Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポジャギ(韓国料理/豊洲)
薬膳冷麺と肉めしセットを。合いの手は勿論、フローズン金麦。

130210_9.jpg

冷麺は麺が細めで、好みのタイプなれど、そのままだと淡白で、まるで素麺のよう。決して悪い味ではないのだが、ややパンチに欠ける気はする。

130210_7.jpg

スープは鶏ベースに、深川あさりの佃煮を使用しているらしい。
鶏肉を使ったチャーシューはしっとりとした仕上がり。


水キムチ

130210_10.jpg

これに水キムチやお酢を少し足すと全体的に落ち着きを取り戻す。

130210_11.jpg

肉めし

130210_8.jpg

こちらは一転して濃厚な味わいで、牛肉の旨味が全体に行き渡っている。カロリーが高そうなだけにこれくらいの量がちょうどいい。冷麺とセットで頂くと全体的にメリハリがあってバランスはいい。


ポジャギ韓国料理 / 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

我が家の元旦朝ごはん
新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

毎年、特に代わり映えしないのだが、元旦の朝ごはんを紹介します。

110101_1.jpg

黒豆、栗きんとんは築地の佃茂のもの。これを食べたら、もう他のものには変えられないほど気に入っている。きっと一生そうだと思う。


今年のお屠蘇はこれ!

110101_3.jpg

黒龍の純米吟醸「純吟三十八号」。口当たりの柔らかさ、癖の無い感じは黒龍らしさを感じさせる。しかし、かなりドライな印象が強く、もう少し旨味があってもいい気がした。ちょっと料理は選ぶかも知れない。


お雑煮
110101_2.jpg

築地の宮川で購入したもも肉とたたきを使用。これも、毎年変わることはない。年末はかなり混雑するので、昨年から前もって購入し、冷凍しておいた物だが、それでも十分旨い!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:お正月料理 - ジャンル:グルメ

節分祭(深川不動尊/富岡八幡宮)
今年は上手い具合に休みが取れたので八幡様と御不動様の節分祭を見物することが出来た。

まずは八幡様の境内へ。
なにやら凄まじい行列が出来ている。

100203_1.jpg

聞けば豆まき後に抽選となる富くじの列だという。
せっかくだから列に加わる。

くじの配布を待つ間、珍しいご開帳に出くわした!
八幡様の巨大御輿!

100203_2.jpg

バブル絶頂の頃、佐川急便の社長が寄贈したという絢爛豪華な御神輿は総重量4.5t!

くじを頂いてからお参りを済ませ、御不動様に。
境内に着くと、ちょうど豆まきが始まる時刻で、立錐の余地もない混雑。
もみくちゃになりながらも、豆Get!

100203_4.jpg

一息ついて、八幡様に再参内。
本殿左側の位置で豆まきを待つ。

目の前はみのもんた氏!
「みのさーん!あとで一杯おごるから~!」と叫んだら
笑顔でたっぷり蒔いてくれた。

100203_3.jpg

みのもんたの豆!
100203_5.jpg

半日、豆まきに振り回されたが予想以上に面白かった。
身体的には消耗すること甚だしいが、燃える!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
ミシュランガイド東京2009
21日(金)のミシュランガイド東京2009 発売を前に、新たな格付けが発表された。

081118.jpg

3つ星9軒、2つ星36軒、1つ星128軒というレストランが星を獲得した。全部で173軒。今年も東京が世界で最も星を獲得した都市になるのだそうだ。今回は日本人調査員の数も大幅に増強したという。それでもセントラル東京から5区増えて、13区が対象になっただけで、まだ東京ガイドを名乗るには十分なものではない。

新たな動きとしては、当ブログでも鯛茶漬を紹介した、石かわが3つ星へ昇格。もうひとつの3つ星候補と噂されていた龍吟は残念ながら2つ星のまま。その他、新規に星の変動があったところだけをピックアップしてみる。

