Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
國廣(鯛茶漬け/浜松町)
博多に本店があるもつ鍋のお店。
場所は浜松町の駅から約10分。第一京浜の浜松町二丁目交差点から少し入ったところにある。

140226_1.jpg

ランチタイムはもつ鍋ではなく、鯛茶漬け。
小鉢で色々と料理が付いてくるのが嬉しい。

140226_2.jpg

特に蒸し野菜はどれも素材の良さが感じられとてもいい。
名前は失念したが、九州の野菜で春の訪れるを告げる野菜が特にいい。


肝心の鯛はゴマダレに和えられた状態で供されるので、まずは普通にご飯のおかずとして頂く。

140226_4.jpg

ゴマダレがしっかりとした味わいながら深みがあり、おかずとして十分に旨い。
続いて、ご飯をおかわりしてだし汁を掛けて。

140226_5.jpg

これがまずかろう訳がない。
鯛も臭みがなく、生とは違う味の変化が愉しめる。




関連ランキング:居酒屋 | 大門駅浜松町駅芝公園駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

かに道楽(カニチャーハン/西新宿五丁目)
近くにお店がないということもあるが、関西での知名度とは異なり、東京ではなかなか馴染みがないお店のひとつ。

今回はランチで訪問。

扱っている商品が蟹だけにそう安いものではないことは想像に難くないのだが、何となく安いお店というイメージがあった。店内に入ると着物を来た店員さんがお出迎え。ちょっと大型の温泉旅館に来たような気分だ。そして靴を脱ぎ、2階へと通された。

メニューを見るとランチからそれなりのお値段の品が並ぶ。
常連の方のおすすめに従い、裏メニューのカニチャーハンを注文。

カニの身がたっぷり目に入ったチャーハンを想像していたのだが、予想はまんまと裏切られた。

140117_1.jpg

そう、あんかけチャーハンなのだ。
化学調味料臭さも気にならず、塩加減の塩梅がいい。
あんかけにすることでカニもしっとりとした状態を保っていて中々の出来映え。
上品にまとまったひと品。




関連ランキング:かに | 西新宿五丁目駅都庁前駅中野坂上駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
鳥ふじ(親子丼/茅場町)
新大橋通りと並行して走る通り沿いに店を構えている。
お店は階段を登ったビルの2Fにあり、オーラを感じさせる佇まい。

131012_1.jpg

店内はカウンターを中心にテーブル席も用意されている。
メニューは鶏料理が中心なのだが、何故かかつ丼の姿も。

131012_2.jpg

お目当ての親子丼を注文したが、その後、直ぐにかつ丼が売り切れた。土曜日のランチということもあり、たまたま具材の関係で品切れたのか、人気が高いメニューなのか不明だが、ちょっと気になった。

親子丼には小鉢の鶏団子と漬物、鶏スープが付く。

131012_3.jpg

鶏団子は、きめ細かく優しい味わい。鶏スープの印象も同様で、親子丼への期待が膨らむ。

131012_4.jpg


親子丼

131012_5.jpg

卵は場所によって状態が異なり、白身中心の半熟の部分、黄身中心の半熟の部分、しっかり目に日が通っている部分に分かれていて、ひとつの丼の中で違った世界が愉しめる。
ダシは少し甘めながら、鶏肉の邪魔にはならずバランスがいいひと品。

土曜日のお昼に営業しているのが嬉しい。



関連ランキング:鳥料理 | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
亀戸升本すずしろ庵 門前仲町店(弁当 / 門前仲町)
あまり料理を作りたくない時に市販のお弁当は実に助かるアイテムだ。かと言って、せっかくの休日にコンビニ弁当ではつまらない。余程の事がない限り、避けたい選択肢である。

その点、升本のお弁当はバランスが良く、満足度が高いお弁当のひとつ。

こちらのお店は深川不動尊にほど近い場所に店を構えている。

130914_9.jpg

この日は2種類。どちらも2段重ねのお弁当。

最初のお弁当の1の段はアサリご飯と梅ご飯。なかなかのボリュームだ。

130914_10.jpg

おかずがもう1段に。煮物と魚が中心のラインナップ。どれも冷めても美味しい良いチョイスだ。やはりお弁当は煮物中心に限る。


もうひとつのお弁当はご飯よりおかずのボリュームが多いタイプ。

130914_11.jpg

1の重は栗ご飯と野菜の煮物。
もうひとつのお重には牛肉の煮込みの他、玉子焼きや練り物、野菜などが入る。

130914_12.jpg

どちらにも言えることだが、全体的に関東風のしっかりとした味付けなのでお酒のアテに最適。味のバランスもいい。

それからどのお弁当にも付いてくるオリジナル調味料の「亀辛漬」が秀逸。

130914_13.jpg

それからどのお弁当にも付いてくるオリジナル調味料の「亀辛漬」が秀逸。

ピリ辛のペースト状調味料で、香り高く、料理の味わいが一段と深まる。こちらは別売りで購入することも可能だ。これはちょっとクセになる味わい。




関連ランキング:弁当 | 門前仲町駅越中島駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

駒形どせう(とぜう/浅草)
まだまだ8月ネタが続きます。

うなぎは夏場が旬ではないこともあり、また、高騰の影響もあって、この時期、良店に出掛ける機会はめっきり少なくなった。その代わり、年一回のどぜうは毎年の恒例行事となっている。お盆休み期間も営業しているところがいい。

