意されている。
既にニンニク揚げを食べているせいか、体がどんどん火照ってくる。というか、かなりの発汗!

すっきりとしたスープと唐辛子の効果があいまって、きゃべつの甘味が際立つ。ニラも美味しい。お好みで豆腐やきのこ類の追加が可能。

090117_8.jpg

もつはとろとろとしたタイプではなく、どちらかというと歯ごたえを愉しむタイプ。勿論、臭味はなく、色々な部位があるので飽きることはない。

ちゃんぽん麺
090117_9.jpg

締めは雑炊かちゃんぽん麺。その名の通り、ちゃんぽんの麺なのだが、細めのうどんの様な味わいで、つゆとのバランスがいい。

日本酒は比較的リーズナブル。

博多もつ鍋 がんこ (はかたもつなべがんこ) (もつ鍋 / 新橋、汐留、内幸町)

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1
TEL:03-3571-7803
15:00~23:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:鍋物、鍋料理 - ジャンル:グルメ

正泰苑 (焼肉 / 新橋)
先日、紹介した新橋の正泰苑には続編があったのをすっかり忘れていた。こういう場合、スルーしてしまうことが多いのだが、これは書かずにいられない。

この日は焼肉を食べた後、締めの料理は注文せず、近くの広島ラーメン「ぶちうま」に出掛けた。帰り際、テーブル上のお品書きにテイクアウトの文字を発見。値段も手頃だったので購入してみた。

それは「肉めし」
090111_1.jpg

最近できたメニューだろうか。少なくとも、以前に本店で見たことはない。

中を開けるとこんな感じ。
090111_2.jpg

添えられたエゴマの葉、ごまを和える。
090111_3.jpg

次の日の晩ご飯で頂いたのだが、かなり旨い!冷めても美味しいと謳っていたのは嘘ではなかった。今回はお試しで1人前のみ購入したが、次回からは倍量だな。

新橋正泰苑 (焼肉 / 内幸町、新橋、虎ノ門)

東京都港区新橋2-3-4 新橋パークビル2階
TEL:03-6908-4529
17:00-24:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

富士宮焼そば 本 清水商店 (やきそば / 南砂町)
SUNAMOのフードコート第2弾はいま流行の富士宮焼きそばのお店。何でも、B1グランプリというB級ご当地グルメの祭典で2年連続チャンピオンになっているらしい。

090117_3.jpg

中サイズ
090117_4.jpg

あくまでも、ソース焼きそばなので、あまり過度の期待をすると肩すかしの感はあるかも知れない。でも縁日などのやきそばと比較したら明らかに差はある。そして、その差を埋めるのはそう容易なことではないとおもう。エッジの効いた麺が印象的だ。

サイズを選べるのはとてもいい。いろいろなお店のものを少しずつ食べたい気分にさせるのが、リピーターの多いフードコートなのだから。

近々テイクアウトの販売も始めるという。

富士宮焼そば 本 清水商店 SUNAMO店 (ふじのみややきそば ほん しみずしょうてん) (焼きそば / 南砂町)

東京都江東区新砂3-4-31 SUNAMO 4F
03-5653-0828
10:00~21:00
不定休(SUNAMOに準じる)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

ラーメン専門 札幌 三代目月見軒(ラーメン / 南砂町)
南砂町にできたショッピングセンター「SUNAMO」のフードコートについて、開店当初に簡単なレポートをお届けしたが、そのままになっていた。

少し早めの時間に行ったので席はスムーズに確保できたし、どの店も割合空いている。休日の12時台は混雑しているが、オープン当初とは比べものにならない。だいぶ落ち着いた印象を受けた。

090117_1.jpg

第一弾として今回ご紹介するのは、札幌でも著名なラーメン店、三代目月見軒だ。ここはやはり名物の味噌ラーメンを注文。(しょうゆや塩も扱っている。)

090117_2.jpg

一見、力強いこってり系のようなスープは、実際、食べてみると口当たりがかなりマイルドで優しい味わい。しっかりとしたコクがあり、中太ちぢれ麺との相性もいい。

当ブログでも紹介している門前仲町の「みすじ」はこちらの姉妹店だが、メインメニューはしょうゆ。最近は味噌ラーメンも扱うようになったが、月見軒の物とはまったく違うテイストになっている。

