Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カオマンガイ専門店 プイ(タイ料理/木場)
カオマンガイとはシンガポールでは海南鶏飯として知られる料理。
こちらはそのカオマンガイの専門店。

130608_1.jpg

前から気にはなっていたお店だったが、自転車で通過することが多く、ついついカオマンガイの文字はスルーしていた。

店内は木を貴重としたカジュアルな雰囲気で、この日は開店間もない時間だったため、貸切状態だった。

130608_2.jpg

勿論、カオマンガイを注文。

130608_3.jpg

パクチーはデフォルトではこの分量のみ。有料だが、お好みで追加をすることが可能だ。日本人にはあまり馴染みのないパクチーは、嫌いな人も多いようなので、無駄を最小限に留める意味では賢明な方法なのかも知れない。

タレはタイ料理だけあって、シンガポールのダークソイソースを中心の料理に比べると、幾分テイストは異なる。炊き込みごはんのは主張が少なく薄味に仕上がっている。その分、若干鶏油が気にならないではない。

それにしても、近所にこんな専門店があっただなんて。。




関連ランキング:タイ料理 | 木場駅門前仲町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

スパイス・マジック カルカッタ(インド料理/西葛西)
この夏、初めて西葛西まで自転車で出掛けた。あまりメリハリのない景色の中をひたすら漕いで、最後の方にかなりスリリングな大橋を渡ると、思ったより賑やかな街につく。

120819_0.jpg

西葛西の辺りは、在京インド人のうちの40%にもあたる人々が暮らしているのだとか。

当然、インド料理店が多い。
中でも、こちらのお店はインド人客にも好評との噂を聞きつけ訪問することに。

120819_1.jpg

少し早い時間帯だったので、先客は一組のみ。
この方達は日本人のカップルだった。


店内の様子

120819_3.jpg

ランチメニューは2種類。サイドメニューが豊富な1,250円のランチを。

120819_2.jpg


サラダ

120819_4.jpg


続いて、カレーの登場

120819_5.jpg

チキンティッカとシークカバブ、チキンカリー、主食はナンと豆のウェハースババド。


もう一種はこちら

120819_8.jpg

120819_7.jpg

サモサとパゴダ、海老となすのカリー、主食はライスとババドの組み合わせ。

サイドメニューはいずれも丁寧な仕事振りが見て取れる秀逸な品々。
カレーはどちらもスパイスの使い方が巧みで、香りが高い。普通のインド料理店よりワンランク上の料理が愉しめる。

ラッシーも付く

120819_6.jpg

因みにほどなく満席状態になり、ほぼ全組がインド人のお客だった。



関連ランキング:インド料理 | 西葛西駅葛西駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

海南鶏飯(シンガポール料理/赤坂)
赤坂サカスのBizタワー地下飲食店街の一角にあるお店。

この日はタイミングが悪くてお昼を食べ損ね、空腹を抱えたまま赤坂駅に向かっていたのだが、その途中で目に入った。これから他の場所に移動してしまったら、時間的にも営業している飲食店は少なくなる一方だ。このままではプチ断食の憂き目に遭うこと必至。見ると、まだ営業をしているようなので、入ってみることに。

お目当てはチキンライス(蒸し)

120611_1.jpg

このセットで1,000円を切る価格設定。とは言え、水道橋店に比べると鶏の量が少ない気がしたのは空腹ゆえの気のせいか。

特筆すべきはご飯。

120611_2.jpg

鶏の香りと共に、ニンニク、ショウガの香りが立ち込める。これが全体に満遍なく行き渡っているのだ。このご飯は本当にオカズいらずで何杯でもおかわりしたくなる。ランチの遅い時間帯でも食べられるので、覚えておこう。



関連ランキング:東南アジア料理 | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
モーゼスさんのケバブ(ケバブ/上野)
アメ横のメインストリートを歩いていると、スパイシーな香りに包まれる一帯がある。それが、モーゼスさんのケバブ近隣だ。
いつもはそのまま素通りしてしまうのだが、店員さんの呼び込み文句があまりに可笑しくて、ついつい足を止めてしまった。

「モーリモリだよ!」「モーリモリだよ!」 かなりの声量で連呼している。

100919_12.jpg

更に「アニキー、お嬢さま~!」「美味しいよ~、モーリモリだよ!」と続く。
どうやら、ボリューム満点だということを言いたいらしい。
その言葉につられてついついテイクアウトを購入。

100919_13.jpg

肉が臭いと嫌だなぁと思っていたのだが、予想以上に旨い。
ナンに、たっぷりの肉とキャベツ、トマト、チーズを挟み、ピリ辛のチリソース(サウザンドレッシングがスパイシーになったような物)をかけてくれる。ジャンクフード的な味わいではあるが、これがなかなか馬鹿にできない美味しさなのだ。

その場でかぶりつくのが一番だろうが、持ち帰った場合は、オーブントースターなどで温めなおしても十分イケる。少し低温でじっくり目に加熱するのがコツ。



関連ランキング:中南米料理 | 上野御徒町駅御徒町駅京成上野駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