<3つ星>
石かわ

<2つ星>
アルジェント ASO
海味
エディション・コウジ シモムラ
かどわき
クレッセント
こだま
近藤
鮨 さいとう
と村
七丁目 京星
初音鮨
堀兼
幸村
ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション

<1つ星>
鮎正
うかい亭 表参道
オーベルジュ・ド・リル
神谷 乃木坂
き久ち
ゴードン・ラムゼイ
鮨 青木 銀座
鮨 青木 西麻布
鮨 一新 浅草
鮨 いわ
寿司幸本店
鮨 福元
鮨 武蔵
センス
タパス モラキュラーバー
玉青
辻留
哲庵
天青
とゝや魚新
なすび亭
ビーチェ
ファロ
ふぐ 福治
ヘイフンテラス
ほそ川
三ツ田
モナリザ 恵比寿
山路
山の茶屋
よこやま
よしはし
四つ葉
楽亭
ル・ブルギニオン

昨年3つ星を辞退したと噂の京味は今年も掲載されなかった。ロブションは合わせて7つ星と、変わらぬ強さ。新しいところでは、両国のほそ川(そば)が掲載されたのは嬉しい限り。順当だと思う。また、渋いところでは四つ葉。恐らく、ミシュランの星付きレストランの中で、世界一厨房の小さいレストランではないだろうか。

ラインナップを見ると浅草のお店も入っているので、台東区は対象エリアと思われるが、弁天山美家古の姿はない。また、てんぷらではみかわ、なかがわといったみかわの系列が今年も涙を飲む形となった。

一方、降格となったお店も。2つ星から1つ星への降格はつきじ植むらのみ。1つ星から姿を消したお店が何軒か見られる。

久兵衛
なだ万ニューオータニ店
花山椒
六雁
さざんか
招福楼
アルバス
オオハラ・エ・シーアイイー
キャーヴ ひらまつ
シェ・イノ
クチーナ・ヒラタ
ラ・トゥーエル
リストランテ濱崎

詳細はこちらからご覧頂けます。

-PR-
ミシュランガイド東京2009はこちらからご購入できます。


ミシュランガイド2009関連グッズ


ミシュランガイド東京2009
 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

ルイ・ヴィトン シティガイド 東京 2009
先日、「ルイ・ヴィトンシティガイド 東京 2009」 が初出版された。

081113_1.jpg

これまで70都市以上のガイドを既刊しているが、すべてヨーロッパが中心。例外はニューヨーク編のみだった。発刊10周年の今年、東京、ムンバイ、マイアミ編が登場した。値段は税込4,200円、紙質や印字の悪さを思うと、ちと高い。

特に印字が悪いページ
081113_2.jpg

しかし日本文化に通じた海外有識人のコラムやレポートが読み物としてなかなか面白い。

また、紹介している名所・ホテル・ショップ・レストラン等にまつわるエピソードが豊富に掲載されていて、旅行者のみならず、生粋の日本人でも感心するほど掘り下げられている。ややペダンティックな表現が鼻につく気もするが、徹底した取材力はたいした物だ。

少しレストラン情報に触れておこう。
前述した通り、かなりディープな取材をしている印象だ。

軒数こそ多くはないが、ロオジエ、京味のような高級店だけでなく、庶民派のお店も数多く紹介されている。例えば、蒙古タンメン中本新宿店。これには度肝を抜かれた。ラーメン店は2軒のみの掲載だが、よりによってラーメン二郎と双璧をなす、超個性派ラーメンとはびっくり。

他にも、八竹(茶巾鮨)、新宿中村屋(カレー)、ぴょんぴょん舎(冷麺)、煉瓦亭(洋食)、尾花(うなぎ)、ニーハオ(餃子)など、どれも納得のいく名店だ。

面白いのはロブションのお店の扱い。掲載されているのはラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションのみ。ミシュラン三つ星の恵比寿店はその文中で軽く紹介するに留まる。また、てんぷらでは、ミシュランで星を獲得したお店をさしおいて「みかわ」を掲載。まもなく発売されるライバルガイドへの対抗意識も垣間見られる。