月見軒はSUNAMOフードコートの中で、一番人気が高いようで、多少の行列は覚悟されたい。

ラーメン専門 札幌 三代目月見軒 SUNAMO店 (ラーメン / 南砂町)

東京都江東区新砂3-4-31 SUNAMO 4F
03-5677-0677
10:00~21:00
不定休(SUNAMOに準じる)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

正泰苑(焼肉 / 新橋)
新橋に正泰苑が出店したとの情報を聞きつけた。評判も上々なので早速訪問してみることに。店内は本店に比べると随分広く、席間に余裕があり、調度品も小洒落ている。

090110_1820~0001

18:30に予約して出向いたのだが、残念ながら既にレバ刺しは売り切れ。これは予約時に電話で取り置きしてもらったほうがいいようだ。次善の策としてノーマルユッケを注文。この日はデジカメを忘れてしまい携帯にて撮影。

流石に肉質の良さが光る。
090110_1837~0001

白菜キムチ
090110_1836~0002

市販品に感じる化学調味料臭さはなく、無難に旨い。

野菜サラダ
090110_1840~0001

塩味を注文したのだが、これが正解。塩梅がよく、お肉の合いの手に打ってつけ。
別にサンチュも頼んでいたが、ここのお肉には邪魔になる印象だった。
むしろサラダは、ハーフではなくレギュラーサイズにすればよかったと少し後悔。

タン塩
090110_1841~0001

上質のタンにはほんのりと甘味がある。噛むほどに旨味がしみ出てくる。

上ロース
090110_1841~0002

こちらは予約なしでギリギリ注文できた。でも、前もって予約した方がよさそう。刺身のまま食べられるくらいだから、軽く炙る程度で十分。生でも勿論美味しいが、焼いた方が脂の甘味が際立つ。

中ロース
090110_1845~0001

個人的には、上ロースだと少し脂肪過多な感じ。中ロースくらいの赤身の方が好みだ。こちらも生でもいけるくらい鮮度がいい。

ハラミ
090110_1857~0001

美味しいハラミは焼肉における至極の幸せ。これぞ牛肉という感じの旨味が凝縮している部位だと思う。とても柔らかくてジューシー。

ホルモン
090110_1857~0002

気まぐれをおこして、いつも食べる「こてこてホルモン」ではなく、普通のホルモンを注文。結論から言えば、こてこての方がおすすめだ。とは言え、臭味が無く、さっぱりとししているので十分に美味しい。

上ミノ
090110_1858~0001

内臓類は全般的に旨いが、ミノは格別。さっくりと噛み切ることが出来るほど柔らかい。
この日は締めくくりに、広島つけ麺「ぶちうま」に行きたかったので、ご飯物や麺類は注文せずに、デザートだけ頂いた。

おすすめは「塩アイス」
090110_1959~0002

高知県は室戸の塩を使ったアイスで、優しい塩気が口中の脂分をいい具合にリセットしてくれる。

新橋正泰苑 (焼肉 / 内幸町、新橋、虎ノ門)

東京都港区新橋2-3-4 新橋パークビル2階
TEL:03-6908-4529
17:00-24:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

