Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月
レストラン部門

今月の月間MVPは根津の「よし房」。肴、酒、そばの三拍子が揃っていて、いずれもレベルが高い。そばはせいろ、田舎共に瑞々しく、キリッとしたつゆがこれまたいい。

081018_9.jpg

今月のこの一品
081018_7.jpg

こちらも同じく、よし房の「茄子汁せいろ」。ちょっと目先の変わった季節物という程度の軽い気持ちで頼んでみたが、これが大正解。想像を遙かに上回る出来映えにただただ脱帽。

よし房 凛 (そば / 根津)
東京都文京区根津2-36-1
TEL:03-3823-8454
月~土11:00~15:00 17:30~21:00 日:11:00~15:00
火休

今月のスイーツ
おいもやさんの「スイートポテト」。よし房の帰りに立ち寄り、大学芋のついでに購入したのだが、何とも良い塩梅でびっくり。

081018_17.jpg

おいもやさん 興伸(芋菓子 / 根津)
東京都文京区根津1-22-14
TEL:03-3827-5520
10:00~20:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

夢吟房(うどん / 築地)
東銀座のオフィスビルに構えた店舗はモダンで、ツマミ類やお酒の品添えが豊富なことから、近隣のサラリーマンに重宝されているうどん屋さん。

081025_6.jpg

また、うどんのポーションを小振りにして、ワラビ餅を添えたセットメニューなど、女性に嬉しいサービスも心憎い。

池の鶴を注文。
081025_7.jpg

野菜の天ぷら
081025_8.jpg

やや油切れは悪いが、そば、うどん店としては充分の出来映えだと思う。カリカリ系。天ぷら種としては珍しいジャガイモが予想以上に美味しかった。

香露
081025_9.jpg

たまり醤油を使ったぶっかけうどん。見ての通り具沢山。たまり醤油だけに、少し味がキツめになるのでは?と思ったが、かなり多目の大根おろしで、塩気は薄まり、かえって物足りない。うどんそのものはシコシコと弾力がある。

ネギ胡麻うどんとワラビ餅のセット
081025_10.jpg

惜しみなく振りかけられたネギがうどんによく絡まる。このネギを遺漏無く食べられるように添えられた穴あきレンゲが嬉しい。胡麻のプチプチとした食感が小気味良い。出し汁は関西風。これでネギが九条ネギならもっと香り高くなって美味しいのだろうが、コストが掛かりすぎるか。

ワラビ餅
081025_11.jpg

ワラビ粉100%ではないが、2色のお餅はフルフルとしてなかなか悪くない。黄粉にほんのりと塩気があるのも良い。

銀座 夢吟坊 (ぎんざむぎんぼう) (うどん / 東銀座、築地、新富町)

東京都中央区築地1-13-5ADK松竹スクエア 1F
TEL:03-3541-9800
平日:11:30~23:30 土祝:11:30~22:30
日休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

三州屋 銀座店(居酒屋 / 銀座)
久しぶりに三州屋へ。お店選びに迷った時は三州屋に限る。

お通し(マグロの煮付け)
081025_1.jpg

ほのかに生姜が香り、色目は淡いがしっかりと味が染みている。臭味はまったくなく、身も柔らかくて旨い。

鯛豆腐
081025_2.jpg

金目鯛と豆腐の塩味仕立て。あっさりとした味わいで悪くない。でも、醤油仕立ての鳥豆腐の方がコクもあってツマミ向きかも。

芹のおひたし
081025_5.jpg

出汁醤油の塩梅がよい。添えられる鰹節の香りも高い。

ブリの照り焼き
081025_3.jpg

この日はブリの質が今ひとつだった。タレの味はすごく良いのだが、切り身そのものが少し生臭かった。

マグロ納豆
081025_4.jpg

ブリと対照的に、マグロブツの味はすこぶる良かった。鮮度も脂乗りも上々。大粒の納豆がこれまた旨い。和辛子がツンと効いている。

いつ食べても味のブレが殆ど無い良店。

大衆割烹 三州屋 銀座一丁目店 (さんしゅうや) (居酒屋 / 銀座一丁目、宝町、京橋)

東京都中央区銀座1-6-15
TEL:03-3561-7718
11:30~15:00 16:30~22:30
日休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

