Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せきぐち亭(洋食/代々木八幡)
代々木八幡の駅からほど近い路地にさりげなく店を構えている。
美味しいものが頂けそうな佇まい。期待が持てる。

140410_1.jpg

13時少し前に訪れたにも関わらず、大勢のお客でごった返している。
かろうじてカウンター席が空いていた。

ハンバーグを注文。
デミグラソースだと料金がプラスされるが外せない。

最初に供されたのはサラダ。

140410_2.jpg

ヴィネグレットのバランスが良く、料理への期待が膨らむ。


10分ほど待ってハンバーグが登場。

140410_3.jpg

パテはふっくらと柔らかい。デミグラソースは丁寧に作られた感がひしひしと伝わってくる。
優しい味わいながらコクがあり、お肉とのバランスも良い。


ご飯

140410_4.jpg

艶があって美味しい。お茶碗で供してくれるところが面白い。


お味噌汁

140410_5.jpg

いかにもスープが出てきそうなお店だが、あえてお味噌汁というところがいい。
こういう自然体なところがこちらのお店のいいところ。


隣のご老人が食していた、同じデミグラスソースを使用するステーキが気になった。




関連ランキング:洋食 | 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト
レストラン サカキ(洋食/京橋)
ここ最近、もっとも足繁く通っている洋食屋。
場所柄、仕事で近くに寄ったついでに訪れるので、お昼すぎになってしまうことが多い。
そうすると決まってポークジンジャーは売り切れている。

この日は幸運にも開店時間の11:30丁度にお店に到着。
しかし、既に30人は並んでいるではないか。
それでも、店内は広いので何とか入口近くのテーブルに相席で座われた。

まだポークジンジャーも大丈夫とのこと。
まずはひと安心。

暫く待っていよいよ登場。

140327_2.jpg

何とも上品な色艶。
均等に火が入るために随分と包丁が入れられている。
肉はびっくりするほど柔らかく、しっとりとしている。素材の旨味を十分に引き立たせてくれる火入れだ。
ソースはフルーツなどが入っているのだろう。少し甘めだが、嫌味ではなく深みがある。

付け合せが個性的。

140327_1.jpg

もやし炒めにマッシュポテトというミスマッチ。
それにしても、何故この料理だけもやし炒めなのだろうか。
マッシュポテトは滑らかでバターの香りが豊かでとても美味しい。

果たして次はいつ食べられるのだろうか?



関連ランキング:フレンチ | 宝町駅京橋駅銀座一丁目駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
とんかつ武信(とんかつ/代々木上原)
駅近くの商店街にある立派な佇まいのお店。

140129_1.jpg

その外観に惹かれてメニューを覗いてみると豚肉、油、お米と素材にこだわっているようだ。お昼時には少し早かったが、折角なので入ってみることに。

140129_2.jpg

とんかつ屋さんらしからぬ小ぎれいで清潔感がある。1Fはテーブル席と小さめのカウンターがあるのみ。どうやら2Fにも席があるらしい。

ロースかつ膳を注文。
肉の目方によって4種類から選ぶことができる。この日は下から2番めの竹を。

140129_4.jpg


塩が置かれていたので、塩をベースに頂いた。

140129_8.jpg

衣はざっくりとした食感で見た目に反して少し厚ぼったい印象を受けた。その分、肉とのバランスが悪い感じがする。ただ油切れは良く、肉そのものは美味しい。選んだ肉の大きさによってその辺りは変わるのだろうか。


ごはん

140129_7.jpg


お味噌汁

140129_6.jpg


お漬物

140129_5.jpg

いずれも可もなく不可もない無難な仕上がり。


次回はカツ丼を試してみたい。


関連ランキング:とんかつ | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

もと村(牛かつ/新橋)
新橋でお昼ご飯を食べようと歩いていたら「牛かつ」の文字に吸い込まれ店内へ。

140124_1.jpg

その名の通り、牛かつの専門店。一番安い定食は小サイズということで牛かつ・麦めし・とろろセットを注文。
揚げ時間はわずか60秒を謳っていたので直ぐに供されるかと思いきや、注文してから10分ほど待っての登場。