高橋の伊せ喜が閉店してしまったため、選択肢が狭くなったのは至極残念。そんな訳で今年は駒形どぜうに。

130812_1.jpg

趣きがある佇まい。

130812_3.jpg

たっぷりのネギが運ばれると、よし!と気合が入る。

130812_2.jpg

どぜうはまるオンリー。

130812_4.jpg

お店によってはないところもあるが、こちらではオプションのごぼうは外せない。

130812_5.jpg

唐揚げ

130812_6.jpg

油切れよく、カラっと仕上っていてGood!


締めのご飯は玉子を貰い、残ったダシをちょい足しして頂く。

130812_7.jpg

何故かどぜう屋さんの玉子は良質なところが多い。


駒形どぜう(どぜう/浅草)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
とりひろ(沖縄料理/京橋)
東京スクエアガーデンに出来た沖縄料理店。
情報が少ないだけになかなか訪れる機会がなかったのだが、ある日、お昼に訪問して良かったので裏を返すことに。

130713_1.jpg

店頭にはPOP替わりに大型ディスプレイを配し、映像を流している。サイネージは最先端と言えるのだろうが、飲食店ではあまりプラス材料になるとは思えない。この時点で期待度はそこそこ。

カウンターに通されると目の前には野菜が所狭しと並んでいる。見ると物は良さそうだ。

130713_4.jpg

まずはオリオンビールで!

130713_2.jpg

お通しの豚肉のごぼう巻き

130713_3.jpg

的確な味加減でサイネージの不安は払拭された。
こちらのお店の名物はあぐー豚と久米鶏。どちらも現地から鮮度を保ち空輸されるのだとか。この日は鶏肉をメインで注文。

最初はお刺身の盛り合わせ

130713_5.jpg

久米鶏はとにかく大きい。餌と気候のせいか、普通の鶏肉の倍近くはある印象だ。お刺身でいただくとその良さがわかる。身はしっとりとして弾力性がある。特に腿肉の美味しさが際立っている。


続いて、泡盛にスイッチ

130713_6.jpg

料理は串物へと。

130713_7.jpg

130713_8.jpg

130713_9.jpg

どれも鶏肉のクオリティの高さを感じる。えんがわ、せせり、ヒップ、ソリレスなど希少部位も愉しめる。この時期だからということもあるのだろうが、火入れが慎重になりすぎている感があり、全体的に火が通り過ぎの印象を受けた。その分、のりしろは十分あると思うので今後に期待したい。


沖縄料理らしいところでゴーヤチャンプルを

130713_11.jpg

薄く切られたゴーヤの食感がよく、バランスのいい上品な味わいに仕上がっている。基本的な料理の水準は高いのだろう。この時使用していた島豆腐についてお店の方と話していると、是非、そのまま食べてみて欲しいということで冷奴にして頂いた。

130713_10.jpg

東京ではあまり馴染みはないが、水分が少ないため濃厚な味わいで、豆の美味しさがダイレクトに感じられる。これも現地からわざわざ取り寄せているらしい。


締めくくりはソーキそば。

130713_12.jpg

自家製麺を、ソーキそばとしては珍しい鶏のダシをベースにしたスープで食べさせてくれる。このスープの美味しいこと。雑味がない鶏の持ち味と手間暇が溶け込んでいる。


この日はこれにて終了。
そのきっかけとなったランチもあわせて紹介します。

あぐー豚丼のセット。まずはサラダから。

130713_13.jpg

ビネグレットは手作り感があって美味しい。


サイドメニュー

130713_16.jpg

130713_17.jpg

これにお椀に入ったソーキそばも付いてくる。


あぐー豚丼

130713_15.jpg

炭火で焼かれた効果で芳ばしい香りが鼻をくすぐる。表面はカリっと身はしっとりと柔らかい。噛めば肉の旨みがこみ上げてくる。確かに久米鶏に負けないほどの看板であることが頷ける。




関連ランキング:鳥料理 | 京橋駅銀座一丁目駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
呂尚(鴨料理/東品川)
品川の旧東海道にあるお店。暖簾に書かれていた鴨料理の文字に牽かれて店内へ。

130418_1.jpg

ランチは揚げ物が中心だが、鴨料理の「鴨と葱の炒め物」に。

130418_2.jpg

鴨を中華鍋で炒め、ある程度火が通ったところにネギを投入。調味料はお酒と醤油のみと至ってシンプルだ。値段の割に肉のボリュームがたっぷりで嬉しい。ランチだからか肉の質は仕方ないところか。



関連ランキング:鳥料理 | 新馬場駅北品川駅天王洲アイル駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。