Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尾利長(すし/洗足)
洗足駅からほど近い場所にさりげなくお店を構えている。
建物の地下にあり、表からはこちらの看板が掲げられているのみ。

140213_1.jpg

上から覗いてみてもそこが店舗かどうかわからない。
隠れ家的な趣きがある。

140213_2.jpg

店内は木を基調にした寛げる雰囲気。

お昼のメニューはちらしがメインだったのでてっきりお寿司屋さんかと思ったのだが、どうやらそうではないらしい。元々まぐろの仕入れをやっているお店が魚をメインの食事を供するお店を出したのだという。

この日頂いたのは海鮮ちらし。

140213_3.jpg

なかなか意表をつくエキセントリックな盛りつけだ。
さすがにまぐろの仕入れを行っているというだけあって、まぐろは勿論の事、魚の質はおしなべて高い。

そして忘れてはならないのが割り箸の素晴らしさ。
先が細くとても使いやすい。過去最高の割り箸と言っても過言ではない。



関連ランキング:寿司 | 洗足駅北千束駅西小山駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

和田鮨(新橋/すし)
加賀屋を後にしたものの、まだ周りは明るい。
ようやく色々なお店が開店し始めたので散策してみるも、いまひとつピンと来るお店がない。そこで目に入ったのが立ち食いの寿司屋。

130706_9.jpg

最低限頼まなくてはいけない分量があったり、色々と制約があるようだ。まずはいわしと〆鯖を注文。

130706_10.jpg

どちらもまずまずの出来映え。


続いてうにとげそ

130706_11.jpg

値段を考えれば普通に旨い。


穴子とハマグリ

130706_12.jpg

穴子は若干臭みが気になったのが残念。もう少し丁寧な下ごしらえがされているといいのだが。

日本酒は久保田や八海山などの地酒が揃う。
気軽に鮨を摘みたい時にはアリかも?



関連ランキング:寿司 | 新橋駅汐留駅内幸町駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
久兵衛(すし/銀座)
とんとご無沙汰していたが、久しぶりに行ってみると、以前より随分と様変わりしているようだ。近くに別館も出来、こちらの本店も5階までのフロアを擁する。

130413_1.jpg

暖簾をくぐると、大勢の仲居さんが大車輪で立ち振る舞う姿に圧倒される。この日は魯山人ギャラリーのあるフロアーへ。

130413_7.jpg

130413_8.jpg

目の保養をしつつ、席についた。
10,000円の握りコースを。

まず最初の一皿目はわかめとミョウガの和え物。

130413_2.jpg

肴としてもお寿司の合いの手としても邪魔にならない優れもの。


10貫のにぎり

130413_3.jpg

素材の良さもさることながら、酢飯の塩梅がよく、軽やかな握りを愉しませてくれる。小ぶりで上品なサイズは、若干物足りなさを感じるが、これはこれでバランスよくまとまっている。

続いて、穴子と巻き物が供される。

130413_5.jpg

穴子は塩と煮きりの両方で。
巻き物は、かっぱ巻きすら流石の美味しさなのだが、丁寧に仕込まれたかんぴょうが秀逸。適度に空気が含まれているのも好感が持てる。


握りで登場した海老の頭と玉子。

130413_6.jpg

海老の頭は揚げてあり、これはこれで楽しい。
玉子はおぼろが挟んであるが、上品で淡白な味わい。

がりも丁寧に仕込まれていて美味。

130413_4.jpg


お土産で購入した穴子棒寿司

130413_9.jpg

関西の押し寿司とは異なり、空気を含んだ押し寿司になっているところが見事。その効果で軽やかな仕上がりに。


仲居さんのサービスも至れり尽くせり。




関連ランキング:寿司 | 新橋駅銀座駅内幸町駅


稲荷ずし 松むら(稲荷ずし/曳舟)
曳舟から続く商店街にある稲荷ずしのお店。
丁度お店もまばらになったところにあり、自転車ならほんの数分程度だが、歩くと10分は掛かるだろうか。

120909_4.jpg

基本的には、押上の味吟と同じスタイルのお店で、テイクアウトが中心のようだ。

120909_5.jpg

メニューを見ると、海苔巻きとのセットものが中心。勿論、単品で買うことも可能。今回は稲荷ずし3個と干瓢巻きのセットを購入。

120909_6.jpg

120909_7.jpg


稲荷ずしはジューシーな仕上がりだが、少し甘めの味付け。

120909_8.jpg

お揚げに掛かったごまと芥子の実が良いアクセントになっている。

干瓢巻きも、稲荷ずし同様に甘めの仕上がり。

120909_9.jpg

我が家では、このタイプの寿司は酒のつまみとして食べる事が多いので、もう少し甘さ控えめの方が好みではあるが、これはこれで良い。



関連ランキング:寿司 | 曳舟駅東向島駅京成曳舟駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
栄寿司(すし/立石)
定期的に立石まで趣き、鳥房の半身揚げや愛知屋のコロッケを購入する。共働きの家庭には強力なアイテムとなる。いつも決まって、日曜日のお昼時というのがもっぱらのパターンだ。

その前に立ち寄るのが栄寿司。
そう言えば、最近はここ以外のお寿司は口にしていないくらい。

まずはこいつで喉を潤す。

120603_1.jpg


鯛の昆布〆め

120603_2.jpg

平目や鯛は昆布〆めにするなど、ちらほらと江戸前の仕事が施されたネタがあるところが憎い。


小肌

120603_3.jpg

しっかりと酢が効いていて、こちらも値段を考えれば上々の出来。


えび

120603_4.jpg

突出したネタではないが、普段頂くえびと比べるとプリプリとした弾力性に富んでいる。


あじ

120603_5.jpg

栄寿司ではあじやいわしと言った光物は安定感がある。


中トロ

120603_6.jpg

普通に美味しい。というよりも、普通より旨い!


