Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うな泉(うなぎ/北品川)
旧東海道の北品川沿いにあるうなぎ屋さん。

120810_1.jpg

カウンターのみの小体な造りのお店で、店主ひとりで切り盛りしている。

120810_2.jpg

下拵えをしたうなぎを注文に応じて仕上げるスタイル。

うなぎは利根川の坂東太郎を使用。
養殖物ではあるが、臭みはなく旨み十分。

120810_3.jpg

下処理がいいのか、柔らかい焼き上がりで、辛口のタレの塩梅も上々。
期待以上の出来の良さ。

120810_4.jpg

お新香ときも吸いが付く。



関連ランキング:うなぎ | 北品川駅新馬場駅天王洲アイル駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

あつみ(うなぎ/浜松)
浜松と言えばうなぎ。
とは言うものの、浜名湖のうなぎを現地で頂くのは初めて。

111101_1.jpg


外観、店内ともに風情ある佇まい。
店内はいっぱいのお客で賑わっている。この入りならばと期待は膨らむ。

店内にはいけすがあり、筒の中にうなぎが。

111101_2.jpg

うな丼

111101_3.jpg

いわゆる関西風のうなぎはあまり食べたことがないので、よくわからないのだが、東京のうなぎに比べると蒸しが弱い印象。こちらのうなぎは、東京と大阪の丁度中間的な位置づけなのかも知れない。食べ慣れたうなぎに比べると少し固めの仕上がりだ。

甘辛いタレがごはんによく絡んでいる。ご飯はおかわり自由とのこと。うなぎでごはんをおかわりしようという発想自体なかったが、これが浜松流なのか?




関連ランキング:うなぎ | 新浜松駅第一通り駅浜松駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
うなくり5(うなぎ/砂町銀座商店街)
砂町銀座商店街の丸八通り側入口にほど近い、テイクアウト専門のうなぎ屋さん。

以前から気になっていたのだが、こちらの店前を通りかかる頃には既に色々な食材を買いすぎていて、ついつい後回しになっていた。

101202_1.jpg

今回は初めてということもあって、600円の蒲焼(中)を購入。
肝焼きにも心惹かれたが、それは次回の楽しみとしておくことに。

オーブントースターで加熱して頂いたのだが、これが結構よかった。
この値段なので、正直、臭いが気なるかな?と思っていたのだが、さにあらず。

101202_2.jpg

むしろ、生臭みは全く感じられなかった。身も思った以上にふっくらとしていた。このお値打価格を考えれば、上々の出来映え。
次は、肝焼きも買ってみよう。



関連ランキング:うなぎ | 大島駅西大島駅南砂町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:今日の夕ご飯 - ジャンル:グルメ

鈴木川魚店(うなぎ/清澄白河)
この日はまず「こうかいぼう」で振られ、続く「黒船」「七福」でも撃沈。お目当てのお店が相次いでお休みだった。
空きっ腹を抱えて途方に暮れていると、鼻腔をくすぐる芳香が!
見るとテイクアウトの鰻重が800円~とあり、意外と手頃。

100505_1.jpg

天気は上々!
これはお弁当にしてもらって、木場公園で頂いたらかなり楽しいかも。
ということで、鰻重と焼き鳥を購入して木場公園に向かった。

園内に入ると、東京のお酒と陶器市が開催されていた。

100505_4.jpg

公園内でベンチを確保し、昼酒とともに。

100505_2.jpg

うなぎの質に関しては、正直あまり期待していなかったのだが、国産のものを使用しているとのことで、案外悪くない。
値段を考えれば十分と言える。タレの塩梅も辛めで割と好み。
焼き鳥は、つくねよりもねぎまの方がおすすめ。

100505_3.jpg

こういう環境で食べるとより一層美味しく感じるのも確かだが。

鈴木川魚店(うなぎ/清澄白河)
東京都江東区三好3-11-5
TEL:03-3641-7597
月、第2第3火休
10:00~19:00

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
野田岩(うなぎ / 日本橋高島屋)
鳥近の玉子焼きを購入後も、あれやこれやと物色していたら野田岩に目がとまった。このところ、うなぎには悪いニュースが多いから、という訳でもないのだが、我が家ではうなぎを購入することが極めて少ない。それでも、この日は久しぶりに食べたくなった。まあ野田岩なら間違いなかろう。

080910_3.jpg

一番安い串を購入。それでも結構なお値段だ。
080910_4.jpg

蒸し器で温めて頂いた。蒸し器から取り出す時に切れてしまうくらい柔らかい。これは期待できそう。

野田岩のうなぎは蒲焼きの状態がベストになるように調整されているため、タレはかなりの辛口。丼にするとご飯にもタレが掛かるため辛すぎてしまう。だからお店で頂く際のオススメも蒲焼きなのだ。

振りかけた山椒はやまつ辻田の新物。
080910_5.jpg

確かにご飯にもタレを合わせると辛い。かなりストイックなタレだ。
ということは、デパ地下の販売店でつけてくれるタレもお店に準じているのだろうから、それはそれで嬉しい。

うなぎ自体は養殖物だったが、十分に愉しめた。持ち帰りのものでも生半可なうなぎ屋さんでは敵わない。あー、ご無沙汰している本店で食べたくなった。


野田岩(うなぎ / 日本橋高島屋)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

ひつまぶし名古屋備長 (ひつまぶし/ 銀座)

銀座マロニエゲートに、名古屋からひつまぶしのお店が東京初進出を果たした。我が家の近隣でお気に入りのうなぎ屋さんといえば築地の宮川本纏くらいしかない。食前から期待は高まる。

関東と関西ではうなぎの文化は全くといっていいほど異なる。うなぎに限らず、うどんのつゆやおでんなど、東西で顔立ちの違う料理は多い。生粋の東京人ではあるが、うどんは関西のつゆに軍配を挙げる。が、うなぎに関しては絶対譲れない。うなぎは”蒸し”の仕事なしに存在し得ないとさえ思う。これぞ、江戸前の文化とも言える。
こちらのうなぎは関西圏に属するもの。本場のひつまぶしは食べたことがない。正直なところ食べてみないことには何とも言いようがない。

お店に入り、待つこと20分。ひつまぶしが運ばれてきた。こちらのお店では普通のひつまぶしと上ひつまぶしがあるが、その違いは量のみ。普通のひつまぶしを注文。

食べ方としては、3段階のステップを辿る。
まずは、そのまま普通にうな丼としていただく。焼きのみのうなぎなのでふっくら感はない。やはり多少の違和感は感じる。皮も身もしっかりと焼いている感じ。カリっとした食感だ。タレは辛口で悪くない。

070915_02.jpg

次にネギとわさびの薬味を乗せて頂く。確かにうなぎの場合、薬味は山椒くらいのもので、わさびは白焼きにしか使わない。ネギとわさびで果たしてどれほど変わるのだろうかと思ったが、案外違うものだ。そのまま頂くより、こちらの方が好みだ。ネギのシャリシャリ感が小気味いいし、辛口のタレが上手く中和される。

070915_03.jpg

最後は残った薬味にのりを乗せて、だし汁を注ぎお茶漬け風にしていただく。はたしてうなぎの皮の生臭さはどうなのだろうかという思いがあったが杞憂に終わった。臭味はまったくなく、出汁によってうなぎはしっとりするし、タレが上手く溶け込み全体に良く馴染む。

070915_04.jpg

正直期待を上回るもの、ではあったが、やはり江戸前のうなぎの方が好きだ。とは言え、たまにはこんな変化球があってもいいと思う。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。