木挽町 湯津上屋(そば / 新富町)
結市場を見つけた時、たまたま目に付いたお店。後日、改めて再訪した。

タワーマンション脇の路地にひっそりと居を構える。さりげない佇まいで、隠れ家的雰囲気に溢れるおそば屋さんだ。

090110_1.jpg

わずか10人も入ればいっぱいになってしまう小体な造りだが、そば屋らしい趣きがある。

当然、昼酒を目当てに訪れたので、熱燗から。
日本酒は一種類のみで特に銘柄はうたっていない。

090110_2.jpg

そば味噌は甘さ控えめで、お酒にGood。

しょうゆ漬け。この日のしょう油漬けはかぶ。
090110_3.jpg

シンプルだがいい肴だ。濃い味のつまみが多い中、いいアクセントになる。勿論、お酒との相性はいい。

玉子焼き
090110_4.jpg

見た目以上にふっくらと仕上がっていて、江戸前らしいしっかり目の味付け。最近頂いた玉子焼きの中ではかなり出来がいい。

天ぷら盛り合わせ
090110_5.jpg

この写真を見ると、衣の厚いおそば屋さんらしい天ぷらに映るが、さっくりとして旨い。特にかき揚げは、丁寧な仕事ぶりが伺える逸品。

もり
090110_6.jpg

こちらのお店は、田舎や更科といったおそばのバリエーションはなく、1種類のみである。

まず、見てくれがいい。実際にそばの香りも高く、喉越しも滑らか。

つゆはキリッと締まったストイックな味わい。
090110_8.jpg

薬味のネギとわさびにも誠意が感じられる。
090110_7.jpg

鴨汁
090110_9.jpg

鴨脂がつゆに丸みを与えてほんのりと甘くなる。肉質も上々。

かけ
090110_10.jpg

正直、もりとかけ両方では多過ぎるくらいボリュームがある。
かけも悪くはないが、このお店のつゆだとし少し甘みが足りないのか、平坦な印象を受けた。

かき揚げの余った衣を投入
090110_11.jpg

全体的にコストパフォーマンスが高い。
これは電車でも行きやすいし、またひとつ通いたくなるお店を発掘した。

木挽町 湯津上屋 (こびきちょう ゆづかみや) (そば / 新富町、銀座一丁目、宝町)

東京都中央区銀座1-22-14
TEL:03-3567-0838
11:30~売り切れじまい
月休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ラデュレ(ケーキ / 銀座)
パリで超の付く有名店ラデュレが銀座三越に出店してからしばらく経つ。何度か足を運んでみたものの、週末はいつも沢山の人でごった返していて、なかなか購入する機会が得られなかった。少し早い時間に出掛けたら思ったよりは空いていた。長考の末、ケーキ2個とマカロンを購入。

090108_1.jpg

マカロンこそ簡易包装だったが、ケーキは1つ1つ箱に入れられ、その箱がまた美しい。

ミルフィーユ プラリネ
090108_2.jpg

いかにもフランスの洋菓子店らしく、クリームが濃厚でしっかりと甘い。しかし某先進国の洋菓子と違い、単に甘いだけではなく気品が感じられる。また各層ごとにはっきりとした主張がある。中心部のカスタード層はバニラの香りが、上層部のプラリネは焦がしたブラウンシュガーの食感とほろ苦さが良いアクセントになっていた。

サントノレ フレーズ・ピスタッシュ
090108_3.jpg

こちらはより多くのステージに分かれていて、楽しみどころが満載。前述のケーキと同様に、しっかりとした力強い味わいだ。ボリュームや質感からして、端麗なお菓子ではないが、かえって新鮮味を感じる。ピスタチオのクリームは香りよく、周りを取り囲むフランボワーズ?のパイが何とも美味。変に酸味だけが際立っていないところが凄い。サブレ生地がまた旨い。この濃厚な風味は、惜しげなくタップリと発酵バターを使用しているのだろう。

マカロン
090108_4.jpg

マカロンと言えばラデュレというほど、このお店の代名詞にもなっている商品だ。実際、他のお店のマカロンとはひと味もふた味も違う。外側の美味しさもさることながら、種類によって、中身の入れ方に工夫が見られる。

どのお菓子もどっしりとしているが、本物の風格が漂う。

ラデュレ (Laduree) (カフェ・喫茶(その他) / 銀座、東銀座、銀座一丁目)

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 2F
TEL:03-3563-2120
ブティック 10:00~20:00 サロン 10:00~23:30
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:おすすめスイーツ♪ - ジャンル:グルメ

結市場 (自然食品 / 新富町)
新富町界隈をプラプラして、偶然見つけた自然食品のお店。最近マイブームの一軒でもある。有機栽培の野菜を多数扱っていて、種類が豊富なのが嬉しい。