おいもやさん 興伸(芋菓子 / 根津)
「根津のたいやき」にほど近い場所にある大学芋のお店を覗いてみた。お店自体は比較的新しく、まだ1年くらいだろうか。調べてみると浅草に本店があるらしい。実際に入るのは初めて。

081018_14.jpg

大学芋とスイートポテトをお土産で購入した。

081018_15.jpg

大学芋は紅さつまの新いもとカモテ(おいもの品種)を使った2種類がある。後者は冷蔵庫で冷たくしても美味しく頂けるとのこと。

081018_16.jpg

はちみつをベースにした密を使用。糖度はしっかりと高いのだが、後口は爽やか。この密が、カリッと揚がった表面によく絡んでいる。新いもはホクホク度が高い感じ。カモテの方は、翌日に冷やしたものを食べてみた。表面が飴状になって少し堅くなるのだが、内部の瑞々しさは損なわれない。これはバニラアイス等を添えても合うだろう。

スイートポテト
081018_17.jpg

オマケで購入したのだが、これはビックリの大ヒットだった。しっとりと柔らかく、リキュールの様な甘い香りがほのかに感じられる。デザートとしてかなり美味しい。

おいもやさん興伸 根津店 (和菓子 / 根津、東大前)

東京都文京区根津1-22-14
TEL:03-3827-5520
10:00~20:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

根津のたいやき(たいやき / 根津)
「よし房 凛」を後にして徒歩20秒。新たな行列に加わった。根津名物のひとつ、たいやきだ。根津神社周辺では、ここのたいやきか、「芋甚」のアイスモナカは外せないところ。

081018_10.jpg

列は10人強といったところか。見ていると、お土産としてビックリするほど大量に購入する人が多い。既にお腹は一杯なので、1個のみ購入。

081018_11.jpg

やきたてのホヤホヤだけに皮はカリリと香ばしい。餡は尻尾までたっぷりと詰まっている。

081018_12.jpg

上品な甘さでなめらか。とても美味しい。見た目よりもガツンと食べ応えがある。

帰り道、とある家から猫の鳴き声が・・ふと見上げると2階の窓から何やら吠えている。どうやら階下を歩いている飼い主に餌を無心しているようだ。

081018_13.jpg

菱形になった口がカワイイ。

根津のたいやき (ねづのたいやき) (たい焼き・大判焼き / 根津、東大前)

東京都 文京区根津1-23-9 -104
10:30 - 16:00
TEL:03-3823-6277
火金休(不定休 有り)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

よし房 凛 (そば / 根津)
あまり知られていないかも知れないが、根津には「街のおそば屋さん」とは一線を画す蕎麦店が何軒かある。その中でも、一番のおすすめがここ「よし房 凛」だ。

081018_1.jpg

この日は休日とあって、終始10人ほどが行列をつくっていた。
気温も高く、待っているだけで汗ばむほどの陽気。と、くればこれは欠かせない。

081018_2.jpg

焼味噌
081018_3.jpg

白味噌をベースに、香味野菜と蕎麦の実をあわせ、軽く炙ったもの。甘味と塩気のバランスがいい。これには日本酒が必要だ。

豊盃 しぼりたて
081018_4.jpg

季節限定の銘酒を注文。いつ飲んでも安定して美味しい酒だ。

天ぷら盛り合わせ
081018_5.jpg

おくら、谷中生姜、栗など、変わり種が楽しい。特に栗は一度調理したものを揚げているようだ。これは特によかった。衣はカリッと固め仕上げで、魚介は海老とキス。別皿で塩も供される。