140124_2.jpg

衣は薄くピタッと寄り添っていて見た目はよくまとまっている。衣はカリリとした食感で、高温の油で揚げているのか少し焦げ臭い感じがしないでもない。

140124_5.jpg

肉は殆ど生に近い印象でビーフかつというよりは牛刺しに近い味わい。
塩ダレやわさびなど食べさせ方に独自の趣向が凝らされている。

140124_3.jpg

ご飯は1杯までおかわり自由。

140124_4.jpg

とろろがあるのでおかわりは必至。
ビーフカツなので仕方ないところかも知れないが、コストパフォーマンスはちょっと微妙な感じ。




関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 新橋駅内幸町駅汐留駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ハーモニー(ビュッフェ/汐留)
友人夫婦とホテルのビュッフェランチに。
高層階にあるので席によっては窓からの眺めが良く、シンプルな造りながらお洒落な雰囲気。

メニューは期間ごとに特定地域の料理をとり入れることでメリハリを付けている様子。この日はあまり馴染みがないハンガリー料理をメインに据えていた。

まずは前菜類から。

140113_1.jpg

どれもまずまず無難な味わい。いかにもホテルのビュッフェらしい料理とも言える。

140113_2.jpg

140113_4.jpg

こちらがハンガリー料理

140113_3.jpg

こちらのビュッフェの売り物のひとつ。プレーンオムレツのトリュフソース。

140113_6.jpg

玉子は上々の出来映えで、トリュフソースも濃厚で美味。さすがはゴールデンコンビと言える。

140113_7.jpg

料理の種類はそれほど多くはなく、頑張れば少しずつひと通りいけそうだ。

140113_8.jpg

かなりにお腹を空かせて出掛けたにも関わらず、思ったほど食べられなかった。どの料理が影響したのか、突然パタッと動きが止まってしまった。


140113_9.jpg

この日は女子会も多く催されていた様子で、人との集まりには無難な選択と言えるかも知れない。




関連ランキング:フレンチ | 汐留駅新橋駅築地市場駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
キッチンまつむら(洋食/門前仲町)
門前仲町と木場の間くらいに位置し、永代通りと並行して走る道から少し入った路地に店を構える。

131110_1.jpg

あまりオーラを感じさせない外観なのだが、よく出かける喫茶店から眺めていると、時には列が出来るほど賑わっているので前々から気になっていた。

この日は開店と同時に入ったのですんなりとテーブルに。お店は決して広くはなく、10人も入ればいっぱいになってしまうほど。それだけにこの日もものの10分ほどの間に席は全て埋め尽くされた。

全てをご主人ひとりだけで切り盛りしているので、どうしても時間は掛かる。


この日は日替わりのランチから注文。

131110_2.jpg


ハンバーグとカキフライ

131110_3.jpg

ハンバーグはリキュールを効かせたソースが特徴で、少し甘めの仕上がりなので好みが分かれそうだ。決して、嫌味な味ではないが、食べ進めるにつれ飽きてくるのも確か。カキフライはまずまずの出来映え。


エビフライとササミチーズカツ

131110_4.jpg

海老は大振りで、ササミチーズカツもどっしりと重量感がある。
こちらにも同様のソースが添えられるので基本的な味のベクトルは同じ。


全般的に値段の割にボリュームがある。それだけにお客は若い男性客を中心に支持されているようだ。



関連ランキング:ハンバーグ | 門前仲町駅越中島駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

とんかつ椿(とんかつ/成城学園前)
かつてはお気に入りの一軒だったが、随分と久しぶりになる。かれこれ15年以上は間が空いているのではないだろうか。

駅からの道もおぼろげ。電柱の案内を頼りに曲がる。

131106_1.jpg

周りは高級住宅街。その中にぽつんと佇む一軒の飲食店。

131106_2.jpg

暖簾が少し変わった様な気がする。

131106_3.jpg

お昼時だったが、ランチメニューには目もくれず、夜のメニューからロースカツを注文した。
記憶が正しければオランダ産のラードを使って揚げているはずだ。

注文後、ソースとアンデス産の塩が運ばれてくる。

131106_5.jpg

かつてはソースだけだったが、塩は肉の旨みをダイレクトに感じる事が出来るだけにニーズが高まったのだろう。

しばし待つこと約15分。いよいよとんかつの登場。

131106_6.jpg

肉は薄ピンク色の仕上がりでざっくりとした食感の衣は以前と変わらない。

久しぶりの椿のとんかつは十分に美味しいのだが、自分の中で美化しすぎたせいか、以前ほどの感動は得られなかった。心持ち、衣に油が残るのと肉の甘味が乏しいように感じーた。

131106_7.jpg

131106_9.jpg

131106_8.jpg

ソースは昔通り、甘めの味わい。アンデス産の塩がいい。




関連ランキング:とんかつ | 成城学園前駅喜多見駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。