東京を心底愉しむというコンセプトのもと、編集されているのは好ましい。この本を片手に、あらためて東京を旅行気分で歩くのも悪くなさそうだ。

皮相的な切り口の出版物が氾濫している昨今、ガイドブックのあり方を考えさせる1冊かもしれない。


ルイ・ヴィトン シティガイド 東京 2009
 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
SUNAMO すなも (ショッピングセンター / 南砂)
南砂にオープンしたSUNAMO(すなも)へ出掛けた。ちょっと冴えない微妙なネーミング。この日は駐輪場に入るのもやっと。その混雑たるや尋常ではない。これからしばらくは大変な日々が続くだろう。

081012_5.jpg

レストラン街をチェックしてみた。行列を予想して、この日はあえて食べなかったが、ショッピングセンターにしては悪くない。非常にうまくコーディネイトしている印象を受けた。ららぽーと豊洲も、もう少し見習って欲しい。丸ビルを手がけているだけあって、三井不動産より三菱地所の方がセンスが良い。ことレストランに関しては。

081012_6.jpg

中でも、両者の違いを端的に表しているのがフードコートではないだろうか。ここのフードコートに出店しているお店は、殆どが「1度は食べてみたい」・「食べてみてもいいかも」と思わせてくれる。残念ながら、ららぽーと豊洲のフードサーカスにはそれほどの魅力が無い。

081012_7.jpg

例えば、札幌 三代目月見軒。札幌の人気店で、既に別の店名で門前仲町に店舗を構えているが、そちらは東京向けにアレンジされている。やはり本店の味も食べてみたい。

081012_8.jpg

また、最近はやりの富士宮焼きそばのお店。こちらは単なる冠ではなく、全国B級ご当地グルメを競う「B1グランプリ」で2年連続のNo.1に輝いたお店。

関東初上陸の佐世保バーガー、本場大阪から出店しているねぎ蛸というたこ焼き屋。餃子やメキシカンフードなど、バリエーションも豊富で実に楽しい。

081012_9.jpg

他にも、以前紹介した、回転寿司「まぐろ人」の新しいスタイルの店舗や、肉卸が経営する焼肉屋、ひつまぶしのお店、有名店では浅草の洋食屋「ヨシカミ」など、枚挙にいとまがないほど。

081012_10.jpg

勿論、当ブログにて、ぼちぼちレポートしたいと思っています。

SUNAMO(ショッピングセンター / 南砂)
東京都江東区新砂3-4-31
TEL:03-5665-3673(代表)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:グルメ情報!! - ジャンル:グルメ

初詣

2008.1.1

11月、12月のネタは少し後回しにして、しばらく新年のネタをお届けします。

元日は富岡八幡宮に初詣。ご祈祷をして頂くためになるべく早く出掛けようと思っていたのだがちょっと寝過ごし出遅れてしまった。それでも9:30から始まるご祈祷に滑り込むことができた。

080101_01.jpg

あわてて家を出たため、朝食は食べていない。9:30にはまだ20分ほど時間がある。軽く腹ごしらえをすることに。参拝客のために早朝から数種の屋台が立ち並んでいる。とはいえ、この時間からやきとりとかイカ焼きを食べる気分にはならない。結局、たこ焼きを1つ買い半分ずつ食べることにした。

080101_02.jpg

ご祈祷するとお札の他に暦やお土産が頂ける。5000円からと安くはないのだが、お祓いをして貰って、お札の他にお土産がつくと何だか少しだけ得した気分になるから不思議だ。因みに今回頂いたお土産はあさりごはんのもとと削り節。あさりごはんというところが深川らしい。

080101_03.jpg

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。