鴨やき
081018_6.jpg

付け合わせ野菜の盛りつけがフレンチの様に美しい。甘辛いタレが鴨によく絡み付く。肉質は臭味が無くジューシー。勿論、日本酒との相性も申し分ない。

せいろ
081018_8.jpg

この日は益子産のそば粉を使用。見るからに美味しそう。喉越しがよく、香りも高い。そばつゆがこれまた秀逸だ。やや辛口で、そばの仄かな甘味をより一層引き立ててくれる。

田舎
081018_9.jpg

せいろと比べると全体的に色味が濃くなる。いわゆるモソモソとした田舎そばではなく、しっかりとした弾力と共に、瑞々しさを湛えていてとても美味しい。

茄子汁せいろ
081018_7.jpg

これが今回衝撃を受けた一皿。温かいつけ汁にたっぷりの茄子と蓮根が入る。茄子は一度油で火を通しているため、その油分がつゆに溶け込む。かと言ってこれが嫌味ではなく、つゆの味わいを別次元にいざなう。(鴨脂ではなかろうか?)勿論、茄子そのものがとても美味しい。細切りのピーマンがそばつゆと予想外の好相性。

締めくくりのそば湯も別誂えのポタージュ系。
肴、酒、そば、つゆ、そば湯等、どれをとってもレベルが高い。もっと注目されていいそば屋と言える。

よし房 凛 (よしぼう りん) (そば / 根津、東大前)

東京都文京区根津2-36-1
TEL:03-3823-8454
月~土11:00~15:00 17:30~21:00 日:11:00~15:00
火休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

宮越屋珈琲(コーヒー / 新橋)
札幌に本店がある珈琲専門店。住所は新橋だが、銀座にほど近い中央通り沿いに店を構える。1階はテイクアウト専用。2階が喫茶店となっている。

081012_12.jpg

落ち着いた雰囲気でくつろげる。店内を見渡すと、チェロのセパレートアンプやタンノイの古いスピーカーなど、へぇと思わせるオーディオ製品が並び、これらの機器からさりげなく音楽が流れている。

081012_15.jpg

肝心の珈琲はかなりの本格派。マンデリン。
081012_13.jpg

腰がどっしり座った濃密な味わいで、力強く香りも高い。焙煎の良さを感じる。

アイスコーヒー
081012_14.jpg

こちらも濃厚な味わいで、少々氷が溶けたくらいでヘタらないところがいい。

これはかなり気に入った。週末に遅くまで営業しているのもポイントが高い。

宮越屋珈琲 新橋店 (ミヤコシヤコーヒー) (喫茶店 / 新橋、汐留)

東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル1F
TEL:03-3573-8188
平日:10:00~翌1:00 土日祝:10:00~23:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

SUNAMO すなも (ショッピングセンター / 南砂)
南砂にオープンしたSUNAMO(すなも)へ出掛けた。ちょっと冴えない微妙なネーミング。この日は駐輪場に入るのもやっと。その混雑たるや尋常ではない。これからしばらくは大変な日々が続くだろう。

081012_5.jpg

レストラン街をチェックしてみた。行列を予想して、この日はあえて食べなかったが、ショッピングセンターにしては悪くない。非常にうまくコーディネイトしている印象を受けた。ららぽーと豊洲も、もう少し見習って欲しい。丸ビルを手がけているだけあって、三井不動産より三菱地所の方がセンスが良い。ことレストランに関しては。

081012_6.jpg

中でも、両者の違いを端的に表しているのがフードコートではないだろうか。ここのフードコートに出店しているお店は、殆どが「1度は食べてみたい」・「食べてみてもいいかも」と思わせてくれる。残念ながら、ららぽーと豊洲のフードサーカスにはそれほどの魅力が無い。

081012_7.jpg

例えば、札幌 三代目月見軒。札幌の人気店で、既に別の店名で門前仲町に店舗を構えているが、そちらは東京向けにアレンジされている。やはり本店の味も食べてみたい。

081012_8.jpg

また、最近はやりの富士宮焼きそばのお店。こちらは単なる冠ではなく、全国B級ご当地グルメを競う「B1グランプリ」で2年連続のNo.1に輝いたお店。

関東初上陸の佐世保バーガー、本場大阪から出店しているねぎ蛸というたこ焼き屋。餃子やメキシカンフードなど、バリエーションも豊富で実に楽しい。

081012_9.jpg

他にも、以前紹介した、回転寿司「まぐろ人」の新しいスタイルの店舗や、肉卸が経営する焼肉屋、ひつまぶしのお店、有名店では浅草の洋食屋「ヨシカミ」など、枚挙にいとまがないほど。

