Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かも鍋(福原屋)
近くのスーパーでたまたま目に止まった調味料。鴨鍋の素。
控えめでなかなか渋い面構え。良い予感がする。

140201_1.jpg

折角なので宮川で購入した鴨肉で試してみることに。

140201_2.jpg

雑味が少なく、いい出来映えの調味料と思うのだが、少し甘さが気になった。
また、鴨の食べ方として煮込むより、ネギと一緒に焼いて、割り下と共に頂くスタイルがシンプルかつ鴨の持ち味が生きるのではないかと思っているので、残念ながらそれほどの求心力が得られなかった。

ただし、調味料としては工夫次第で使い方はありそうだ。


かも鍋(福原屋)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

自家製味噌の完成!
こちらも8月ネタではあるが、番外編ということで。
以前紹介した自家製味噌がいよいよ完成!

130804_1.jpg

仕込んだのが2月だから、かれこれ半年近く時間が経過した。
風通しのいい場所ということで、玄関に設置。そう簡単に腐らないと聞いてはいたが今年の暑さゆえ、カビやしないかとかなり心配した。

仕込んだ頃から比べるとぐっと色づいて、味噌らしい男前な姿になった。

130804_2.jpg

早速試してみると、混ざりっけがないストイックな味で、なかなかに美味しい。

この日は味噌汁、そば味噌を作ってみた。

130804_3.jpg

まだ幾分、早いかも知れないという印象を受けたので、購入した小岩の藤家さんで聞くと、半分は冷凍にして、残りをさらに別の入れ物に移して保存すると、更に熟成が進むので2本立てで愉しめると教わり、実践してみることに。

数カ月後がまた楽しみだ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

自家製味噌に挑戦!(味噌蔵 藤家/小岩)
小岩で見つけた「藤屋」さんというお味噌屋さん。
味噌だけに留まらず、各種調味料にこだわりを感じる品揃え。

130211_6.jpg

その中で、目をひいたのが、手づくり味噌材料セット。

130211_7.jpg

漬け樽と錘を用意すれば無添加の自家製味噌が出来るらしい。
興味をそそられたし、 そろそろ手持ちの味噌が切れる時期だったので、思い切って購入することに。

…買ったはいいが恐ろしく重い!
二人がかりでエッチラオッチラと持ち帰った。

130211_8.jpg


大豆1kg

130211_9.jpg


塩1kg (沖縄のシママースというこだわりよう)

130211_10.jpg


こうじ

130211_12.jpg


種味噌

130211_11.jpg

一晩浸水させ、柔らかく茹でた大豆をマッシュポテトの如く潰して、各種材料を混ぜ合わせる。暈の増えた大豆を潰す作業が、なにより骨の折れる工程だ。余分な空気が入らないように味噌玉を作り、ギッシリと樽につめ、錘を乗せて完成!

130211_13.jpg

後は冷暗所にて保存。

食べ頃は7月下旬らしい。
さあ、どうなることか。気長に待つとしよう。


味噌蔵 藤家(小岩)
東京都江戸川区南小岩7-23-17
9:30-20:00
第3水休

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

OLiVO(オリーブオイル/有楽町)
有楽町ルミネのB1に入ったお店。

120227_1.jpg

このお店の主役はオリーブオイル。

120227_2.jpg

オリーブオイルのミシュランとも称される格付誌「フロス・オレイ(FLOS OLEI)」において世界一に輝いたエクストラバージンオリーブオイルを中心とした品揃え。

120227_3.jpg


実際に味見をして選ぶことができるところがいい。少量からその場で瓶詰めしてくれる。
最近のお気に入りは「シャトー・ド・トレンヌ」

120227_4.jpg

オリーブオイルとしては珍しいフランス産。軽めのテイストで、柑橘系の香りがするフルーティーな味わいが特徴だ。

パンにつけたり、サラダに合わせるのは勿論、白カビ系のチーズと一緒に頂いても美味しい。

120227_5.jpg

極めつけは、ソースとしての活用法。例えば、白身の魚を塩コショウだけで火入れして、仕上げにこのオリーブオイルを添える。このうえなくシンプルなのだが、このオイルの持つ、フルーティーな香りと奥底に潜んだ複雑味が素材の持ち味を引き立たせてくれる。