090106_2.jpg

それなりにお値段は高めだが、生産者の顔が見える、安全かつ美味しい野菜が揃う。

090106_3.jpg

野菜以外にも、自然食品の販売も行っている。当ブログで紹介した納豆「ふくふく」もこちらで購入したもの。

090106_5.jpg

この出雲そばもこちらで購入。田舎タイプのおそばで、少しもそもそ感はあるが打ち粉が多く、そば湯がおいしくできる。

090106_6.jpg

店頭ではデザートの販売も行っている。これが秀逸。特にシュークリームがおすすめ。

090106_7.jpg

2階ではレストランも経営している。一度訪れてみたい。

結市場(自然食品 / 新富町 )
東京都中央区銀座1-21-13
TEL:03-3562-7719
11:00~21:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:オーガニックライフ - ジャンル:グルメ

おいもやさん 興伸(芋菓子 / 根津)
根津に出掛けた際、いつものスイートポテトを購入しようと思ったら、新しい商品を発見。アップルポテト。

090105_1.jpg

季節物のせいか、初めてお目にかかる商品だ。りんごをくり抜き容器に見立て、中にスイートポテトを入れて焼き上げたお菓子。1個あたりのボリュームはスイートポテトの倍近くある。

090105_2.jpg

紅玉の酸味が程よく溶け出し、スイートポテトにほのかな彩りを添えて、また新たな趣を演出してくれる。

おいもやさん興伸 根津店 (和菓子 / 根津、東大前)

東京都文京区根津1-22-14
TEL:03-3827-5520
10:00~20:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

今年の正月料理
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ようやく昨年のネタをアップし終え、今年のネタを順次アップしていきます。
まずは元日のお正月料理から。
この日は眠い目をこすりながら、富岡八幡宮へ初詣に。何とか9:30の祈祷には間に合った。

我が家の今年のお正月はこんな感じ。
090101_1.jpg

玉子焼き、数の子、なま酢ではなく辣白菜は自家製。

今回は敢えてお刺身は買わず、丸海の甘鯛の昆布漬けを購入。
090101_2.jpg090101_6.jpg

悪くはなかったが、これなら、平目の方がいい。

お正月に欠かせない3種の仁義
築地佃茂の黒豆
090101_3.jpg

固い食感が心地よく、噛むほどに味わいが増す。味付けも絶妙。他の品には代え難い。

同じく佃茂の栗きんとん
090101_4.jpg

こちらも他の追随を許さない、出色の出来。

神宗の塩昆布
090101_5.jpg

一度食べたらやめられない。

締めはお雑煮で。
090101_7.jpg

宮川の鶏肉を使っているが、今回は12月中旬に購入して冷凍保存しておいたものを使用。あの行列を並ぶことを考えると一回のお雑煮ならこれくらいで十分。

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ
2008 年間MVP
2008年も、よく食べてよく飲んだ。廉価な大衆料理から、ちょっと奮発したグランメゾンまで。口福を頂いた全てのお店に感謝したい。

2008年MVP
ガストロノミー・ジョエル・ロブション(フランス料理 / 恵比寿)

さて2008年のMVPだが、ここも12月の月間MVP「ガストロノミー・ジョエル・ロブション」で決まり。5年前に比べて、料理は着実に進化していて、一世代違うものと言っても過言ではない。フレンチ新時代の風を感じた。

ロブションのトレードマークとも言える、料理の周囲をソースで点々と飾る絵画的な盛りつけは姿を消していた。皿そのものはシンプルでありながら、裏打ちされた影の仕事には精緻な計算がなされている。パンの旨さも出色。

090103_2.jpg

素材の持ち味を生かすというのは口で言うほど容易いことではない。
食材の特性を知り尽くし、新しい個性を構築する。
貪欲な探求心が常に進化を促し、彼を最先端に押し上げているのだろう。

部門賞


<この一品>
ひら井(どぜう / 本所吾妻橋)
080815_3.jpg

今年の一品は迷った挙句、ぬき鍋に決定。本来、まる鍋派ではあるのだが、こちらのぬき鍋は丁寧に下ごしらえが施されていて、格別の味わい。どぜうの天ぷらも稚魚ではなく、成魚を揚げてくれたのも印象的。

<Bar・酒亭部門>

BAR HIGH FIVE(Bar / 銀座)
080802_1.jpg

長年、Star Barを支えていた上野さんが独立して08年夏にオープンしたお店。カクテルの美味しさはピカ一で、Star Bar時代とはひと味違った上野ワールドが愉しめる。小ぢんまりとしながらも温かみを感じるアットホームな雰囲気がいい。