081012_10.jpg

勿論、当ブログにて、ぼちぼちレポートしたいと思っています。

SUNAMO(ショッピングセンター / 南砂)
東京都江東区新砂3-4-31
TEL:03-5665-3673(代表)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

みすじ(ラーメン / 門前仲町)
札幌の有名店「札幌月見軒」が、この春、東京に初出店したお店。

081012_1.jpg

チャーシュー麺
081012_2.jpg

東京進出にあたって、月見軒の看板である味噌ラーメンではなく、この魚介ベースの醤油味で勝負したのはたまげた心意気だと思う。そしてそれが成功していることに拍手を送りたい。

スープは力強いコクがある。表面に浮いているのは背脂ではなく、生のたまねぎ。これがシャリシャリとした食感で、良い具合に油も吸ってくれるのか、とても効果的。

081012_3.jpg

中太の麺はスープとのバランスもいい。チャーシューは箸で持ち上げられないほどトロトロと柔らかく、香ばしい香りで、味もしっかりと染みている。これをつまみに一杯やるのも楽しかろう。

味噌ラーメン
081012_4.jpg

やはり味噌ラーメンの要望が多かったらしく、最近ようやく登場。実に軽やかなスープで、とんこつラーメンの様なまろやかさがある。これなら、九州ラーメンのような細い麺でも相性はいいかも知れない。旨味の濃厚さでは醤油の方に軍配が上がるが、味のバランスはかなり良い。

好きなタイプ。近所にまたひとつ選択肢が増えた。

みすじ (ラーメン / 門前仲町)

東京都江東区富岡1-25-3 毛利ビル1F
TEL:03-3820-0989
平日:11:30~15:00 18:00~翌2:00 土日祝:11:30~0:00
不定休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

地鶏屋(やきとり / 新橋)
新橋でも人気が高いやきとり屋のひとつ。

081011_2.jpg

お通し
081011_3.jpg

ボンジリとキンカンを中心に、色々な部位が甘辛く煮込まれている。臓物に臭味は全く感じられない。

この日は1,680円の6本セットを注文。まずは、つくねから。
081011_4.jpg

香味野菜がタップリと練り込まれているタイプで旨い。玉子の黄身は皮が厚く、ネットリとコクがある。

ねぎ間
081011_5.jpg

鶏は房州赤鶏を使用。写真ではわかりにくいが、どれもビッグサイズ。炭の上に落ちた鶏の脂から香気が上がり、それが良い具合にネギに絡みついて味わいを深めている。

さび焼き
081011_6.jpg

笹身はしっとりと柔らかい。チューブわさびを使用しているのが残念。

砂肝
081011_7.jpg

普段あまり好んで食べないが、臭味がないので美味しく頂けた。

うずらの玉子
081011_8.jpg

玉子の黄身が濃厚。胡椒が良いアクセントになっていた。

手羽先
081011_9.jpg

げんこつ大もあろうかという大きさ。これだけでお腹いっぱいになってしまうほどのボリューム。

伊佐美
081011_10.jpg

ロックで一杯800円。なみなみと注いでくれるところが嬉しい。焼酎、日本酒とも酒好きにも満足の品揃え。

新橋の喧噪から少し外れた場所にあるが、常に満席。前もって予約して出掛けたい。

地鶏屋 (じどりや) (焼鳥 / 新橋、汐留)

東京都港区新橋4-6-8 ムラコービル1F
TEL:03-5472-3478
17:00~23:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

おいしいカレー工房 ひつじや(インド料理 / 日比谷)
日比谷シャンテの地下にあるインド料理のお店。休日も営業しているので重宝する。

2種のカレーランチを注文
081011_1.jpg

これで750円。しかもナン、ライスともに食べ放題。絶大なコストパフォーマンスを誇る。
この日のカレーは右から茄子のカレーとチキンカレー。茄子のカレーはサラリとした軽やかなタイプ。一方、チキンカレーは、よりコクがあってしっかりとした味わいだ。

この他にヨーグルトと飲み物までが付いてくる。また、写真ではわかりにくいがサフランライスを供してくれる。色は薄いが値段を考えれば何も言うことはない。

おいしいカレー工房 ひつじや(インド料理 / 日比谷)
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテB2F
TEL:03-3539-6858
11:00~21:30
不定休(日比谷シャンテの休みに準じる)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