タコデリオ(タコス/.幕張)
ようやく2009年度の書き込みも終わりました。
改めまして、新年明けましておめでとうございます。
今年もボチボチ更新していきます。

今年は元旦早々、幕張のアウトレットモールに出かけた。
恥ずかしながら、こういう大型アウトレットモールは初体験。オープンしたてのお台場よりも空いているのではと思ったのだが、福袋目当ての方で大層な人手。当方は特にこれといった目的はないのでブラブラとヒヤカシながら一通り見て回る。想像していたよりも安くはない。

一巡りしたところでお腹も空いてきた。
案の定、飲食店に関してはあまりチョイスのしようがない。
迷った挙句、タリーズに併設されたタコスとタコライスのお店で軽めの食事をとることに。

100101_.jpg

これまで元旦のお昼に外食することがあまりなかったので、かえって新鮮。

チキンタコス
100101_2.jpg

これが1番人気のメニューとか。トルティーヤの生地は柔らかく、具は鶏肉にアボガドが入る。意外といける。

コーンタコス
100101_3.jpg

こちらはカリッとしたタコスシェルタイプ。野菜たっぷりでヘルシーな感じ。大晦日、飲みすぎて酷使した胃に優しく染みる。

チリ
100101_4.jpg

チリそのものはウェンディーズに軍配が上がる。それでも、柔らかいトルティーヤの生地に包んで頂くと、また違った印象で旨い。

どれもジャンキーな味わいなのだが、栄養バランスは良いし、軽めのブランチには最適。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ゲウチャイ(タイ料理/東陽町)
梅雨も明けていよいよ夏本番。
東京は不快指数200%と言っても言い過ぎではない感じ。
早めに夏向きの身体にしなくては!

となれば、まずはエスニック系だよねーということでゲウチャイへ。
イースト21のISETANクイーンズ内に店を構えている。
席間をゆったりとった店内は、開放感があり明るい。

090720_1.jpg

ランチタイムは気の利いたセットメニューが豊富でリーズナブルだ。
スペシャルランチとラーメンセットを注文。

ラーメンのスープはメニューの汁物の中から好きな物を選択できる。(品によってはプラス料金がかかる)

トムヤンクンラーメン
090720_2.jpg

酸味のバランスがいい。
本店よりパクチーの量がかなり控えめなのは、日本人向けにということなのかもしれないが、もうひとつ物足りない感じがする。

チャーハン
パラリとした仕上がりで塩梅も上々。香米ならではの深い味わい。

スペシャルランチ
090720_3.jpg

タイ式チキンライスは、シンガポールの料理と見た目は同じだが、使用しているスパイスや香草が異なっていてしっかりタイテイストに仕上がっている。複雑味があって、むしろこちらの方が好みかも。
これに小さな汁ビーフンが付いてくる。ナンプラーの香りが利いたスープが秀逸。

春雨サラダ
090720_4.jpg

追加で注文したが、大正解。冷菜と思いこんでいたのだが、温かいサラダで、海老やイカなどの魚介類がふんだんに入っていて結構豪華。ナッツ類の使い方が上手く、食感と香りがより深い味わいを醸す。

全体的に値段も手頃で、全品テイクアウトが可能なのも嬉しい。

タイ国惣菜料理 ゲウチャイ 東陽町店 (タイ料理 / 東陽町)
東京都江東区東陽6-3-1 クイーンズ伊勢丹東陽町店1F
TEL:03-3649-9901
11:00~21:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

ミスサイゴン(ベトナム料理 / 吉祥寺)
夏になるとエスニック料理が食べたくなる。吉祥寺に出掛けたので、ミスサイゴンへ足を延ばした。店内は天井が高く、ゆったりと開放的。

080816_1.jpg

まずはベトナムの333バーバーバーというビールを注文。
080816_2.jpg

すっきりとして飲みやすい。エスニック料理にはご当地ビールがよく似合う。

揚げ春巻き
080816_3.jpg

カリッと香ばしい。生春巻きとはまた違った趣きでコクがある。これにチリソース、ニョクマムのタレをつけて頂く。

海老のすり身揚げ
080816_4.jpg

ベトナム風のさつま揚げ。かなり弾力がある・コリコリとしたきくらげがアクセントなっている。

牛肉のピリ辛スープ
080816_5.jpg

スープの中ではこれが一番辛そうだったので注文してみた。確かに唐辛子が一杯入っていて、まずまずの辛さ。耳の奥がムズムズする。タイ料理のスープと似ているのだが、酸味は柔らかい。

ルアモイソーダ割り
080816_6.jpg

古くからあるベトナム焼酎らしい。季節限定で690円が390円になっていたので、試してみた。ほんのり甘く、ソーダーも肌理が細かくて料理との相性が良い。

季節の野菜炒め
080816_7.jpg

ニョクマムを使って仕上げているから、独特の香りがあり、発酵調味料らしい甘味が感じられる。アジアの人間として普通においしい。

ミスサイゴン(ベトナム料理 / 吉祥寺)
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-5 太田ビルB1
TEL:0422-71-1932
平日:11:30~14:30 17:00~22:30 土日祝:11:30~22:30
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。