Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トナリ(タンメン/木場)
前からこの店の存在には気がついていた。

140322_1.jpg

しかし、本店との距離もごくわずかなので、敢えてこちらのお店に足を運ばなかったのだ。

この日、たまたま前を通り掛かると直ぐに入れそうな雰囲気。特にこの日はランチを決めていなかったことも有って、吸い込まれるように店内に。

折角、来たのだから唐揚げとビールで!

140322_3.jpg

カラッといい仕上がり。

そして、タンメンの登場

140322_2.jpg

野菜はシャッキリとして、前回、本店で感じたような油も気にならなかった。

決して、軽くはないが、少し胃が弱って食傷気味な時には染みる。



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅門前仲町駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 


スポンサーサイト
喜楽(ラーメン/渋谷)
高校生の時分から通っていたお店なので思い入れもひとしお。
今風の佇まいにリニューアルしてから久しい。手引きのエレベータがあった頃が懐かしい。

久しぶりに訪問したのだが、大きな変貌を遂げていた。
どうも主軸は一世代変わっていたようだった。それに伴ってか、味にも大きな変化が。

140315_1.jpg

一見、これまでの喜楽と変わりない。
さあ、もやしを掻き分け、麺に進むと。

140315_2.jpg

従来の平打の麺から一新。普通の太麺に。潅水が多いのか、黄色みを帯びている。
これでは喜楽の濃い口の醤油味に負けてしまうのではないかと思ったが、その分、スープの味が薄くなったことで均衡が保たれているようだ。

これには賛否両論あるだろうが、にわかに賛同しかねる。
この変化が茹で時間短縮の目的で無いことを切に願う。



関連ランキング:ラーメン | 神泉駅渋谷駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
一富士(ラーメン/大井町)
大井町駅近くの路地裏の入口にお店を構える。
駅からは1分も掛からないほど近い。

140110_1.jpg

古くからやっているお店で、気になるものの未訪だった一軒だ。何せ、大井町といえば馴染みの店を目指してわざわざ出かけて行く街なので、中々余所見はしないのだ。

オーソドックスな東京ラーメンを食べさせるお店と、勝手に思い込んでいたのもこれまで足を運ばなかった一因である。

店舗は1Fと2Fに分かれている。
この日は1Fがいっぱいだったため、2F席に。

半ちゃんラーメンを注文。

あまり待つことなく料理が運ばれてきた。
ラーメンの姿を見てびっくり。

140110_2.jpg

しょう油ベースのスープに焦がしねぎが浮いた永楽タイプのラーメンではないか!

140110_3.jpg

永楽と比較すると、麺は細身。スープを含め、全体的に軽めですっきりとした印象を受ける。

チャーハンは醤油だれを効かせていて、黒味を帯びている。もう少しお米がパラっとしていれば申し分ない。

140110_4.jpg




関連ランキング:ラーメン | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉村家(ラーメン/横浜)
横浜駅周辺でお昼ごはんを食べようとフラフラと歩いていたら家系の総本山、吉村家に遭遇。ご覧の通りの行列だ。客先訪問前であまり時間に余裕がなかったのでこの日は断念。

131217_1.jpg

結局、別の日にリベンジを果たした。
それにしても、吉村家は最寄り駅が無いような、行きにくい場所にあるイメージだったので、不思議に思い、調べてみると磯子から移転していたようだ。

時間帯を問わず、かなりの行列ができているのだが、いざ並んでみると比較的回転は早い。店内は大きいカウンターがメインで、一度に10人程の単位で入れかえを行っている。


カウンターには各種調味料が並ぶ

131217_2.jpg


初めてということもあって、オーソドックスなラーメンを

131217_3.jpg

麺は少しもっそりとした感じでまずまずと言ったところ。

131217_4.jpg

スープは黄色みを帯びていて、少しスパイシーな香りを感じる。食べ進めるとほの甘い風味も感じられ、何とも妖艶な雰囲気が漂う。ドロっとしたスープを想像していたのだが、意外にも食感はさらりとしていた。黄色の正体はターメリックか?と探っているうちに食べ終えてしまった。確かに後を引く。

チャーシューは薫香が香ばしい。アクセントが強く個性的だが、クセになる味わい。この臭いがスープに溶け込むことによって独得な世界観を作っているようだ。

後日、再訪問した時はスープがしょっぱすぎて食べるのがひと苦労だったので、作る人によって味のバラツキが有るようだ。



関連ランキング:ラーメン | 平沼橋駅横浜駅戸部駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

饗 くろ喜(ラーメン/秋葉原)
秋葉原と御徒町、浅草橋の丁度中間くらいの場所にある。
金曜日は店名を変え、鴨をベースにしたラーメンを醸すという変わった形態をとっている。

131209_1.jpg

行列は必至の人気店だけに、多少待たされる覚悟は必要だ。
この日もしばし待って奥の席に通された。

突き当りの書棚には料理本がいくつも並んでいるのだが、必ずしもラーメンと関係がないジャンルの料理も多く、様々なジャンルからエッセンスを取り入れているのだろうか。

塩が評判のお店なので、今回は特製塩そばに挑戦!

131209_2.jpg

麺は細麺と平打麺の2種類から選択できる。今回は後者を選択。
聞けば、前者を選んだ同僚が少ししょっぱく感じたようなので、正解だったようだ。

131209_3.jpg

丁寧にとられた透明度の高いスープは平打ち麺との相性がいい。
平坦ではなく、深みを感じさせる。塩ラーメンとしてはなかり高レベルと言える。

勿論、化学調味料も使用していないので後味もすっきり。

また、具のバランスもいい。チャーシューはしっとりと肉の旨味を感じさせるし、ワンタンも美味。

今度は金曜日に出掛けてみたい。



関連ランキング:ラーメン | 浅草橋駅岩本町駅秋葉原駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ゴル麺(ラーメン/横浜)
その名の由来はよくわからないが、インパクトがある店名だ。
こちらのお店は横浜駅周辺だけでも2店舗展開している。

131205_1.jpg

お目当てのお店があまりに混雑していたので入ってみることに。
店内は明るく、赤を基調したインテリアが斬新だ。

メニューはつけ麺から塩、豚骨しょう油など、ベースだけで実に5種類のラインナップを揃えている。
この段階で期待値は低い。今回はその中から、豪麺を注文。

131205_2.jpg

その名前からも力技タイプのラーメンかと思ったのだが、全体的にバランスがいい。

スープは臭みがなく、口当たりのまろやかさが印象的。
突出したものは感じないが、飽きの来ないタイプと言える。



関連ランキング:ラーメン | 平沼橋駅横浜駅戸部駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ラーメン潤(ラーメン/亀戸)
最近お気に入りの一軒である潤の亀戸店に「潤二郎」なるメニューを発見。

久しく二郎系を食べていなかったこともあり、迷わず試してみる。

130923_1.jpg

おー、確かに二郎っぽい面構え。潤二郎と名乗るだけのことはある。
つるりとした麺と魚系のダシが効いたスープは紛れもなく燕三条系のそれであり、二郎ではない。インスパイヤー系のラーメンといったところだが、ニンニクのパンチ力で、ちゃんと二郎方面にベクトルが変化している。

見た目よりもすっきりとしたスープは脂臭くなく、本家よりもかなり低カロリーなのではないか?これなら月2くらい食べてもあまり体に悪くないのではないかと思うのだが...




関連ランキング:ラーメン | 亀戸駅西大島駅亀戸水神駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。