つるとんたん (うどん / 丸の内)
赤垣屋を後にして歩くこと約20歩。真正面にあるつるとんたんのうどんで締めた。この日は人気のお好み焼き屋「きじ」に負けず劣らずの行列が出来ていた。

メニューを見ると変わり種のうどんが多い。うどんそのものよりもアレンジで勝負している感が強い。

きつねうどん(えび天トッピング)
081004_9.jpg

巨大なお揚げにびっくり。ジューシーでとても美味しいのだが、急いで食べないと甘い煮汁がお出汁にどんどん溶け込んで味が変わってしまう。

肉汁うどん(冷)
081004_10.jpg

つけ汁とうどんは別々に供される。うどんそのものはまずまずといったところ。和牛がたっぷり入ったつけ汁は見た目ほどクドさもなくて旨い。

081004_11.jpg

つまみ類や日本酒の品揃えも豊富。全体的にはコーディネイトが上手いお店という印象だ。

おいしいおうどん つるとんたん 東京ビル店 (うどん / 東京、二重橋前、有楽町)

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
TEL:03-3214-2626
11:00~23:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

赤垣屋(居酒屋 / 丸の内)
先日、お好み焼きの「きじ」へ訪れた際、同じビルに入っていた立ち飲み屋が気になった。

081004_8.jpg

見ると、一品料理の他、串揚げやおでん等品揃えが豊富で、値段も安い。後で調べてみると大阪を拠点とした立ち飲み屋さんであるらしい。なるほど。

東京都心のオフィスビルに支店を出すくらいだから、それなりに期待できそう。早速、行ってみることに。

茄子の煮びたし
081004_1.jpg

普通に美味しい。嫌味な味はしないし、180円なら何の文句もない。

串かつナニワ7本盛り
081004_2.jpg

081004_3.jpg

牛、豚のヘレ、海老の他に野菜類もあってバランスのいい組み合わせ。衣は薄く、揚げ方も悪くないので、予想以上に軽やかだ。

勿論、2度づけは禁止
081004_4.jpg

山盛りきゃべつ
081004_5.jpg

きゃべつ用のタレもくれるが、串揚げのソースが一番相性がいいと思った。

おでん
081004_6.jpg

牛すじと豆腐を頼んだ。牛すじも悪くはないが、それ以上に豆腐が秀逸。見た目は今ひとつ煮込みが足りないように感じたのだが、あにはからんや、やさしい関西風のダシが染みこんでいてビックリ。旨い。

土手焼き
081004_7.jpg

味噌仕立てで供される。大阪では良く食べられるつまみだが、東京ではやはりめずらしい。少し甘めのこってりとした味噌が良い感じ。

どれも外れがなく、良質廉価な立ち飲み屋と言える。

立呑酒処 赤垣屋 東京ビル店 (たちのみさけどころ あかがきや) (立ち飲み居酒屋・バー / 東京、二重橋前、有楽町)

東京都千代田区丸の内2-7-3 トキアB1F
TEL: 03-5293-8851
平日:11:00~14:00  15:00~23:00
土:11:30~13:00 15:00~23:00
日祝: 11:30~13:00 15:00~22:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

2008年9月
<レストラン部門>
今月はお好み焼きのきじもよかったが、丈参に決定!
内蔵系のメニューが豊富で、各串とも独自のアレンジが効いている点が面白い。お酒の品揃えも満足がいくが、飲んべえにとっては少し高いか。

081002_1.jpg

丈参(やきとり / 人形町)
東京都中央区日本橋人形町2-25-11
TEL: 17:30~1:00
月日祝休

<アルコール部門>
文句なしで黒龍 純吟三十八号。さらさらと軽く、そして深い味わいは黒龍ならでは。酒門の会の限定酒なので、また1年が待ち遠しい。

080912_1.jpg

黒龍 純吟三十八号(日本酒 / 石川県)
製造元:黒龍酒造
酒造適合米:山田錦100%
原材料:米・米麹
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.4

<調理器具部門>
プジョーのペッパーミル。ここ最近購入した調理器具の中ではピカ一である。何より香り高いのがいい。胡椒を挽く触感もいい。

080901_01.jpg

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。