<食品部門>

堀田のフルーツトマト(高知)
080412_2.jpg

最近はスーパーでもフルーツトマトを目にすることが多くなったが、このフルーツトマトは別格。皮の厚さも気にならず、糖度が高い。

<ブラッスリー・スイーツ部門>
ドミニク・サブロン(赤坂)
080320_4.jpg

今年、赤坂BIZタワーにオープンしたドミニク・サブロンに決定。カンパーニュを始めとしたハード系は勿論、レザンやデニッシュ等のスイーツ系も美味しい。当初は行列が絶えなかったが、2ヶ月ほど前に訪れた時は、並ばずに入ることができた。

<調味料部門>

旭ポン酢(大阪)
080404.jpg

相変わらずいろいろなポン酢を試してはいるのだが、旭ポン酢の右に出るものはない。バランスの良さは出色。

<調理器具部門>
プジョーのペッパーミル(フランス)
080901_01.jpg

購入後、日々愛用しているが、一度使うと手放せなくなる。感触の良さもさることながら、挽いた胡椒の香りがひときわ高い。

<アルコール部門>

黒龍3本揃い(福井)
090103_3.jpg

こちらも12月の月間MVPと同じ結果となった。本当に3種類を並べて飲んだんだよなぁと、いま写真を見てもため息が出るほど。

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ
2008年12月
<レストラン部門>
12月の月間MVPはまれに見る激戦で、何軒も選出したいお店がある。しかし、ここは「ガストロノミー・ジョエル・ロブション」で揺るがない。

090103_1.jpg

以前、足を運んだのが「タイユヴァン・ロブション」時代だから、かれこれ5年近く時間が経過している。実はその時、開業時と比べると少々味が落ちているように感じていた。
その後、タイユヴァンのブリナさんが亡くなり、経営母体も変わった。一抹の不安を抱えての再訪だったが、まったくの杞憂に終わった。
流石はロブション。東京では屈指のグランメゾンと言える。

ガストロノミー ジョエル・ロブション(フランス料理 / 恵比寿)
東京都目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイス シャトーレストラン ジョエル・ロブション2F
TEL: 03-5424-1347
11:30~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
不定休(ガーデンプレイスの休みに準ず)

<今月のこの一皿>
一皿を選ぶにも12月は頭を抱えてしまう。中でも、より感動が大きかった「双葉」のとんかつに決定。

081205_7.jpg

肉質、火の通しはさることながら、ご飯、きゃべつ、お味噌汁、お漬物に至るまで、誠意あるれる仕事ぶりに脱帽。

双葉 (とんかつ / 上野)
東京都台東区上野2-8-11
11:30~14:00
月木日休(仕入れにより不定休)

<アルコール部門>
黒龍の貴重な3本揃い踏みで決まり!

090103_3.jpg

八十八号、二左右衛門、石田屋。どれも黒龍らしい凛とした味わいだが、歴然とした個性がある。お酒だけを愉しむなら石田屋。料理にあわせるなら二左右衛門といった印象。

灘屋 (酒屋 / 湯河原)
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上475-7
TEL:0465-63-2011
9:00~19:00
木休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ
流石の年越しそば (そば / 銀座)
2008年の年越しそばは「流石」で購入。
081231_1.jpg

いい面構えをしている。
081231_2.jpg

お持ち帰り用のそばは、お店と違い1割のつなぎが入ったもの。

せいろで頂く分とは別に鴨せいろ用のつゆをつくってみた。
脂を引かず鴨肉を鍋で炒め、鴨の脂が出てきたところでネギを投入。

081231_3.jpg

更に高麗郷のつゆを入れる。
081231_4.jpg

市販のつゆとしては変に甘すぎず、バランスがいいので、気に入っている。

そばはのどごし、香りともいい。一年の最後の締めとしては申し分ない。
081231_5.jpg

付属のつゆはストイックな味わいで若干薄めの感もあるが、十分に愉しめた。


流石 (さすが) (そば / 宝町、銀座一丁目、新富町)

東京都中央区銀座1-19-12理研ビルB1F
TEL:03-3567-0021
11:00~14:00 17:30~26:00
日祝:12:00~15:00 17:30~22:00
月休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。