うに
120603_7.jpg

そろそろ旬の時期が近づいて来たので注文。量はいつもより少なめだが、甘みが増してきた。


つぶきも

120603_8.jpg

こういう変わり種があるのがこのお店のいいところ。程良い苦味でエスカルゴの如し。急に日本酒が恋しくなる。


仕上げの穴子

120603_9.jpg

炙ったものを供してくれる。

この日はスタートが早かったものの、12時になっても列はできなかった。これもスカイツリーの影響か。地元の商店街だけに留まらず、凄い波及効果だ。

120603_10.jpg


栄寿司寿司 / 京成立石駅青砥駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

松寿し(すし/西荻窪)
西荻窪に出掛けると、決まってこちらのお寿司をお土産にしている。

120410_1.jpg


お値段も良心的

120410_2.jpg

我が家の定番はえびと穴子の2種類。

120410_3.jpg

今回はこれに梅じその巻物を追加した。

120410_4.jpg

こちらは押し寿司の専門店。
酢飯にはしっかりと酢が効いているので、日本酒の合いの手として実にいい。

日本酒は「三ツ矢酒店」で。

120410_5.jpg

この日は車多酒造の五凛を。

120410_6.jpg

越後の酒らしく、力強さと米の旨味を併せ持つ銘酒。癖も少なく飲みやすい。



関連ランキング:寿司 | 西荻窪駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:すぐれもの - ジャンル:グルメ

鮨かねさか(すし/銀座)
鮨かねさかのランチへ出掛けた。

120415_1.jpg

銀座の寿司屋としては、珍しく日曜日も営業を行なっている貴重な店。
決して安くはないが、高級店のお寿司がランチなら5,000円から頂ける。


お通し

120415_2.jpg

わかめと大根のシンプルな組み合わせながらも、酒のアテとして申し分ない。


真子鰈

120415_4.jpg

寿司ダネはかなり小さめ。真子鰈のほんのりとした甘みが乗っていて美味。


鯛の昆布締め

120415_5.jpg

江戸前の仕事が光る一品。


しまあじ

120415_6.jpg

脂の乗りが絶妙で、酢飯の塩梅が実にいい。お米の粒の立ち方もさることながら、いぶし銀の光を放つその姿も美しい。


赤身

120415_8.jpg

美味しい赤身は本当に満足度が高い。このお店の酢飯レベルならヅケの旨さは如何ばかりか!今度は是非事前にお願いしてみようか。


黒龍大吟醸

120415_7.jpg

ここから日本酒。我が家の不動の4番!黒龍大吟醸。黒龍で潰れるならやむなし、というか、黒龍じゃ美味すぎて、飲み進むほどに感覚が鋭敏になっていく。優しい舌触りと軽快な呑口がこちらの上品なお寿司に実に良く合う!


すみいか

120415_9.jpg

歯ごたえよろしく、噛めば甘みがじんわりと染みる。こちらは塩で。


車海老

120415_10.jpg

おぼろと共に握る。このお店の小さな酢飯にしては、身は大振りだ。どうするのかと見守っていたら、半分にカット。なるほど。尻尾の部分は淡白な味わいで、頭の部分は味噌と共に濃厚な味わいに。


あじ

120415_11.jpg

切ってからその場で皮目に酢を塗ってしばらく置いてから握る。ちょっとした技でより酢飯との相性も増す。


初鰹

120415_12.jpg

和歌山県の鰹とのこと。美味しい鰹は生でも旨い。


煮はまぐり

120415_13.jpg

もう手遅れかと思ったが、運良く頂くことができた。穏やかで上品な味付け。


穴子

120415_14.jpg

穴子としては珍しく塩とゆずと共に。上品な味わいでこれはこれで悪くない。


かんぴょう巻

120415_15.jpg

かんぴょうそのものが艶やかで美味。これでもう2,3合いけてしまう。


玉子

120415_16.jpg

ふんわり、しっとりでプリンの様な玉子。卵本来の甘みが味付けの全てといった感じのシンプルさ。もう少しカステラ系の甘み寄りの味付けでもいいような気はするが、生地の美味しさには何の文句も無い。スフレかムースのような仕上がりでここ最近では一番美味しかった。


全体を通して、とても出来がいい。ランチだけに若手の練習の場なのだろう。多少、動きにぎこちなさも見え隠れするが、それはそれで、微笑ましい。今度はもう少し量が食べたいところだ。



関連ランキング:寿司 | 新橋駅東銀座駅銀座駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。