120227_6.jpg


オリーブオイルだけでなく、惣菜類のセンスもいい。

120227_9.jpg

タコのマリネ
120227_7.jpg

オリーブのペーストとタコの相性がいい。

塩を初め、調味料の品揃えも豊富。

120227_8.jpg


OLiVO(オリーブオイル/有楽町)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

ホットもやしソース(調味料/一風堂)
近所のスーパー、文化堂で数ヶ月前から販売しているホットもやしソースなる商品が案外といける。

111017_1.jpg

一風堂で食べ放題の和えもやしが簡単に作れるという商品だ。

111017_2.jpg

さっと茹でたもやしにこのソースを和えるだけ。そのままでもツマミになるし、ラーメンのトッピングは勿論、韓国料理風にアレンジすることも出来て、我が家ではかなり重宝している。

111017_3.jpg

炒め物のソースとして等、アイデア次第で活用の幅は広く、おすすめの調味料だ。



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

郡司味噌漬物店 (調味料 / 日本橋高島屋)
引き続き味百選ネタです。
紹介するのは今回が初めてだが、これも我が家の定番のひとつ。

東京(浅草橋)のお店だから、別段この機会に購入しなくてもよいのだが、味百選限定で販売される手作り味噌が気に入っている。また、半年おきにこのくらいの量を購入すると、2人家族には丁度良いローテーションなのだ。

090413_1.jpg

コク、旨味のバランスがよい。味噌汁のみならず、各種料理に重宝しているが、まずは王道のなめこ汁でしょう。

いりこと昆布で出汁を取る。そして具材が温まる程度に火を通す。
たいした手間は掛かっていません。
是非、インスタントのお味噌汁と味を比べて頂きたい。
味の奥行き、柔らかい舌触りを体感して頂きたい。

1㎏ 4200円は決して安くないが、日本人としての矜恃を思いだす一品。ほんとのお味噌だ。

090413_2.jpg

郡司味噌漬物店(味噌/日本橋高島屋)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
デリカおんどる(韓国食材/ 新大久保)
韓国広場に続く新大久保でのお買い物、第二弾。JR新大久保駅からほど近い人気店「おんどる」のテイクアウト専門店。この日、レストランは長蛇の列。デリカ・おんどるはそのちょうど真向かいに店を構える。

090211_9.jpg

まずはエゴマのキムチ
090211_14.jpg

好き嫌いがわかれそうなキムチではあるが、味はいい。おつまみとよりは、ご飯にくるんで食べると美味。

コチュジャン
090211_13.jpg

勿論、オンドルの手作り。市販品は水飴の濃度が濃すぎて少ししつこい感じがするのだが、辛味と甘味のバランスが良く、一味違う。

テンジャン味噌
090211_11.jpg

テンジャンチゲ用の味噌で、大豆の粒も入っているのが特徴。日本の味噌とは明らかに違う。納豆のような発酵臭があるが、慣れるとクセになる。塩分が控えめで、割と軽やかな味わいなので、お店で配られているレシピにひとひねり加え、日本の味噌をブレンドした方がよい。

サムジャン
090211_12.jpg

これは、焼肉をサンチュで巻いて食べる時に使用する味噌。野菜スティックなどに使用してもいい。自家製だけに大手メーカーのものより味わい深い。

スンドゥブのタレ
090211_10.jpg

これはインスタント的に美味しいスンドゥブチゲが作れてなかなか便利。自家製のタレを使って作ったスンドゥブチゲと比べても大きな差を感じなかった。ベースとなるスープに、牛骨からとったダシを使うかどうかで奥行きが随分変わる。

090211_18.jpg

デリカおんどる(韓国食材/新大久保)
東京都新宿区大久保1-16-9 メゾンエリカ101
TEL: 03-3209-3307
11:00~22:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。